1月 172013
 
この記事の所要時間: 246

拡張機能とgoogle検索の組み合わせで解決

どうも、MacでもWindowsでもiOSでもchromeを愛用している@kuronamaです。

先日、Amazonのマケプレでしか売ってない商品があったため注文したのだが、ヤマト運輸での配送とのことでメールで伝票番号が送られてきた。

マケプレではなくAmazon販売の商品であれば以下のように注文履歴から配送状況が把握できる。
佐川

だがマケプレからの購入だと、メールで送られてくる伝票番号をヤマト運輸のサイトで直接入力する必要があり面倒だ。
というわけでこれをなるべく簡単に行う方法を考えてみた。
ブラウザは自分が愛用しているchromeを対象としているが、Firefoxなら似たようなアドオンがあるので同じ方法でできると思う。

chromeの拡張機能「Drag & Drop Search」

前提としてchromeの拡張機能である「Drag & Drop Search」を利用する。
以下のリンク先の画像だけでは、どういう拡張機能かよく分からないかもしれない。
Chrome ウェブストア – Drag & Drop Search
簡単に説明すると、まず検索したい文字列を選択したらそのままドラッグする。そうすると予め登録した検索サイトへのリンクが画面の周囲に表示される。後は検索したいサイトの上までドラッグしていってドロップするだけだ。

googleの特殊検索機能

今回の記事を書くそもそものきっかけになったことなのだが、googleでヤマトと検索したら以下の説明が表示されていた。
ヤマト運輸02

実際、googleのサイトでも「番号による検索」として紹介されていた。ただAmazonでよく使われる佐川なんかでは提供されていない機能らしい。
ヤマト運輸01

実際に「ヤマト 伝票番号」で検索するとこうなる。
ヤマト運輸03
あとはリンクをクリックすれば「クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム」で配送状況が表示される。

「Drag & Drop Search」の設定

もうここまで来れば分かったと思うが、つまり「Drag & Drop Search」に上記の「ヤマト 伝票番号」で検索できるような設定を入れるわけだ。
実際に入力するURIは以下。

1
http://www.google.com.sg/search?&q=ヤマト

ヤマトの後ろには半角スペースを入れる。
これで伝票番号を選択して「Drag & Drop Search」に放り投げればgoogle検索されるため、あとは検索結果のリンクをクリックするだけで配送状況が表示されるようになる。

まとめ

まぁ大した内容ではないんだけど、個人的に便利だと思ったので紹介してみた。
ちなみにchromeで他に検索系拡張として有名な「Context Menu Search」では同じURIの登録方法では動作しなかった。
試したら単純に「ヤマト」だけでgoogle検索されてしまった…。
もしかするとなんか良い方法があるのかも。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*