2月 152010
 
この記事の所要時間: 426

Blogに書くネタはあるんだけど、書くのが億劫で写真が貯まってきたので今回はまとめてお届けしようと思います。

2010年に入ってから飲んだ美味かった酒。

photo

まずこちらは吉野川株式会社の日本酒「のもうれ」です。

イタリア軒別館の「ほたる」、古町の老舗割烹「大善」、国の登録有形文化財にも指定されている老舗料亭「行形亭」の三店が協力して作ったお酒だそうで、酒屋で扱う場合はこの三店の許可が必要になるそうです。

淡麗辛口ではあるものの非常に飲みやすい酒でした、あんまり美味しかったのでお店の人に聞いたところ1升2500円で譲ってくれるとのことだったので買ってしまいましたw

なかなか見かける機会は無いかと思うけど、見かけたら是非一度飲んでみて下さい。

photo

久保田で有名な朝日酒造が、年二回出荷する銘酒「洗心」です。

なんと高級酒として知られている「久保田 万寿」よりも値段が高いというお酒です。

味はというと非常にアッサリした感じです、香りもそれほど強くは無いんだけどこれがまた美味い。

ただ売ってくれた酒屋の店主も言ってたんだけど、万寿よりも高い=万寿よりも美味いという風に解釈して何だこれ水みてぇじゃねぇかという客が結構いるそうです。

実際飲んでみた感想としてある程度色々な日本酒の味を知っていないと美味さがわからないだろうなぁと思いました。

逆に言えば日本酒が好きな方には是非とも味わって欲しい一本ですね。

photo

洗心と同じく朝日酒造が年一回秋頃に出荷する銘酒「得月」です。

洗心と対を為す感じのお酒ですね、年二回の出荷と比べこちらは年一回ということでなかなかの希少品です。

とはいえ実は行きつけの酒屋の主人がこの酒をたいそう気に入っており、結構な数仕入れているそうで5月頃までなら在庫があるらしいですw

精米歩合28%とかなり削っているため良い吟醸香がします、洗心と比べると普通に美味しいお酒です。

photo

えっと…、また朝日酒造ですw「純米大吟醸 越乃かぎろひ」です。

こちらも年一回の出荷ということでなかなかの希少品です。

箱に「万寿」とありますが、このお酒は「久保田 万寿」と同じ酒米・同じ製法で作られたということです。

それなのにお値段は1升5000円と万寿のほぼ半額という驚きのプライス!

味の方は純米大吟醸ということで香りはほどほどですが、気取らない感じの飲みやすいお酒です。

ちょっとお高いけど普段飲みにちょうど良い感じですね。

photo

菊水酒造の「大吟醸 原酒 節五郎源流」です。

地元菊水酒造の酒なんですが、先日伊勢丹で初めてお目にかかりました。

売り場のおばちゃん曰く「普通は売り場に出ない、正月とかバレンタインとか特別な時だけ出る」ということらしいです。そういや実際バレンタインに日本酒を送る人っているんですね、この酒を買うときに隣でお会計してたお客さんがそうでした。

この日は実は前述のかぎろひを買った日だったので全く買う気は無かったのですが、試飲させてもらって考えが一変しました。

ここまで美味いと思った酒は久しぶりですよ、今のところ個人的なベストの日本酒は「北雪YK35」、「獺祭二割三分磨き」、「洗心」なんだけどそれらと同等の美味さでした。

酒米に確か「山田錦、越淡麗、菊水米」の三種類を使っているというだけあって複雑な味わいです。

また原酒ということで日本酒らしい辛さも楽しめ、前述の三種類の酒とはまた別の味わいがあります。

photo

モスカート ダスティ ピツレというイタリア産の白ワインです。

750mlで1700円とそれほど高くはないんだけど、甘くて美味しいスパークリングワインでした。

ただ後述の貴腐ワインと比べると、甘さの質が砂糖っぽい感じはしますね。

photo

名前はわからないんだけど1996年物の貴腐ワインです、375mlで2500円くらい。

ハーフボトルだけど味の濃さからいって二人なら十分だし、四人でも一人一杯くらいは飲めるのでこれまた十分な量だと思います。

芳醇な香りと蜂蜜のような甘さは自分の今までのワイン観を一変させましたね。

味の質から食後にデザートとして飲むのが正解なので、飲み方を間違えないように。

ちなみにコレを飲んでから家族の間で貴腐ワイン・アイスワインブームが起こりましたw(現在も継続中)

photo

フランボワーズ?っていうベルギービールです。

やまやで250円くらいで売ってるんだけど、ラベル通りベリー系の味がして美味しいです。

国産の変なカクテルなんかよりも純粋に果物の味が楽しめるのでオススメ、アルコール度数も2.5%と低めなので女性の方に特にオススメですね。

photo

先日モルトバーで飲んで美味しかったボウモアの12年物、750mlで3000円ちょっと。

さすがに樽で熟成させてるモルトバーで飲んだものよりも味が落ちますが、こちらも美味しかったです。

潮っぽい風味と燻製臭さで多少クセはあるけど(アードベッグに比べれば全然マシ)、口の中にスッと入ってきて飲みやすいウイスキーです。

とりあえずこんなところですかね、他にもいくつか貴腐ワインやアイスワインなんかも飲んでるんだけど未だに最初に飲んだものを超えるものが無いので割愛。

日本酒やウイスキーは苦手な方もいると思うので無理には勧めないけど、貴腐ワインなんかは万人受けする美味さだと思うので是非探してお試し下さい。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*