11月 162011
 
この記事の所要時間: 334

便利はあまり良くないが評判のお店

先日衝動さんに聞いて、黒生的外食図・麺に追加しようと思ったら既に以前追加していたお店w
結構評判のお店みたい。
場所は新潟駅南のけやき通りを県庁方面へ突き当たって左手、店頭はあまり広くないのでちょっと分かりにくいかも。あと店の駐車場が無いため近場の有料駐車場に停めて歩くか、ちょっと距離はあるが駅南から歩くかとちょっと便利が悪い。

より大きな地図で 黒生的外食図・麺 を表示


衝動さんの弟さん曰く平日がオススメとの事だったので、平日の12時ちょっと前に来店。
店の中は厨房に面したカウンターと壁に面したカウンターが数席ずつ、テーブルが席が2つだったかな。
店頭はあまり広くないが席数は思ったよりも多かった。
普通のラーメン屋と違い珍しいなと思ったのが、女性客が多いこと。OLらしい女性客が一人と、女性客3人連れが一組と普通のラーメン屋ではあまり見かけない客層だ。


ウリは担々麺

出されたお冷を飲みながらメニューを見る、ちなみにお冷には柑橘系の香りが仄かに付いていた。

2053FEF3-DC0C-49CB-914C-4F2BC0911578
元々聞いてはいたんだけどやっぱり担々麺がオススメみたい。

更にメニューの裏にはこんなのが載ってた。
AA2C76BD-900D-4D30-AA1E-28AB1D55A153
あまり目立って書かれていないんだけど、平日昼は半ライスが数量限定で無料なのだがそれを利用した担々おじやの紹介になっている。

せっかく来たんだから看板メニューを頼まない手は無いということで、「担々麺(味玉付き)」と「半ライス」を頼んでみた。


女性客が多いのも頷ける味

待つことしばらくしてキター!
D723939E-4C8D-4CFE-AF23-8AAB33FC5725


まずスープを味わう、滑らかで優しい味わい。するりと喉奥に入っていくのだが担々麺らしく程よい辛さが後から来るwただ喉にそこそこの辛さは来るものの、それほどキツい辛さではない。
お次は麺、中太でツルツルしている。わりと柔らかいかなぁとも思ったんだけどコシはちゃんとあるので食べ甲斐がある。
担々麺と言えばひき肉だが、スープの味がそれほど濃くない代わりにひき肉には割合しっかりとした味が付いている。とはいえラーメン全体の上品な味わいを損ねるほどのしょっぱさではなく調和の取れた程よい塩加減だ。
味玉は液体に近いトロトロな感じ、個人的にはもうちょっと固まった方が好きなのだがまぁこれは好みだろう。
ちなみに丼を置かれた状態で麺とスープがあまり絡んでない?ような気がしたので、スープとひき肉の味をそれぞれ楽しんだら全部を良く混ぜて食べた方が良いと思う。


一通り麺を食べ終わったため、お次は半ライスを入れておじやにする。ちなみに普通盛りの麺は成人男性が食べるには少々少なめに感じたので、お腹いっぱいになりたい人は麺大盛りにするか半ライスを頼むといいだろう。

B86EEB6E-296A-47D8-AB1B-E36578DD3868
こちらがおじや。
これがまた美味いんだw
スープの美味さは前述通りだが、それに加えて米の甘さが加わることで別の料理に変貌する。
担々麺をウリにする店では同じようにおじやが楽しめる店もあるのだが、この店の担々おじやには独特の魅力がある。
おじやというと要はおかゆみたいな物なので歯応えが無いのだが、こちらの担々麺のひき肉には若干大きめに刻まれたザーサイが入っているためおじやとして食べていてもゴリゴリという歯応えがありこれが良いアクセントになっている。
全体的によくある若者向けのラーメンよりもしょっぱくないため、おじやにすると無理なくスープの一滴まで完食できた。


まとめ

上品でバランスの取れた味わいで女性客が多い理由が分かった気がする。
おじやにすることで別の楽しみ方ができるし、たくさん食べる男性客のニーズにも応えていて良い店だと思った。
ここまで書いててふと思い出したんだけど、味の方向性としては一風堂辺りが似てるかも。あくまで方向性の話しなので具体的な味が似てるとかいうことじゃないんだけど。こう上品にまとめていて、食べ終わった後もそんなに喉が渇かないような感じ。
まぁ何はともあれオススメのお店なので興味があれば是非。


店舗情報

  • 営業時間:11時~14時 18時~22時
  • 日祝11時半~14時
  • 定休日:月曜
  • 駐車場:無し

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*