10月 062014
 
この記事の所要時間: 180

どうも、最近オーナーズライブラリのためにプライム会員特典を利用して4000円でKindleを購入した@kuronamaです。

カドカワ祭り

角川とドワンゴの経営統合をお祝いして、Kindleストアで10/7(火)の23:59まで大規模なセールが行われている。

Amazon.co.jp: KADOKAWAキャンペーン: Amazon.co.jpホーム

ちょっと気付くのが遅くなってしまったが、今まで欲しかった本なども含めて合計で2万タイトルほどが大幅に値引きされていたので買いあさってみた。
キャンペーン書籍の抽出で一通り見てみたのだが、どうも総数が多すぎるらしく400ページ目に「検索結果のベストマッチの終わりに達しました。」と表示されてそれ以上は確認できなかった。
とはいえ表示されたものだけでも見た感じで色々と値引きされていたので、今回購入した書籍などを紹介したいと思う。

コミック

艦これ関係




艦これ関連の書籍もかなり安くなっている。
特に艦娘型録なんかデカくて嵩張りそうなので電子書籍として購入するのにはうってつけなんじゃなかろうか。

エマ(全10巻 1850円)


森薫は以前から気になっていて、乙嫁語りから入ったんだけどちょうど安くなってた機会に全巻購入した。(実は数週間前に3巻くらいまで買ってた)
じっくり読みたいのでまだ5巻までしか読んでないんだけど、時代背景などに対する作者の思い入れがしっかり出ていたり、人物描写が丁寧且つ饒舌過ぎないところなんか乙嫁語りと同じ感じで独特な味わいがあって良い。
人気作なのでここに書くほどでも無いかもしれないけどオススメ。

シャーリー(2巻 270円)


森薫繋がりで、最近数年ぶり?に2巻が発売されて話題のタイトル。
エマを読んでから読みたいのでこちらはまだ目を通してないけど読むのが楽しみ。

ディーふらぐ!(9巻 1665円)


アニメ化の際に・さんに薦められて1巻を買ってみた。
ただ当時他にも購入したい漫画があり、少し優先順位低めだったのだがセールを機に刊行分購入した。
高尾山!

いなり、こんこん、恋いろは。 (8巻 1936円)


アニメ化を機にTwitter上で購入してる人を何人か見て気になってた。
こちらもセールを機に刊行分購入したがまだ読めてない…。

高杉さん家のおべんとう (8巻 1480円)


こちらは紙のコミックで集めてるんだけど、セール対象だったので紹介。
Twitterのフォロワー経由で知って4巻が出た辺りから読んでるんだけど、読むと幸せになれる漫画。
少し絵柄にクセがあるけど、キャラクターの成長や恋愛模様を丁寧に描いており、ついでにお弁当具材の知識も得られて一石二鳥な作品w

パーツのぱ (全10巻 3460円)


去年アスキーを吸収合併したメディアワークスが更にKADOKAWAに吸収合併されたため、アスキーの書籍も今回のセール対象になっている。
こちらの漫画は週刊アスキーで掲載されている4コマ。
途中まで紙のコミックで購入してたんだけど、刊行ペースが遅いためすっかり忘れててKindle版で買い直そうかなぁと思っているところ。
当然のことながらPCパーツに興味のある人の方が楽しめるけど、そうでなくてもキャラが魅力的なのでそれだけでも買い。
というか10巻で完結してたのね…。

ビッグオーダー (6巻 1452円)


未来日記の作者の作品。
能力バトルものなので未来日記ほどのインパクトは無いかもしれないが、見せ方やキャラの立て方が上手いので結構楽しめる。
6巻でわりと物語も終盤に近づいてるので近々完結?
ちなみに未来日記の方もセール対象。

Fate/Zero


ニトロプラスの、というかむしろまどマギのと言った方が分かり易いかもだけど虚淵玄の作品。
残念ながら原作小説の方は電子書籍化されてないみたいだけど、コミック版はセール対象みたい。


ラノベ

甘城ブリリアントパーク (4巻 740円)


ちょうど10月からアニメが放映されている作品。
作者はフルメタの人。
自分はセールかかる前に購入してしまったのだが、1巻だけ読むと特別面白いわけではない。
巻を増すごとに面白くなるタイトルの典型なのだが、ネタなどがわりと30代以上のオッサン向けでありオッサンホイホイなので若年層が楽しめるかはちょっと分かんない。
ただその年齢層の方達は充分楽しめるはずなので買い。

ちなみにフルメタもセール対象。

バカとテストと召喚獣 (全12巻+4巻 3200円くらい?)


アニメ化もされた人気ラノベ。
紙の書籍で購入してたけど、大層笑わせて貰ったw
作者が兼業でやってるとは思えないほど面白い話を書くので未読の方は是非。

薔薇のマリア(21巻+α)


冒険ものラノベではあるものの、わりとエグい表現も多いためちょっと読者を選ぶかも。
途中まで紙の書籍を集めてたんだけど、なんか環境の変化だかで購入を忘れてた感じの作品。
キャラが魅力的なのでまた集めたいけど結構巻数出てるのでどうしようか迷い中。

ダンタリアンの書架 (全8巻 2000円くらい)


アニメで好きになって1巻だけ購入してたんだけど、セールを機に全巻購入。
Wikipediaによると8巻まで出た時点で続きを出版社に書くように言われて書いた?けど結局お蔵入りになったらしい。
作者としては元々8巻で完結予定だったらしいが…。

その他

参考書や適当に面白そうだった本など。









まとめ

正直買い過ぎた感が…。
でもアスキー出版の技術書がセールだったのは結構嬉しかった。
海外まで目を向ければ色々あるのかもしれないけど、国内ではこの手の技術書で且つ電子書籍化されてるものって貴重なので。

4月 062013
 
この記事の所要時間: 321

どうも、本日も会社でこき使われてこんな時間に記事書いてる@kuronamaです…。

ToLOVEる ダークネス7巻

タイトルの通り先日ついにToLOVEる ダークネス7巻が発売となった!

今回は限定版とか無いみたい。
本来ならKindle版などのカラー版の発売を待つのが賢いのだろうが、ほとばしる熱いパトスを抑えることができずに購入。
ちなみに一緒に書店のレジに持っていたのは食戟のソーマ。

「俺たちの聖書ToLOVEる ダークネス7巻発売…」の続きを読む