3月 202013
 
この記事の所要時間: 333

どうも、iPhoneのカロリー記録アプリ使って2kgの減量に成功したことを確認した当日に早速カロリー摂取オーバーした@kuronamaです。

中盤ボス攻略

先日記事を書いた冒険者ギルド物語について、前回は初心者向け情報をまとめてみた。

冒険者ギルド物語 初心者向け情報まとめ » 黒生鉄心の奇妙な日常 | 黒生鉄心の奇妙な日常



今回は多分多くの人が詰まるであろう中盤ボスの個人的な攻略を書いてみる。
まぁwiki見て貰った方が充実してると思うんであくまで参考までに。

冒険者ギルド物語 @ ウィキ – トップページ


ミレニアム

ドミニオン

  • 神魔の中では比較的倒しやすい
  • お供のエンジェルの回復力が高いため厄介、魔法はほぼ効かないので単発火力に優れる侍がいると非常に楽。
  • ドミニオン自体は2回行動してくるが物理攻撃はそれほど怖くない、魔法の方が威力が高いのでサンダーボルト弱点など持っているキャラは衣で相殺しつつ水鏡の盾を装備すること。さらに衣で魔法2/3が付けられると良い。
  • エンジェルがいるため長期戦になりやすく、ドミニオン自体がかなり堅いため魔法ではなく侍が欲しいところ。ゴッドキラー持ちなら良い仕事をしてくれるだろう。

剣聖の洞窟

ジークフリート

  • 剣聖なので威力高めの複数回攻撃が脅威、攻撃半減・2/3を付けていても防御力が160程度で1000くらい食らっていた。最低でも一撃は耐えられる防御かHPが欲しい。
  • 頑丈な戦士と効果の高い全体回復スキルを使えるキャラが欲しいところ。

陸繋ぎの橋

牛若丸・弁慶

  • 一番の脅威が弁慶の攻撃力、そのため神の盾を全員に装備させて防御力は400以上でHPは1000以上を目指す。その上で戦士の鉄壁があれば多分一撃は耐えられる。
  • 上記の対策が出来ていれば牛若丸はさほど怖くない。
  • 弁慶は通常攻撃でゴリ押しできるが、牛若丸は回避率が異常に高いので魔法キャラが欲しい。とはいえ魔法キャラを多くすると弁慶の被害者が増えるのでバランスが難しい。自分の場合はVuAが生き残ってくれてなんとかクリアできた。


妖怪鉱山

天孤

  • お供が多い、2回攻撃、他回数物理と全体魔法とバリエーションに富んでいて対策が大変
  • スリープ対策ニンジャガープは必須
  • お供がブレスを使うが君主がいれば装備品で補う必要は無い
  • 物理攻撃と魔法攻撃に対しては装備品で防御を上げた上で、盾と衣も装備する
  • 天孤は攻撃が当たりにくいので魔法攻撃がオススメ、後列に魔法使い2人くらい置くと良いかも。
  • 敵の攻撃が激しいのでエルフの全体回復が重宝する、回復4000程度のラフェリアで1ターンに340くらい回復した


巫女の神社

卑弥呼
まだ倒せてない…。

  • 魔法攻撃が苛烈
  • リンドールにいる雑魚のアーマーナイトから司祭の法衣を幾つか集めておくと良い、呪文防御が100上がるので魔法対策にうってつけ
  • 牛若丸、弁慶、その他のお供の物理攻撃がかなり痛いので魔法・物理ともに対策を考える必要がある

まとめ

まぁ当たり前のことしか書いてないので大して役には立たないと思うけど。

あとこれも基本だけど死なせてはいけないキャラについて。
魔法バフと重複する職業バフを持つ戦士・僧侶・君主は攻撃や回復をある程度捨ててもいいのでなるべく死なないようにしないと一気にパーティが崩壊する可能性がある。ちなみにこれらの効果は2/3へ減少なので、同じ効果である「攻防の保護服」なんかとは効果が重複しないと思われる。

wikiの呪文一覧のページにあることも考慮して重複する防御補助についてまとめると

  • 職業固有スキルの補助 or 装備品の保護服(2/3)
  • 装備品の盾の[防御]○○に強い(半減)
  • 僧侶呪文のシールドバリア・マジックバリア(半減)

保護服に関しては職業固有スキルの対象外になるスキル発動者本人かそれよりも前列のキャラ用みたい。


冒険者ギルド物語 for iPhone (Version 3.22) App
カテゴリ:ゲーム
価格:無料 (最新価格はStoreで確認してください)
リリース日:2012/07/21
現Ver.の平均評価: (5.0 / 6件の評価)
通算の平均評価: (4.0 / 604件の評価)
 

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*