10月 062008
 
この記事の所要時間: 111

先月末辺りから見始めてたんだけどこれがまた良いアニメです。

原作は『キノの旅』で有名な時雨沢恵一の小説、『アリソン』と『リリアとトレイズ』です。

何で2タイトル?と思うかも知れないけどちゃんと話として繋がってます、まぁその辺は実際見てみるとよくわかるかと。

見始めた時点で既に最終話の2話前、24話まで放映されてたんだけどあんまり面白かったんで実質2,3日くらいで見終わりましたw

この作品の魅力を一言で表すのは難しいけどいくつか挙げるとしたら

・OP、ED含めた雰囲気の良さ

・1話ずつの目的がハッキリしててわかりやすい、展開も速いので飽きない

・原作からだろうけど伏線の使い方が非常に上手い

・声優陣

でしょうか。

とくに2番目に書いた話の作り方が上手かったのが大きいと思います。

今、原作の方も読み始めてるんだけど、アニメで削られているところとかはあるもののそれがアニメとしてのテンポの良さを保つためなら有りなんじゃないかなぁと思いました。

あと声優陣ですが全編通して出ている水樹奈々と山寺宏一がやっぱりいいですねぇ。

山寺宏一は攻殻やらビバップやらで結構聞いてたけど、水樹奈々はあんまり今まで意識して聞いてなかったけどいいですね。

なんか今更感漂う感想だけどw

そんなわけで前期アニメ内でマクロスFが名作とすれば、こちらは秀作といった出来だと思うんで興味があれば是非見てみてください。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*