1月 172011
 
この記事の所要時間: 224

ちょっと時間がかかってしまったが、今回は対アルバトリオン用の装備を紹介しようと思う。
アルバを簡単に倒す装備というよりは、部位破壊を狙う装備と考えて貰った方がいいかもしれない。
アルバの部位破壊で一番面倒なのは翼、次いで角だと思う。
翼は近接攻撃が届かず、弾属性がほとんど入らないため壊すのに苦労する部位だ。
角も狙いにくい上に、二段階破壊する必要があるため手間がかかる。


部位破壊を行う方法は幾つかあるが、基本的に遠距離武器を使った方が良いだろう。
振り向きに合わせてボウガンの散弾や、連射弓を撃てば角の破壊は比較的容易だ。
翼に関してはボウガンの拡散弾を撃つのが一番楽だろう。


では近接ではどうすればいいのか。
角・翼両破壊は難しいかもしれないが、片方くらいなら簡単に破壊できる装備を考えてみた。


■アルバ用片手睡眠爆破装備
(出典:頑シミュ?、お守り依存度:

1000001433
1000001435
1000001434


要は眠らせて、睡眠時の3倍ダメージでタル爆Gを当てましょうという装備だ。
ちなみに写真にある通り武器は片手のレムオルニスナイフ。
斬れ味はそれほど良くはないが、状態異常武器にしては攻撃力が低くなく火力にもそれなりに期待が持てる一品だ。
今回は聴覚保護の神おまを使っているので、お守り依存度は高だ。
ただ今回は咆吼が多いアルバに対して手数を増やすために高級耳栓を発動させただけなので、咆吼避けが確実にできる人や多少時間がかかっても良い人は他のスキルを付けても良いだろう。


やり方にもよるがだいたい睡眠爆破3回当てる頃にはアルバを倒すことができるだろう。
角は試したことがないが、確か翼は睡眠爆破2回で壊れたと思う。
ちなみに翼は睡眠時にタル爆を当てると左翼?にダメージが吸われる様なので、もう片方側の破壊は諦めるか、打ち上げタル爆を使おう。


立ち回りとしては横や背後からアルバの後ろ足のスネ辺りを狙ってひたすら切りまくる。
たまに方向転換時にひっかきをしてくるが、この攻撃自体はそれほど痛くない。
注意すべきはこのひっかきで吹っ飛ばされた後に、起き上がりに炎ブレスを重ねられた場合だ。
片手なら盾のガードが出来るので起き上がり直後にガードすれば致命傷は避けることが出来る。


基本的に貼り付きながら攻撃していればそれほど怖い攻撃は無いと思う。
浮遊状態になったら隙を見て閃光玉を食らわせて地上に落とそう。
確実に閃光玉を食らわせる事ができるタイミングは3連続猫パンチ後の威嚇が良いだろう。
場所が良ければ左右氷ブレス時にも当てることが出来ると思う。


「ボウガンなんか持ってねぇよ!」という方や「遠距離武器の立ち回りはどうも苦手」という方は試してみてはいかがだろうか。

  One Response to “MHP3日記 『対アルバトリオン用 片手装備』”

  1. Blog更新!:対アルバトリオン用 片手装備 – http://bit.ly/hPK0OC

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*