3月 082013
 
この記事の所要時間: 532

どうも、日々の日課に「読書」を入れてるんだけどBlog更新したりラブライブ!関連の巡回したり巡回したり巡回したりでなかなか最近本が読めていない@kuronamaです。

iBookstore

先日、処理仕切れなかった過去分のGunosyを見てたらこんなニュースを見つけた。

Appleが日本の電子書籍参入、「iBookstore」日本語版オープン -INTERNET Watch


「へ〜、でも電子書籍はKindleとBookWalker(ファミ通専用)でだいたい間に合ってるからいいや。」と流しそうになったが、よく考えたらこれは全電子書籍事業者に対する挑戦状をAppleが叩きつけたように感じられた。電子書籍事業においては一つの書籍は各サービス間でだいたい価格が横並びになるため、独自性を打ち出すなら蔵書数や閲覧端末・アプリの使い勝手などになる。
ところがiBookstoreの場合はそれらの前提を打ち崩す、ある独自のメリットがあった。

iTunesカード

本記事のタイトルの「2〜3割」という部分でティンと来た人も多いだろうが、iBook書籍はiTunesからも購入できるのだ。
iTunesで購入できるということはiTunesカードが使える
これが非常に大きなメリットとなる。

iTunesカードは不定的に家電量販店やコンビニで還元セールが行われるのだ。
還元は各種ポイントや逆にiTunesカード残高の増額で行われたりするのだが、ヨドバシやビックカメラなど多いところだと25%も還元されたりする。
なので高還元セール時にiTunesカードを買い込んでおけば、他の電子書籍サービスと比べて割安で電子書籍を購入することができる。
ちなみにKindleとの価格差だが、ジョジョ カラー版 第1巻では、Kindle版の価格が473円。

iBookstoreでの価格は480円とほとんど価格差は無い。更に例えば25%オフでiTunesカードを購入していた場合は実質360円程度で購入することができる!
一昔前のジャンプコミックスとほぼ同じ価格でカラー電子版が手に入るというのは嬉しい。

ちなみに以下のサイトの情報によると今月(2013年3月)は、ノジマ・ゲオ・auショップ・ソフトバンクショップ・ヤマダ電機で16.6%の割引が行われているらしい。

iPodtouch完全活用 iTunesカード割引キャンペーン一覧~2013年3月編~


実際に購入してみた

と、ここまで仮定で書いてきたのだが、実際にiTunesカードの残高から引き落としされるのか検証してみた。

こちらがiTunesのブック画面、2013/03/07現在でiBookstore独占販売中らしいジョジョ4部のカラー版を購入してみる。
画像を見て貰うと分かるがこの時点でのiTunesカードの残高は7,340円。

スクリーンショット_13_03_07_21_53

で、こちらが購入後の画面、ダウンロード済みになってるので購入済みなのが分かると思う。
残高は6,860円となっており、ちゃんとiTunes残高で480円が決済されている!

スクリーンショット_13_03_07_21_56

iBookstoreの使い勝手

せっかくなので第3世代のiPadにてiBookstoreを使ってみた。

まずiBooksを起動したら、先ほど購入した書籍が読みたいので「コレクション > 購入済みのブック」を選択する。

カメラロール-98

ちゃんとジョジョ4部1巻が並んでる。

カメラロール-99

ところが読もうとするとiBooksのアップデートを促される。
カメラロール-100

最新のiBooks 3.1にアップデートする必要があるので、AppStoreからアップデートを行う。

カメラロール-101

アップデート後に改めて本をタップするとダウンロードが始まる、光回線&無線LAN環境では30秒くらいでDL完了した。
そしてキタ━━━━━━¥(゚∀゚)/━━━━━━ !!!!!

カメラロール-102

アプリの機能はこんな感じ、シンプルだけど漫画を読むには困らないかな。

カメラロール-108

ちなみに画面下部のページ移動は、タップするとミニビューが表示される。
表示するのに1秒程度のタイムラグがあるが、そもそもサムネイルもあるので表示遅延に関してはそれほど気にならなかった。

カメラロール-109

こちらは一覧画面、画面右上のボタンで一覧かしおり付与ページかを切り替えられる。

カメラロール-104

それにしてもやはりカラーは素晴らしいですなぁ。

カメラロール-103

カメラロール-105

本を読み終わるとKindleそっくりな画面がw
「レビューを書く」をタップするとAppStoreの該当商品に対してレビューが書ける。

カメラロール-106

「友だちに教える」をタップすると以下のようなメール作成画面が開いた、ここはKindleみたいにSNS連携の方が時代に則してると思った。

カメラロール-110

まとめ

個人的にはKindle paperwhiteが小説向けの端末なので漫画は別端末でもいいなぁと思っていたところに、iTunesカードの割引の適用というある意味電子書籍の価格破壊をやってのけたiBookstoreは非常に魅力的に映った。
利用サービスが分散することで閲覧端末自体もバラバラになるのはあまり好ましくないが、漫画と小説のようにジャンル単位で端末が分かれるというのであればそれほど不便も無いと思う。そもそもiPadであればiBookstoreもKindleも閲覧できるし。
とりあえずしばらくiBookstoreの蔵書の増加状況を見守りたいと思う。

  2 Responses to “Appleの電子書籍参入により、常に2〜3割引で電子書籍が買える!?”

  1. @BOOK_WALKER
    なるほど。わかりました。

    ちなみに、iOSを使う理由は、便利さというよりは安さですね。身も蓋もない理由でごめんなさい(−_−;)

    http://t.co/T867roa6n2

  2. 「Appleの電子書籍参入により、常に2〜3割引で電子書籍が買える!?」の記事を書きました – http://t.co/nwDFOIkSlE

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*