3月 282013
 
この記事の所要時間: 533

どうも、ドラマとかで心情的に見てるのがツラいシーンはまともに見られない@kuronamaです。

ラブライブ!12話

昨日、いつも通りバンダイチャンネルでラブライブ!最新話を視聴した。
今回は12話ということで、衝撃のラストだった11話の続きということでどんな事になっているのか不安になりながらも視聴したのだが想像以上だった…。

というわけでいつもは画像を交えて紹介しているのだが、2回目の視聴が辛くてまだ見られてないのでテキストのみで感想というよりも色々思ったことを書こうと思う。
1回しか観ていないので時系列とかおかしいかもしれないけど勘弁。

穂乃果メイン

前回穂乃果が倒れた続きから始まり、YAZAWA先輩が続きをやろうと奮起するも結局ライブは中止。
後日、μ’sメンバーが穂乃果宅にお見舞いに訪れるが、ここのシーンの穂乃果ママの表情怖くて視聴者としてもビクビクしながら見てた。
結局穂乃果ママは穂乃果の性格をよく把握しており、おおよその検討は付いていたようで特にメンバーに対して責任を追及することは無かった。

良かった〜、と胸をなで下ろして見ていたのだが、穂乃果の見舞いシーンで衝撃の事実が…。
今回の事態を受けてμ’sが目標としていたラブライブへの参加を辞退したというのだ…。
たまにPCで確認するシーンが出てきてたあのランキングシステムはラブライブと完全に連動したものらしく、参加を辞退したことでランキングからもμ’sの名前は消えた。
見舞いが帰ったその日の夜にそれを確認して一人泣く穂乃果…。

とはいえアイドル研究部の活動はまだ続いているので、穂乃果が学校に復帰した辺りのタイミングでμ’sの活動も再開することに。
そんなとき校内に一枚の張り紙が。
なんと来年度の生徒の受付の案内が!
ということは来年度も学校の存続が決定したということで喜ぶμ’sメンバー。

特に学校存続のためにμ’sを結成した穂乃果の喜びは尋常ではなく、偶然見つけたことりちゃんに抱きついて喜びを爆発させる。
ところがことりちゃんは喜びながらも浮かない表情。

とりあえずμ’sの大きな目標を達成したということで、部室にて祝賀会が開かれた。
ほとんどのメンバーは喜びに満ちあふれており、特にかよちんなんか学校で白米を炊くほどw赤飯かよw
あとから振り返るとここが今回一番和やかなシーンだったかもしれない…。

祝賀会の中浮かない表情のことりちゃんと海未ちゃん。
前話から穂乃果に何か打ち明けようとしてできないでいたことりちゃんを見かねて、皆が浮かれる祝賀会の中、海未ちゃんがまたまた衝撃の事実を発表する。
「ことりが留学します」

ラブライブ辞退&メンバー脱退という危機をμ’sが襲う。
ことりちゃん留学の話をこのとき初めて聞いた穂乃果はことりちゃんを責める。
ことりちゃんは何度も話したかったがてめー話す隙無かったじゃねーか!とブチまけながら部室から走り去る。

穂乃果が調子に乗りすぎていた件はエリチカも言ってたけどメンバーにも責任があったのだろう。
特に印象に残っているのが前回、調子づく穂乃果に対して海未ちゃんが「ことりも何とか言ってやって下さい」と言ってた辺り。
穂乃キチ勢の中のお父さんポジションは海未ちゃんだと思っていたのだが、付き合いが長く普段はそれほどキツイことは言わないことりちゃんから窘められれば穂乃果も言うことを聞くと思ったのだろう。

だが恐らく例の留学の件で悩んでいたことりちゃんは結局穂乃果に強いことを言えず、結果更に穂乃果の増長を助長することになった。
なのでことりちゃんも色々考えてはいたんだろうけど、とりあえずはまず穂乃果に相談していればこのような辞退にはならなかったのかもしれない。
直接言いにくかったらメールでもいいしね!

実際何故メールという選択肢が出てこなかったのかちょっと疑問に思った。
まぁ大事な話だから直接話したかったというのと時期を選んだということだったのだろうが。

本編に戻るが、これで完全にやる気を無くした穂乃果。
まぁ確かに学校の存続は確定した以上、アイドル研究部の活動を続ける意味も無い。
メンバーのどうしたいのかという問いかけに「スクールアイドル辞めます」と今回3回目の衝撃が視聴者を襲う。
ふざけんじゃねー!とブチ切れるYAZAWA先輩。
立ち去ろうとする穂乃果。

そこで穂乃果の腕を捕り引き留めたのが海未ちゃん。
そして…


ビンタ!

スクリーンショット 2013-03-28 18.48.10



からの



「あなたは最低です!」

スクリーンショット 2013-03-28 19.17.56

やったッ!!さすが海未ちゃん!
おれたちにできない事を平然とやってのけるッ!
そこにシビれる!あこがれるゥ!
(AA略)

まとめ

ラストのシーンは流石に画像が無いと伝わらないと思ったので、このシーンだけ再生してきた。
前回に続いて穂乃果メインの話だった印象、今頃穂乃果スレの住人たちは「ウチの嫁が本当にすみません!」と他キャラスレに土下座出張しているのではないだろうか。

残り1話にしてこの衝撃の展開の数々、最後まで楽しませてくれますな…。
それにしてもこの12話のタイトルが「ともだち」というのがまた色々と考えさせられる…。

タイトルにもなっているラブライブへの出場の望みが断たれ、メンバーの脱退、実質的なリーダーのやる気喪失、メンバー間の対立と苦境に立たされたμ’sは一体どんなラストを迎えるのか…。
最終話の13話に期待!


  One Response to “ラブライブ!12話の感想を書こうと思ったら辛くてまともに書けなかった件”

  1. 「ラブライブ!12話の感想を書こうと思ったら辛くてまともに書けなかった件」の記事を書きました – http://t.co/FqPSb2ud1H

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*