3月 032013
 
この記事の所要時間: 41

どうも、最近本当にラブライブ楽曲しか聴いていない@kuronamaです。

電撃ラブライブ!2学期

「電撃ラブライブ!2学期」を購入したので紹介したいと思う。
電撃ラブライブ!二学期とG'sマガジン四月号とメロン特典のクリアファイル。

ちなみに1ヶ月くらい前に出た1学期は、発売から半月くらい?で通販も含めてほぼ全滅でかなり入手困難になっていたので欲しいラブライバーは早めに確保した方がいいだろう。

μ’s活動日誌

冒頭の穂乃果が書いてるμ’s活動日誌はアニメBD第1巻初回版に付くオリジナル小説の一部。実際の特典ではこの続きと、ことり編・海未編が付くらしい。
内容としてはμ’sの活動資金がメンバーのおこづかいを持ち寄る貯金箱制ということが明らかになったりとちょっと面白かったw

アニメマスターガイド

最初に載ってる人物相関図がなかなか面白い。
あとはアニメ5話〜8話を8ページほど使って紹介している、個人的には「これからのSomeday」のキャラ毎の衣装の共通点なんかが目からウロコだった。
またアニメBD1巻収録内容の詳細も書いてあった。
Loveca+の絵柄がジャケットと同様のもので3ポイントあること、スマホアプリの限定シリアルコードが付くことはなかなか有用な情報だった。

あとiOS・Android等で配信されているアプリやきせかえテーマの紹介が1ページあった。
iPhoneではALARMしか出てないけどラブライバーなら是非!

ラブライブ! ALARM (Version 1.2) App
カテゴリ:エンターテインメント
価格:¥350 (最新価格はStoreで確認してください)
リリース日:2012/12/20
現Ver.の平均評価: (5.0 / 15件の評価)
通算の平均評価: (5.0 / 26件の評価)
 

μ’s Music Works

μ’sに関して17ページ使って特集してる。
冒頭2ページは各9人のキャスト紹介、次ページからはμ’s NewYear LoveLive2013の様子を画像満載で6ページに渡って紹介していた。
最後のページに演目が書いてあったのでBD特典を楽しみにしてる人は見ない方が良いかも。

その後2ページでμ’s Live Historyということで、2012年2月に開催されたμ’s First LoveLive!以降に開催されたライブ状況を紹介していた。
2012年は以下の5つのライブイベントに参加してたみたい、年平均すると約2ヶ月に1回なので結構多い印象。アニメ放映した今年はもっと増えてくれると嬉しいな。

  • μ’s First LoveLive!
  • ブシロード カードゲーム LIVE 2012
  • Animelo Summer Live 2012 -INFINITY∞-
  • TOKYO GAME SHOW 2012
  • DENGEKI MUSIC LIVE!! SWEET STAGE

最後にDiscographyが6ページ。
今では入手困難?なシングルの限定ジャケットやブックレットイラストが載っているため、アニメから入ったラブライバーにとっては嬉しい。
各CDの楽曲だけでなくドラマパートのタイトルも載っているので購入意欲がそそられる。

オマケページでLoveca+30ポイントで貰える部員証の絵柄が載ってた。1ポイント2000円換算で約6万円の価値をこのカードに見いだせれば君も立派なラブライバーだ!

これがラブライ部 部員証か…!

Wonderful Goods Collection Vol.2

お次はこれから発売されるグッズと、2010年〜2012年前半にリリースされたグッズの紹介。
ネット上でちょっと話題になったフルグラフィックTシャツも載ってたけど、これは明らかに飾るものだよねw

A47580D1-B648-4BC4-9BE0-29B5D602DA92

ちなみに初グッズは意外にもおまけシール付きゼリーだったらしいw
基本的に昔のグッズは入手困難なのでよだれを垂らしながら見よう。
あとはヴァイスシュヴァルツやスマホゲームの情報もあった。

公式コミック第2話

最後にモノクロで公式コミックの第2話が収録されてた。
水着袴コス!これは来るな!

まとめ

1学期はそれほど魅力的な内容ではなかったんだけど、今回はわりと見応えがあった気がする。
読者プレゼントで販促ポスターなんかも当たるのでラブライバーとしては是非とも狙いたいところ。

  One Response to “電撃ラブライブ2学期を購入・レビュー”

  1. 「電撃ラブライブ2学期を購入・レビュー」の記事を書きました – http://t.co/F5MF382mD5

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*