4月 212011
 
この記事の所要時間: 323

ここ一週間ほどBlogも更新せず何をやっていたか。
ギャルゲーをやっていたんだよッ!


プレイしていたのはPSPアマガミと、箱◯CROSS†CHANNEL。


とりあえず発売日から遅れること1週間後に購入したアマガミの方を集中的にプレイしていた。
CROSS†CHANNELの方はさわりだけ見て、アマガミクリア後にやることにした。
で、延々アマガミをプレイし続けた結果ようやく全キャラのBESTエンドを見ることができた。
まぁ他にもいくつかエンドがあるので、まだまだ折り返し地点のような物だが。
ちなみに現状の各キャラの攻略状況はこんな感じ。
amarec20110421-214749
amarec20110421-214751
amarec20110421-214753
amarec20110421-214754
amarec20110421-214755
amarec20110421-214758
amarec20110421-214830


攻略した順番は
棚町薫→桜井梨穂子→七咲逢→絢辻詞→中多紗江→森島はるか
久しぶりにギャルゲーをプレイしたわけだが、どうも自分は昔から同級生悪友ポジションに弱いため初回攻略は棚町になった。
お次はちょっと迷ったがお手軽そうな桜井。
桜井が棚町に比べ単調だったためここらでモチベーションを保つために良さそうだった七咲を選択。
七咲でやる気を取り戻したので優等生っぽくてちょっとつまらなそうな絢辻へ。
森島先輩は最後に決めてたので紗江ちゃんを選択。
最後は主人公の思い入れが一番強そうな森島先輩という順番でプレイした。

振り返ってみると割と良い順番だったのではないかと思う。
まぁ最後は絢辻様でも良かったがw
そういや魅力的なサブキャラが結構いたのが印象的だった、特にこの方達。
amarec20110421-223251


※ここからネタバレ含む!

個人的な好みとしては、やはり森島先輩・絢辻様・七咲の三強となっている。
次点で薫、紗江ちゃん、梨穂子という感じ。
絢辻様至上主義をとってもいいんだけど、イベントの転換期が思ったよりも早かったため中盤から終盤にかけてちょっと中だるみしたかなぁというのが三強となっている要因。
逆に森島先輩と七咲は全体的に見てバランスが良かった、イベントCGも良かったし。
薫は全キャラの中で終盤一番ドラマチックな展開となるのでこの位置、わりとああいう展開は嫌いじゃない。
紗江ちゃんは従順な後輩というポジションのため若干物足りなくて、且つ主人公も終盤まで煮え切らなかったためちょっとイマイチだった。
梨穂子は幼馴染ポジションで特に大きな転換期も無かったためちょっと単調だったかなぁと、いや悪くはないんだけどね。


まぁそんなわけで結構楽しめた、まだまだ見てないイベントが結構あるので好感度調整しながら他のイベントも見ていきたいと思う。
最後にイベントCGネタバレ無しで魅力的な立ち絵&セリフ集を貼ってみる、イベント位置も書いておいてみる。

49-54
49_54

37-15
37_15

15-21
15_21

55-26
55_26_1

08-47
08_47

48-31
48_31

53-37
53_37


オマケ、このゲームの一番のキモ。絢辻様のヒミツイベント。

  2 Responses to “PSPアマガミ スキエピソード BESTクリア”

  1. みてる:(略)黒生鉄心の奇妙な日常 » PSPアマガミ スキエピソード BESTクリア http://kuronama.sakuratan.com/wp/?p=3301

  2. Blog更新!:PSPアマガミ スキエピソード BESTクリア – http://bit.ly/gsmMag

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*