3月 252013
 
この記事の所要時間: 341

どうも、わりと新しもの好きなkuronama です。

あとで読む系サービス

先日日課の情報収集をこなしていたところ以下のような記事を見つけた。

米Amazon、「Send to Kindle」ボタンをウェブサイトやブログ用に公開 -INTERNET Watch
分 …


5日くらい前の記事なのだが、要はPocketやInstapaperのような「あとで読む」系サービスをKindleで提供し始めましたよ、ということらしい。PocketやInstapaperはクラウドサービスなので、ブラウザやスマフォアプリから確認する形になるが、Send to Kindleの場合は電子書籍の形式としてKindleに送信するところが違う。
Webの情報を電子とはいえ書籍として扱うというのは面白い。paperwhiteのような端末であれば電子書籍の閲覧に特化しているので、他の要因に邪魔されずコンテンツを読むことに集中できるので長文の記事を読むのには向いていそうだ。

「WordPressにSend to Kindleボタンを設置してみた…」の続きを読む

3月 062013
 
この記事の所要時間: 47

どうも、楽をするためには苦労を惜しまない最近本末転倒気味な@kuronamaです。

外部フォトストレージユーザーの憂鬱

WordPressの機能にアイキャッチ画像というのがある。
アニメで言えばアイキャッチといえば

アニメ、特撮番組等の中盤でのCM放送前後に映される番組タイトルクレジットのこと

アイキャッチ – Wikipedia

なのだが、認識としては似たようなものだ。
これを設定しておくことで記事が開かれた際にヘッダー画像として表示されるため、閲覧者に対して記事の大まかなイメージなんかを画像で伝えることができる。

なのだがWordPressのアイキャッチ画像というのは、WordPress自体のフォトライブラリ内、つまりサーバーにアップロードした画像を設定するという形になっている。

スクリーンショット 2013-03-06 11.57.11

記事を書く際に画像も一緒にWordPressのサーバーにアップロードしているユーザーなら特に問題は無いのだが、自分のように画像をflickr等の外部フォトストレージで管理してそこからリンクを貼る形にしているユーザーにとっては非常に面倒だ。

「記事内のflickrリンク等からアイキャッチを自動作成するプラグインを導入…」の続きを読む