12月 202012
 
この記事の所要時間: 611

VITAの用途が更に広まる!

最近nasneを購入したのもあってリリースが待ち遠しかった「torne PS Vita」がついに本日リリースされた。本来は800円するソフトなのだが、2013/2/27まで限定で無料配信しているのでtorneやnasneを持っていたり近日中に購入予定の人は早めにダウンロードしておいた方がいいだろう。

PlayStationRVita専用TVアプリケーション「torne(トルネ)? PlayStationRVita」12月20日(木)配信開始期間限定でアプリケーションを無料配信 | プレイステーションR オフィシャルサイト



2012-12-20-120919

ちなみに「torne PS Vita」を利用するには2012/12/19に提供開始された、Vita用システムソフトウェアのバージョン2.02以上が必要なので予め本体をバージョンアップしておこう。

最初に簡単なまとめを書いておく。

  • PS3版torneアプリと遜色無い軽快な動作。
  • VITA上の記憶領域はuke-torneと共通。
  • uke-torneでは視聴する際はビデオアプリからだったが、torne PS Vitaから書き出すとビデオアプリには表示されずtorne PS Vita上からしか閲覧できない。
  • uke-torneで書き出した番組もtorne PS Vitaから視聴可能。
  • Wifi経由での放送中番組の視聴、録画番組の視聴は問題無くできる。
  • Wifi経由での書出は30分番組で10分程度、容量は350MB程度、フォーマットは「H.264/AVC,partial TS,720×480,29.97p,2Mbps」
  • タッチ操作が可能。

以降では「torne PS Vita」の初期設定や使い勝手について詳しく書いていく。


初期設定

VITAのスクリーンショット機能が無効化されていたのでiPhoneで撮影した画像で申し訳無いが、ここからは画像を交えて初期設定について書いていく。
前提として既に初期設定済みのnasneが存在するネットワークにVITAを接続した状態で起動している。

起動直後の画面、インターネット接続必須らしい。当然ながらnasneの検出と、トルミルの利用、後で紹介するがVITAのアクティベーションで必要だからだと思われる。
68A7EAE9-B7FE-4898-B124-39D5E719BF2E

同一ネットワーク上に存在するnasneを自動的に検出してくれる。
331ECEE4-BB93-45BC-83ED-31D7C2D60FBA

nasneの名前を変更するかどうか。
7C3AD3EE-D1DA-45FC-AD91-F8FF1C6203A0

チャンネルスキャンするかどうか、既に設定済みなら不要なので「いいえ」が初期選択されている。
2BED5C14-8ECB-4E17-97A6-DACCF9FE4865

地デジのチャンネルリスト。
CF863DCE-CB51-4CFB-9C2B-A5FC79D45F81

BSの有効設定。
E90E6B1D-14C4-4BA3-9410-BE8F2F0F53F6

BSのチャンネルリスト。
3DDE7186-A0D8-41C5-8A1C-2AECAAC31338

CSの有効設定。
239FDC59-1ABC-4A8F-8927-8853380B071C

CSのチャンネルリスト。
CDF91FED-3EAA-4472-B667-6513D7661BBD

トルミルとかのオンラインサービスについての説明。
DD48DF8C-57D2-4B9F-B52A-EE9396F6281A

トルミルとかのオンラインサービスの有効設定。
ED0AB388-3228-4344-8E5B-6FFFDECD1D14

トルミルの集計の際の性別設定?
9806FE77-5368-4F0C-A0E6-6C5BA453505D

トルミルの集計の際の年齢設定?
CC510374-B58E-45E3-8DD4-182AD24B11EF

インターネット経由のVitaのアクティベーション処理。
01525498-87CA-402E-A3F1-C340B9C0CCC5

アクティベーション完了。
CA0E839D-F410-4E99-9808-72407FF8F5DE

初期設定完了。
EF355A6C-29CC-4883-A3D6-5CEBD1775456

メモカ設定、既にuke-torneで使用領域を作っている場合は領域は共有なので新たな設定は不要。
D3B79C88-4CFD-4AED-A888-0FF5D6B3327A

初期設定後の画面、まんまPS3版のtorneアプリと同じ。
4994A6D9-F3A7-4790-8D10-D512F30C4354

ちなみに設定済みなので飛ばしたメモカ設定は、[セッティング] – [アプリケーション設定] – [メモリーカード設定]から行える。
EC6D587C-8DAC-4D52-9160-0E78E2CF56BF


PS3版のtorneアプリでnasneの初期設定したのとほとんど同じだった。
違うのはトルミル集計の設定とVitaのアクティベーションくらいかな?


使い勝手について

初期設定を見て分かる通りほとんどPS3版torneアプリと同様だった。
使い勝手についても同様でWifi経由と感じさせない軽快な操作が可能だった。
試しに放送中のテレビ番組の閲覧を行ってみたが、全く遅延等も無く快適な視聴ができた。


録画済みの番組についてだが、以下の画像のようにnasne上の物とVITA上の物で分けて表示される。
A747EC3F-8880-4001-B845-66FC7AAFC146

VITA上の物であれば当然ネットワークでnasneと繋がっていなくても視聴可能だ。
ちなみにnasneが存在しないネットワークに接続中は以下のようにnasneマークに赤×が表示される。
CC8B0F75-67D6-4A57-B19F-6895596BB69A


本ソフトの魅力の一つであるWifi経由の番組転送だが、自宅の環境では30分ほどの番組転送が9分くらいだった。
以下の画像は複数番組をまとめて転送したので分かり難いが、公式情報の目安としても「30分番組の転送が約10~15分」となっていた。
3012B28E-68A8-4B1D-947A-FD94C2C1E250

容量は目安で「1時間あたり約750MB」くらい、フォーマットは「H.264/AVC,partial TS,720×480,29.97p,2Mbps」とのこと。普通に視聴するのに問題無い画質だった。


本ソフトのもう一つの魅力であるWifi経由の録画番組視聴についてだが、試しに再生している状態を動画撮影してみた。
iPhoneで撮影したものをYoutubeにアップロードしたので実際のクオリティより低く見えるかもしれないが、最低でもこれくらいは動くという目安程度に見て欲しい。
3時間近くある番組でも5分単位の早送りが非常にスムーズに行えているのが分かると思う。


まとめ

正直あまり期待していなかったのだが、想像以上の素晴らしさだった。
ネットワーク環境にも依るのだろうが、うちの環境では有線LAN接続のPS3版torneアプリと全く遜色無く動いていた。
VITA単体で放送中のテレビ番組や録画番組が視聴できるので、これまで以上にnasneが使いやすくなるだろう。

VITA持っててnasne持ってない人はnasne買うべきだし、nasne持っててVITA持ってない人はVITA買うべきだし、両方持ってない人は両方買うべきだと思った。


  One Response to “ようやくリリースされた「torne PS Vita」を試してみた”

  1. Blog更新!:ようやくリリースされた「torne PS Vita」を試してみた – http://t.co/aC5BxoQi

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*