5月 022018
 
この記事の所要時間: 523

どうも、ソシャゲからはすっかり足を洗ったはずの@kuronamaです。

きららファンタジア

「ゆるキャン△」

内容としてはタイトル通りなんだけど、数ヶ月前に友人のススメで「ゆるキャン△」にハマったんだけど、最近Twitterのフォロワーがきらファンでしまりんの画像を上げてたのを見て「きららファンタジア」始めてみた。
きらファンはきらら系の雑誌で連載されてるキャラが多数出るので好きな人には堪らないソシャゲだ。

リセマラ

ソシャゲといったらやることはまずリセマラ。
ただきらファンはわりと良心的なゲームで初回無料10連を無制限で引き直しできるので、わりと気軽に厳選ができる。
良いキャラが出なくて一旦休憩してタイトル画面からになっても、ちゃんとすぐに10連が表示されるのでありがたい。
このように厳選が楽だからこそ可能であれば最高レアの★5キャラ2人以上は狙いたいところ。
実際やってみると★5キャラは確率2%にしてはそこそこ出てくれるので、2人狙いも1〜2時間くらい粘れば出るくらいだと思う。
ちなみに自分は最初2人出たときは原作をよく知らないキャラが混じってたのでスルーして引き直したらすぐに以下が出て2時間かからないくらいで本編を始めることができた。

image

初心者色々

とりあえず開始してすぐにコラボイベントに参加しようとしても、イベント報酬の★4しまりんを入手するのはムリなのでミッションをこなしながらキャラを強化していくことになる。
いくつかシステムがあるが、とりあえず拠点に適当に施設を置いておくと金やら武器素材が手に入る。
後発優遇なのか最初からそれなりの金を持ってて、イベントを始めると更に金が増えるので金に関してはあまりケチケチしなくて良さそう。
ただ施設を建てる際に消費するきららポイントは、入居者として登録された手持ちのキャラが時間ごとに各施設に現れたときか、イベント報酬でもらえるかとわりと入手手段が限られてるっぽいので多少計画的に使った方が良さそう。
とりあえず自分はコイン生産所・武器素材生産所を4つずつ建ててあとは適当に訓練所を建ててみた、ただ今のところあまり武器強化などしていないし金にも困ってないのであまり恩恵は無い。

戦闘については石と武器の無いグラブルと思って貰っていいと思う。
方々から石を投げられそうな表現だが、さほど間違ってないと思うしなにより分かり易い。
武器はあるが特殊な装備の仕方のグラブルと違い、こちらは1キャラにつき1つだけ装備することができる。
ただ武器毎にコストがかかるので、コスト上限の低い序盤にレア度の高いキャラを入れてたりすると武器を装備する余裕がなかったりする。
ランク20を超えた辺りでわりとコストに余裕が出てくるので、それまではムリに武器を装備しなくても良いかも?
ただ武器の恩恵はパラメータのアップと、キャラ固有のクラススキルとは別に武器スキルが使えることで、特に魔法使いなんかだと全体攻撃スキルがあったりするのでありがたいというのがある。
まぁとりあえずグラブルと同じく属性相性が強いので、可能な限り敵の有利属性のキャラを使うのを心がければわりといけるんじゃないだろうか。
あと経験値が入手できる属性種が入手できたらお気に入りのキャラにこまめに使うと良い、自分も知らない間に結構な数持ってて一気にレベルを上げることができた。

とりあえずパーティの補強のためにもミッションをこなして、ガチャを回すための星彩石を入手しよう。
メインクエストをこなしてランクを上げたり、武器を作成・強化したり、施設を建てたりしてればある程度入手できるはず。

ガチャ

ある程度石が貯まったらいきなりガチャを引かずに、まず商店街のトレードショップで石100個とガチャチケ10枚を交換する、10連と違い★4以上の保証は無いが通常は10連引くのに石が400個必要なので破格の安さだ。
この交換が終わった後は10連分の石が貯まったら随時ガチャを引けばOK、5/2現在で「魔法使い限定」と「ゆるキャンピックアップ」の2種類のガチャがあるが引くのは当然後者。

image

ゆるキャンキャラを今回のイベントで組み込むとイベント報酬が少し増えるので、なるべく多くのゆるキャンキャラが欲しいところ。

ちなみに自分の場合は最初の10連でいきなり★5しまりんを引いてしまった。

image

その後、デイリー回すのに2900円分の石は買ったものの、それにほとんど手を付けることなくミッションなどの無償で手に入る石でゆるキャン△キャラ全員集まってしまった。

image

正直かなり運が良い方だと思うが、結構無償で手に入る石自体多いので(50連くらいはいける?)、課金なしでも何人か入手は可能なのではないだろうか。

「ゆるキャン△」イベントへ

そんな感じで進めていって自分の場合はメインシナリオ2章20節辺りから本格的にイベント参戦した。
だいたいキャラレベルで30前後というところ。
イベントを一通り最後まで見たら、マップの各場所ごとに単一属性の敵がいるのがわかる。
この中の風属性の敵を狩っていくのが良い、自分の場合は以下のような構成でやっている。

