2月 082010
 
この記事の所要時間: 155


より大きな地図で 黒生的外食図 を表示

先日、古町の方で新年会がありせっかくなので帰りに以前から興味のあったバーへ行ってきました。

モルトバーというウィスキー専門のバーです。

photo

メニューとか無いためおっかなびっくり飲んでたんだけど、途中でマスターに現在のお会計聞いてみたりしたら気軽に聞いてくれとのこと。

こちらのお店はわりと良心的な値段設定らしいけど、高いところだと1杯で8000円とかの酒を出すところもあるので財布によっぽどの余裕が無い限りはお値段確認しながら飲んだ方がよさそうですね。

本場であるイギリスなどと同じく、こちらはウィスキーをストレートで出してきます。

ただ本場とは違いちゃんとお水も一緒に出してくれますがw

ウィスキーを飲んだあとの水の甘さなどを楽しむのもまた一興ですね。

最初は飲みやすいものということで、バランタインの主要モルトのうちの一つを頂きました。

確かに飲みやすい、マスターが貸してくれたウィスキーの本に書いてあった通り色々な香りが楽しめました。

次に飲んだのがARdbEG UIGEADAIL、以前にも紹介したバキのドイルさんが愛飲しているウィスキー。すっかり魅了されてしまいましたw

最初飲んだときから燻製みたいな香りがするなぁと思ってたんだけど、マスターのお話によるとイギリス南部ではピートという草とかコケの化石?を焚きながらウィスキーを作るそうでそのときの香りが酒に付くんだとか。

3番目に飲んだのが樽のBOWMORE、これがものすごく飲みやすかった!

他のウィスキーと同じくアルコール度数は43%程度らしいんだけど、スッキリしてて全然アルコールのキツさを感じさせなかったです。

これは樽は無理だけどボトルが欲しくなりましたね。

4杯飲んで5000円ちょっとだったので、だいたい1杯1000円くらいでしょうか。

美味い酒ばかり飲めてマスターからウィスキーに関するお話も聞けたので良い体験ができました。

マスターに聞いてみたところこちらのお店は結構客層が広いそうで、若い女性が一人で来たりすることもあれば年配の方も来られるそうです。

わざわざ県外からもお客が来られるそうでなかなかの人気店のよう。

美味いウィスキーが飲んでみたいと思ったら行ってみて下さい。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*