2月 282012
 
この記事の所要時間: 335

これまたかなり時間がかかった

時間がかかったというか正確に言うとだいぶ放置してたw
結局一番時間のかかったお洒落兵長・瞬間万華鏡に費やした時間は実質2〜3日くらいだったと思うんだけどその2〜3日やるのに色々中断が入って数ヶ月かかったw


瞬間万華鏡・お洒落兵長

以前の記事で大抵のトロフィーについては触れていたので、最後まで残っていた「瞬間万華鏡」・「お洒落兵長」についてちょっと触れておく。
いずれも全武将132体?の熟練度をMaxにする必要があるためかなり時間がかかる。
「お洒落兵長」については熟練度プラスで一部ストーリーモードのクリアで解放される衣装も存在する。
全武将の衣装数は以下を参考にすると分かりやすい。
無双OROCHI 2 – PS3 トロフィー まとめwiki


で、実際の熟練度上げなのだがやる場合はフリーモードがオススメだ。
一応簡単にカスタマイズした無双の戦場の方が熟練度を上げるだけなら適してはいる。
しかし無双の戦場の場合は出撃回数が加算されないため、その場では壁紙・衣装ともに解放されないという落とし穴がある。
壁紙はフリーかストーリーで何でもいいのでクリアすれば解放されるのだが、衣装は該当のキャラを加えた状態でフリーかストーリーをクリアする必要がありかなり面倒。
一章の上田城を最速でクリアすれば1周2分を切るくらいでクリアできるが、それなら最初からフリーでやった方が良いと思う。


夷陵救出戦について

ちなみに熟練度上げにオススメなのは以前も触れたと思うが三章の夷陵救出戦だ。
敵が多いので1周で2人は熟練度Maxにできる上に、簡単に発動する火計のおかげで後半は雑魚が一撃で倒せるようになる。
武将の中には使い難いキャラもいるので、そういうのは火計発動後に熟練度を上げる方に回すと良い。


自分が夷陵救出戦をプレイしていたときのパターンは以下の通り。

  • スタート地点すぐの武将を倒し、雑魚を200体ほど狩る。
  • 扉の手前の武将&雑魚を狩る。
  • 広場で武将3体&雑魚を討伐数450〜500体くらいまで狩る。
  • 石兵八陣内の通路の雑魚は面倒なので無視、出口の武将&雑魚を殲滅。
  • 石兵八陣を出て右下の家臣を救出、この辺で討伐数600体くらい。
  • 南西の武将&雑魚を殲滅、火計が炸裂するまでゆっくり北東へ雑魚を殲滅しながら向かう。この辺で討伐数800体くらい。
  • 火計が炸裂したら後はご自由に、熟練度溜めが終わったら敵本拠地近くの牛鬼・百々目鬼を倒して砦に乗り込み蛟を嬲って終了。

火計が炸裂してからはかなり早いペースで討伐数を稼げる、あっと言う間に2000体くらいは狩れるはず。
注意点は敵の本拠点付近の武将を無視しすぎると東側の忠勝が倒されることがあること。
とはいえ別に忠勝が倒されてもステージはクリアできるんだけどw

武器にレア属性を付けておきたい武将

熟練度上げは大抵騎乗状態でやっていたんだけど、中には騎乗攻撃がどうしようも無い武将もいたりする。
そういう武将にはレア属性である旋風や誘爆付きの武器を持たせてあげると火計炸裂後なら簡単に撃破数を稼げるようになる。
自分がプレイしてた中で、特にどうしようも無くてレア属性が欲しくなったキャラを挙げてみる。
他にもいるはずだけどとりあえず気付いた範囲で。

  1. 太公望…騎乗も地上もどうしようもないので。。。
  2. 卑弥呼…地上はそれなりに強いけど騎乗がちょっと使いにくいので。
  3. 長宗我部元親…地上はそれなりだけど騎乗のヤクザキックのリーチが短すぎ。


まとめ

1週間くらいまともにゲームやってなくて久しぶりにプレイしたら熟練度溜めの作業も楽しく行えて良かった。作業を楽しむコツとしてはBGMをオフにして好きな音楽でも聴きながらやることかなw
とりあえずこれで来月のワンピ無双を気兼ねなくプレイできるようになる!


そうそう、今回のプラチナトロフィー獲得でプラチナが7個になりトロフィーレベルが10に上がった。
右側のブログパーツはまだプラチナ6個のままかもしれないけどそのうち更新されるはず。
この勢いでぼちぼちプラチナ集めも頑張りたいと思う。

  2 Responses to “無双OROCHI2 プラチナトロフィー獲得!”

  1. この熟練度が面倒くさくて放置中ですw RT @kuronama: Blog更新!:無双OROCHI2 プラチナトロフィー獲得! – http://t.co/pB3LaHft

  2. Blog更新!:無双OROCHI2 プラチナトロフィー獲得! – http://t.co/rjEprXnz

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*