3月 302013
 
この記事の所要時間: 226

どうも、LINEでは企業アカウントが数少ない友達のkuronama です。

企業アカウントの通知邪魔!

冒頭の発言をいきなり否定する見出しだが、企業アカウントの中には一回のクーポン等のお知らせで数分おきに複数回トークを飛ばしてくるようなところが結構ある。

トーク自体を区切ってクーポン情報とクーポン画像を独立させてユーザーが視認し易いようにしているのかもしれないが、通知という観点から言うと数分おきに端末がバイブするのは鬱陶しくて仕方ない。
だからといってLINE自体の通知をオフにすると、今度は本当に数少ない友達からの通知自体に気付かないという可能性がある。
というわけでLINEのアカウント個別の通知設定についてまとめてみる。


アカウント単位の設定

やり方は非常に簡単。
まずユーザー個別のトーク画面を開いて、右上にあるボタンをタップする。

3281599F-C48D-487B-B429-4ED165F9BBB7

すると以下のような画面が表示されるため、ここで適宜設定を行う。

70705ECF-DFF2-404E-8421-95CCFDD13E64

トークは届いても良いがいちいちバイブなどで通知されたくない場合は、通知OFF
トークすら受け取りたくない場合は、ブロックを追加

友達削除は意味が無い

余談だがトークを受け取りたくない場合に関しては、該当アカウントを友達から削除しても全く意味が無い。
というのもLINE自体がTwitterやtumblr等の他のSNSと同じくフォローシステム?のような仕組みのため。

恐らくLINEの企業アカウントの動作としては以下のようなものだと思う。

  1. 友達に登録(follow)したユーザーのアカウントをデータベースに登録
  2. お知らせがある際はデータベースに存在するユーザー全員にトーク(Reply)を送る

で、本来であれば友達から削除(Remove)したユーザーはデータベースから削除して、トークの送信先にはならないようにしなければならない。
ところがLINEの仕様では自分が友達から削除されたということを知る術が無い。

そのため一度企業アカウントを友達に登録すると、例え友達から削除してもトークが送られ続けるということになっていると思われる。
このような仕組みのためトークを受け取りたくない場合にはブロック機能を使うしかない。

まとめ

それにしてもLINEの企業アカウントの挙動はTwitterに置き換えると無茶苦茶なことやってるなぁという印象。
まぁシステムが似てるだけで全く同一のサービスなわけではないので単純に批難することはできないけど、どうせならシステム側で友達から削除したら自動でブロックしてくれれば自然な挙動になるのになぁ…。

ちなみにLINEの友達関連のヘルプは以下のページなので、一度目を通しておくといいかも。
ヘルプセンター | LINE



  One Response to “LINEで特定アカウントの通知が鬱陶しいときの対策”

  1. 「LINEで特定アカウントの通知が鬱陶しいときの対策」の記事を書きました – http://t.co/cSZyxT4zZL

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*