1月 152009
 
この記事の所要時間: 249

アニメ公式サイト

Wikipedia

秋アニメ代表作の一つですな。

ストーリーの概要は美術部員の高校生である仁が、友人の大鉄から貰った神社のご神木で木彫りの人形を作るところから始まる。

徹夜で作り上げた木彫りの人形をいざ学校へ持って行こうとしたある朝、何故か木彫りの人形から女の子が誕生する。

ナギと名乗る彼女と仁はひょんなことから同居することに。

とまぁよくある、「平凡な主人公の所にある日突然美少女が!?」的なご都合主義ストーリーです。

ここまでだと今までありふれたジャンルで特に惹かれるところも無いでしょうが、最初に書いた通りこの作品は紛れもなく秋アニメの代表作の一つであるのです。

実際見てみるとわかるんだけど作りが非常に丁寧なんですよね、OPのアニメといい何気ないアニメ中の一コマといい。



それもそのはず、監督をハルヒのEDやらき☆すたのOPの演出などを務めた山本寛(通称ヤマカン)がやってます。

本誌のオマケとして付いてたDVD内では、らき☆すたなんかのような飛び道具的な演出ではなく今回はもっとオーソドックスな演出を心がけているとか言うことを言ってたんですが、確かに今回の作品は前述通り地味な部分の演出が光ります。

とはいえ第10話のカラオケの話しなんかすごくらき☆すたっぽいけどw

声優の方はやはりナギ役の戸松遥が良い演技してますね。

この作品と前回レビュー書いた『ケメコデラックス!』で初めて声を聞いたんだけど、特にこちらのナギ役の演技は良いです。

普段のちょっと尊大さを感じさせる演技から、クラスメイトの前での猫をかぶったお嬢様風の演技や、たまに出る無意識の人格の演技など幅広い演技を見事にこなしてます。

仁役の下野紘は他の作品で聞いた気がしたけど、主人公ボイスな感じですね。

あとはやっぱりざんげちゃん役の花澤香菜、かわいいですw100円だしw

これから注目していきたいと思います。

そうそう忘れちゃいけないのが4話の冒頭に出てきたチョイ役の酔っぱらいw

若本何やってんだよwww

一応終盤にもちょっと出てくるんでちゃんと聞いてみて下さいw

基本コミカルな感じで進むことが多いんだけど、終盤の2話とかはちゃんとシリアスな展開で良い感じで纏めてるんで最後まで楽しめる作品です。

まぁ気軽に楽しめる作品だと思うんで興味があったら是非見てみてください。

原作の方では色々と物議を醸し出していたけどアニメの方は普通に良い出来でしたよ。



以下Wikiより詳細情報抜粋。

■原作情報

作者 武梨えり

出版社 一迅社

掲載誌 Comic REX

発表期間 2006年1月号 – 連載中

巻数 既刊6巻

以下続刊

■アニメ情報

監督 山本寛

企画 夏目公一郎

原田修

シリーズ構成 倉田英之

脚本 倉田英之

本田透

高橋龍也

キャラクターデザイン 三間カケル

音楽 神前暁

アニメーション制作 A-1 Pictures

製作 アニプレックス

一迅社

放送局 放送局を参照

放送期間 2008年10月 – 2008年12月

話数 全13話

■主な声優情報

ナギ 声 – 戸松遥

御厨 仁 声 – 下野紘

青葉 つぐみ 声 – 沢城みゆき

ざんげ 声 – 花澤香菜

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*