image

部長は実質お飾りで別にここはなでしこでもイヌ子さんでも良い。
敵を倒すのはしまりん(風魔法使い)と青葉(火魔法使い)の全体攻撃なので、3戦目になったらしまりんか青葉のとっておきをぶっ放せば終了だ。
ちなみに風属性の敵を選ぶ理由はここをクリアすると報酬として風属性の種が貰えるからだ。
イベントミッションとしてイベントで入手できる★4しまりんを進化させたりLv70まで上げたりというのがあるので、風属性の種はいくつあっても足りない。
★4しまりんの上限強化や進化素材に関してはイベントで松ぼっくりを集めて、ひたすら箱を開けまくるのが良い。
一応箱の中に魔法使いのつぼみや果実などが入っているのでなんとかなるはず。(実際なんとかなった)
image
image

そんな感じで無事★4しまりんの進化が終わり、現在はLv65。
イベントはあと4日あるのでLv70までは余裕だろう。
image

まとめ

ここまでで始めて3日くらいで到達したが、基本的にスタミナ回復アイテムは使わずに自然回復でやってたので、無償で手に入るスタミナ回復アイテムを使って時短すれば1〜2日でいけると思う。
「ゆるキャン△」好きな方はきらファンにも手を出してみてはいかがだろうか、ソシャゲではあるがイベントなどわりと緩めなので空き時間にプレイするくらいでも充分楽しめると思う。

3月 212018
 
この記事の所要時間: 241

どうも、発売から2ヶ月近く経つけど日々MHWで忙しい@kuronamaです。

HR100到達

モンスターハンター:ワールド_20180317233502
こちらがHR100到達時のSS。
よく覚えてないけど報酬金額からして歴戦古竜で、たぶんテオかな?
HR70くらいまでは色々と装備作ったりするので普通の調査とかやってたのでHRの上がり方は緩やかだったが、それ以降は未来予知のための大龍脈石確保のために歴戦古竜(主にハザク)を周回してたので一気に上がった。

モンスターハンター:ワールド_20180318152559
武器使用状況はこんな感じ。
過去作では双剣を使っていたが、リーチの短さから尻尾切りなんかで苦労しそうだったので最初は太刀を使っていた。
クリアしてから有用な装備を組めるようになってからは、瞬間的な火力を重視して双剣に移行。
過去作と比べてさほど変わりは無いが、回避系の距離が全体的に伸びたおかげで機動力が増したのと、スタミナ消費が緩やかになったおかげでだいぶ闘いやすくなったように感じる。

未来予知

効率良く装飾品を集めるにはほぼ必須な未来予知についてもちょっと書いてみる。
流通エリアにいる婆に素材を渡すことでランダムで装飾品を生成するのだが、レア7とかレア8は個人的な感覚では3回を1セットとして15〜20セットに1回でるかどうかくらいの確率なのでまともにやったらいくら素材があっても足りない。
概要については紹介しているページがたくさんあるので、適当なページを1個貼ってみる。

【モンハンワールド】未来予知とは〜ランダム出現の装飾品を狙い撃ち!?〜【MHW】 – GameWith

難しくは無いが多少面倒な仕様なので、やるのであれば熟読を推奨。
これのおかげで250周ほどでほとんどの装飾品を錬金できた。

モンスターハンター:ワールド_20180316174214
先に見えているものも含めれば、あと1つも入手できていないのは増弾珠と茸好珠だけだ。
まぁこの2つは特に出にくいことで有名なのでコンプできるのは恐らくまだまだ先だが…。
ただ現状で需要の高い珠は一通り揃ってるし複数確保できているものもそこそこあるので、装備を組むときにはそれほど困ってないレベル。
ちなみに装備を組むときは手持ちの装飾品を登録できる以下のシミュレーターを活用させて貰っている。

モンスターハンターワールド攻略 – スキルシミュレータ(泣)


導きの青い星

モンスターハンター:ワールド_20180317233611
導きの青い星はHR100に到達すると総司令から依頼されるクエで、歴戦古竜3匹(クシャ・テオ・ネギ)を50分で連続狩猟するタフなクエストだ。
まぁ連続狩猟なので同時に襲われはしないし、体力は少なめで、場所は龍結晶でエリア移動有りなので実際にやってみると結構楽だった。
クリアと同時に500頭狩猟も達成。

500
古竜が出てくる順番は固定で、出てくる位置も単独の調査クエで毎回見る位置だった。
ただ狩猟したモンスターが消えるまでちょっと時間がかかるので多少の待ち時間があった。
気が向いたらこのときに使った双剣装備を書いてみようと思う。

まとめ

とりあえずの現状報告は以上。
クエストは全部クリアしたので、あとは双剣以外の武器種を作りながら未来予知しつつ勲章コンプを目指す感じかな。
まぁ勲章コンプのためには最大・最小金冠が立ちはだかってるのでまだまだしばらくは遊べそうだけど。