9月 162010
 
この記事の所要時間: 317



上記はAmazonのリンクですが、実はWordPress上の記述ではAmazonの商品ページのURLしか記述してません。
というわけで今回はWordPressでAmazonのアフィリエイトリンクを簡単に表示できるプラグイン、Simple Amazonの紹介です。


こちらの作者様ページにて現時点での最新バージョン5.1.1がダウンロードできます。
icoro : WordPressプラグイン – Simple Amazon Ver. 5.1.1
導入の仕方は上記ページを見てもらえばわかるかと思います。
なおプラグインの検索からは出てこないので、一旦ローカルにダウンロードしてFTPででもプラグインフォルダに入れてください。


ちなみに余談ですが、このプラグインを導入する際に先日購入したMac miniを使ったんですよ。
常時稼動している関係もあって、今ではすっかりメイン端末ですw
で、FTPでアップロードしようと思ったんですがMacのソフトはさっぱりなので少し調べてみました。
結局WindowsではFFFTPを使っていたこともあって、操作系が似ているらしい以下のツールにしました。
WindowsからMacに移行した人にぴったりのFTPソフト「FileZilla」 – sorarium
実際直感的に使えて良かったです。


本題に戻りますが、というかむしろここからが本題。
本プラグインを設定するに当たってアフィリエイトリンクを生成するわけなので、amazonアソシエイトの「Access Key ID」と「Secret Access Key」ってのが必要になってくるんですね。
AWSのアカウント自体は昔作ってたんですが、上記二つの情報を再確認するのにちょっと手間取っちゃってw
備忘録的な意味も込めて書いておきます。


作者様ページでも書いている通り、まずは以下のAWSページを開きます。
Amazon Web Services (日本語)
そしたら上部のアカウントタブをクリック。
さらにタブ配下に表示されるメニューの中のセキュリティ証明書をクリック。
恐らくここでログインが必要になりますが、普通にamazonで使っているIDとパスワードを入力すればOK。
これで「Access Key ID」と「Secret Access Key」が表示されます。


こいつらさえ手に入ってしまえば後は占めたものです。
WP側でSimple Amazonプラグインを有効化して、左ペインの設定から先程のIDとKeyを入力します。
アソシエイトIDはあってもなくてもいいそうです。
他にいくつかオプション設定があるのですが自分の場合は以下のように設定しています。
20100916043937


別にamazon純正のアソシエイトリンク生成でもいいんですが、こちらの方がサムネイルが大きくわかりやすいと思うので今後愛用していこうと思います。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*