8月 252016
 
この記事の所要時間: 225

どうも、下手の横好きながらちまちまとシャドウバースをプレイ中の@kuronamaです。

 

Shadowverse

シャドバについては以前の記事でも触れたが、Cygames製のスマホ向けカードゲームだ。
シャドウバースのIME変換辞書を作ってみた | 黒生鉄心の奇妙な日常

最近PC版もリリースされたため、スマホを持ってなかったり、スマホのスペック不足で遊べなかったユーザも手を出しやすくなっている。
Shadowverse PC版 公式サイト | Cygames

ゲーム自体はストーリーモードで基本を学びつつ有用なカードを入手し、オンライン対戦で上位ランクを目指すというのが基本的な流れになっている。チュートリアルとストーリーをクリアしただけではカードが物足りないという人は課金でカードパックを購入することができ、だいたいの換算でカード8枚入り1パックが300円くらい。1日1回限定で半額で購入することも出来る。

基本的に過度な課金をせずともデイリーミッションの報酬や、上記の1日1回半額を回しているだけで色々なカードが手に入る。
image

ちなみに同じカードは1つのデッキにつき3枚までしか組み込めないので4枚以上あると何の役にも立たないのだが、こういったカードを処分することでレッドエーテルというものが貰える。このレッドエーテルを使うことで現在出ている全てのカードを生成することができる。
もちろんレア度によって得られるエーテル数や必要なエーテル数は変わってくるが、例えば最高レア度のレジェンドであれば分解するとレッドエーテル1000個が得られ、生成するときには3500個必要になる。たまに効果は普通のカードと全く同じだけど、見た目がちょっと豪華なプレミアムカードがパックに入ってたりするが例えばレジェンドのプレミアムだと分解することで2500個ものレッドエーテルが得られる。
imageimage

なのであまり有用で無かったり自分が使わないクラスのレジェンドなどが出た場合は、多少の損を許容できるのであればエーテル分解することで自分の好きなレジェンドが生成できるのでその辺は親切だと思う。

動画

まぁそんな感じでちまちまやってるんだけど、漫然とプレイしていても上達しなさそうなので一言プレイログと動画を撮るようにしている。
プレイログは完全に個人用なので公開はしてないが、動画に関してはYoutubeで管理しており一部の動画は公開している。
一番最近の動画なんかはこちら、結局相手が勝てないと判断して切断したっぽい…。

ちなみに公開リストはこちら、まぁ大した腕では無いので見る価値があるかは…。

まとめ

とりあえず今のところランクマッチではそこそこ勝てているのでもう少し頑張ってみたいと思う。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*