8月 132011
 

クリア報告

やりごたえ十分

発売日からちまちまプレイしていたNDSのデビルサバイバー2をようやくクリアした。
シミュレーションというジャンル自体苦手で、且つ一度クリアするまで攻略情報未解禁、終盤になるべく悪魔全書を埋めるためにレベル上げをしていたら結局クリアレベルは77、クリア時間は50時間ほどかかった。
終盤のレベル上げで10時間以上費やしたので、普通にプレイすれば40時間かからないくらいかと思う。

ちなみにこちらがラスボス戦のメンバー、主人公は魔力カンストして体を物理反射が覚えられるまで、力はS烈攻の秘法が使える8、後は全部速に振った。
ちなみに前作もそうだが、本作もレベル補正が高いので終盤レベル上げをする際にはS烈攻の秘法を付ける事でそれほどレベルをあげずとも主人公のメギドラオンで雑魚の確殺が狙えるようになるためオススメ。
1000002131
1000002133
1000002132
1000002134

万能属性の強さは今回も健在だけど、今回の攻撃系でキラースキルなのが千烈突き。敵全体に2~7回物理攻撃を行うのだがヒット回数は速に依存し、消費HP量もそれほど多くない。
物理無効以上の耐性のある敵には貫通が必要になってくるが、物理耐性程度ならそのまま倒してしまえるほどの強さだった。

クリア後も更に楽しめる

本作はクリア後に色々と引き継ぐことができる。
悪魔全書などは普通に引き継げるのだが、スキルや悪魔を引き継いだり全書呼び出しボーナスなどを利用するにはクリア実績に応じたポイントが必要になる。
クリア実績というのが、どのエンディングを迎えたのかやどのキャラと仲良くなったかといった情報が累積されそれに応じてポイントがもらえるようになっている。
ポイントを利用することで先述のようなボーナスや経験値取得制限解放などゲームバランスに影響を与えるような特典も解放できる。
確か9月に3DSでリメイクされて発売する前作デビサバでも、リメイクに応じてこのクリア実績機能が追加されているらしい。

メギドラオンや千烈突きを習得した高レベルの悪魔を引き継げば、恐らく終盤まで困ることはないだろう。
ちなみ2周目から登場するボスや、上記クリア実績から解放するボスもいるため、全クリア実績達成を目指そうとすると相当なやりごたえとなっている。

オススメの一本

シミュレーションゲームをプレイしただけで蕁麻疹が出るとかそういう人以外ならとてもオススメの一本。
戦闘中の中断セーブや合体検索など色々とプレイしやすくなっているし、難易度は高いけど戦闘時のレベル補正が高いゲームなので最終的にはレベルさえ上げればなんとかなるようにできているので初心者も入りやすくなっていると思う。
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC2-%E7%89%B9%E5%85%B8-%E4%BC%8A%E8%97%A4%E8%B3%A2%E6%B2%BB%E2%98%85%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%81%E3%83%BC%E3%83%A0%E2%98%85%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%83%E3%82%AF-%E4%BB%AE%E7%A7%B0-%E4%BB%98%E3%81%8D/dp/B00503104M/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1313205710&sr=8-1
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%88%E3%83%A9%E3%82%B9-%E3%83%87%E3%83%93%E3%83%AB%E3%82%B5%E3%83%90%E3%82%A4%E3%83%90%E3%83%BC-%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF/dp/B004K6L0I6/ref=sr_1_3?ie=UTF8&qid=1313205710&sr=8-3

  One Response to “NDS デビルサバイバー2クリア”

  1. Blog更新!:NDS デビルサバイバー2クリア – http://t.co/Z8W82eQ

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*