11月 102010
 
この記事の所要時間: 559

ポケモンBをクリアしてから、図鑑を埋めるのには過去作が3つ必要(エメラルド、プラチナ、ハートゴールド or ソウルシルバー)ということを知り、先週からエメラルドをやっていた。
ちなみにエメラルドは5年ほど前の作品でゲームボーイアドバンス用ソフトのため、普通のゲーム屋ではもう取り扱っていないところも多そうだが、実はamazonで新品を扱ってたりする。

エメラルドは単品のものとワイヤレスアダプタの物が2つあるが、上記の単品のもので問題ない。
プラチナとデータのやりとりをする際はDSかDS Liteが必要になるので注意、DSiやDSiLLではアドバンスのスロットが無いので…。


B/Wのポケモン図鑑を完成させるために必要な過去作は以下を参考にした。
ポケットモンスターブラック・ホワイト攻略情報まとめwiki – 出現情報/その他
エメラルドでしか手に入らないのはホウエンの伝説ポケモン、レジロック・レジスチル・レジアイスの3体。
他のホウエンの伝説ポケモンもエメラルドで入手できるので、エメラルドでラティアスかラティオスを手に入れておけばHGかSSは片方だけやればいいはず。


エメラルドの実際クリアタイムは20時間くらい。
最初から攻略ページを見てなるべく無駄の無いようにプレイした、レベル上げも兼ねて目につくトレーナーは全部倒してスプレー系もそれほど使わなかったけど。
最初からクリアまで使ったポケモンはTwitterのフォロワーさんの情報を元に以下の2体のみ。
ラグラージ(元ミズゴロウ) …Lv.61、性格:やんちゃ、技:じしん・なみのり・とっしん・みずでっぽう
サーナイト…Lv.51、性格:れいせい、技:サイコキネシス・10まんボルト・めいそう・さいみんじゅつ


攻略の参考にしたのは以下のページ、1個で事足りるページが見つからなかったので幾つか見てた。
ルビー/サファイア/エメラルド – ポケモン徹底攻略
ポケモンエメラルド 完全攻略
ポケットモンスター エメラルド-攻略大作戦
ポケモン飛空艇-四天王(ルビー・サファイア・エメラルド)


ここからは攻略の補足でも書いてみる。
まず自分のようにB/Wから入ったユーザが知っておいた方が良い仕様の違いが2点ある。
まず1点は取得経験値の違い、B/Wは手持ちポケモンと敵ポケモンのレベル差で経験値が算出されていたため、低レベルのポケモンは育てやすく高レベルのポケモンは育てにくかった。
だがエメラルドの場合は敵ポケモンの種族とレベルから取得経験値が算出されるため、高レベルになっても育てにくく無く低レベルのレベル上げはB/Wより大変になっている。
そのため最初から育てるポケモンを厳選しないと後半で後悔することになる。


もう1点は物理と特殊の扱い。
B/Wでは技ごとにタイプとは別に物理・特殊・変化の3タイプに別れており、威力が攻撃か特攻どちらに依存するか分かりやすかった。
だがエメラルドではそのような区分は無く、技にはタイプのみが設定されている。
実は以下の表を見てもらうと分かるがタイプごとに攻撃依存なのか特攻依存なのかが分かれている。
タイプ相性表 – ポケモン徹底攻略


使うポケモンについてだが御三家からはミズゴロウを選択すると良い。
ステータスのバランスが良く、すばやさも十分高い。
技についてはミズゴロウのみがレベル42で覚えるハイドロポンプが魅力的に見えるが、PPが少なく命中もそれほど良くはないので無理して取らなくても良いと思う。
それよりもさっさとヌマクローに進化して地面属性のマッドショットや、威力の高いだくりゅうを覚えた方が役に立つ。
突進は避けられる可能性がある上に少しダメージを食らうが、HPが高いためダメージはそれほど気にならないし、有効な属性が付けない時に頼りになる。
後半は命中100で威力も高く敵複数に攻撃できる波乗り、同じく命中100で攻撃依存の地震がメインウェポンになる。
特に地震は早めに取っておくと楽なので、ラグラージに進化する前にヌマクローで取ってしまった方が良いと思う。
ちなみに地震も複数対象だが、味方にも当たるので注意が必要。


あとは戦闘用にもう1体、序盤で手に入るラルトスから進化できるサーナイトがオススメ。
特攻の高いエスパーで素早さもそれなりに高い。
ただラルトスはレベル6まで攻撃技を覚えないので、育てるのが少し大変。
攻撃手段は念力とサイコキネシスがメインになるが、それだとよく出現する悪タイプに無力なので雷技の10万ボルトを覚えることをオススメする。
威力が高いうえに麻痺が付与でき、出現頻度の高い水・飛行に対して強いので汎用的に活躍できるようになる。
というか他に覚えられる攻撃技がゴースト技のシャドーボールくらいしか無いんだけど…。
強敵に対しては弱点を突かれない限りは、瞑想からのサイコキネシスで対応できると思う。
催眠術は習得レベルが高いため、クリア後の図鑑埋めのお供くらいに考えたほうがいいかも。


他はオススメの秘伝要員。
まずストーリーでも一番最初に遭遇するジグザグマ、居合い切り・岩砕きが覚えられる。
お次はこれもまた序盤から登場するマリル、怪力・波乗り・ダイビング・滝登りが覚えられる。
あまり使う機会の無いフラッシュはツチニン辺りに覚えさせてたかな、空を飛ぶはチルット。


基本的にミズゴロウ1体でもそれほど困らないと思うが、バランスも考えてサーナイトも育てると良いと思う。
また四天王戦では格闘タイプがいると良いらしいので、ヘラクロス辺りを育てておくといいかも、攻撃が高く遺伝で峰打ちも覚えられるし。
ちなみに四天王戦は最初の一人目が状態異常や強力な草タイプがいるためやり難いかもしれないが、それ以外はラグラージのプラスパワーで強化した後の地震でなんとなると思う。
チャンピオンはほとんど水タイプなのでサーナイトの10万ボルトで対処できると思う。


補足。
ラティ〜を厳選したい場合は以下を参照、ストーリークリア前に事前の準備が必要。
ラティアス・ラティオスゲット術
レベル40のポケモンはチャンピオンロードでだいたいそれくらいのが出てくる。
あとエメラルドはメタモン捕まえるのが簡単みたい。
個体値厳選(遺伝の仕組み) – ポケモン王国
でも高スペックメタモンが出やすいのはHG・SSっぽい?

  One Response to “ポケモンB/W参入組のためのエメラルド攻略補足”

  1. Blog更新!:ポケモンB/W参入組のためのエメラルド攻略補足 – http://bit.ly/b03mmT

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*