7月 112010
 
この記事の所要時間: 034

先日、2chまとめサイトで以下のスレまとめを読みました。

腹筋割る方法教えてくれ 働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww

2~3年前から通い始めたスポーツクラブにはもちろんまだ通っています。

ところが以前は自宅から勤務先の間に位置していたためよく通えていたのですが、勤務先が増えた影響でスポーツクラブに通える日数がほぼ半減してしまいました。

今のところ平均体重を保てていますが、これ以上の成果を望むなら自宅でも筋トレ等しないとマズいと思い先述のスレまとめを参考に自宅トレーニングを始めてみました。

今やっているのはまとめの中で紹介されていたコレ。



とりあえず4日ほど連続でやっているので三日坊主は免れましたw

個人的なメモも兼ねて上記動画についてちょっと書いてみます。

前提.ソファーや背の低いベッドなどがある、寝転がれるくらいのスペースがある。

  1. Knee Ups × 20…まずは手始め、比較的固めなソファーだとやりやすいっぽい。背中や肩は背もたれに付けない方が良いみたい。
  2. Leg Raises × 20…動画だと簡単そうに見えるでしょう?やってみると結構キツいです、特に下半身の肉付きが良い人には。ポイントは脚・腿を地面に付けないこと。
  3. Cycles × 20…よくあるヤツですね、そんなにキツくない。LegRaises後の休憩みたいなもんだろうか。
  4. Rest 10 – 20 seconds…Cyclesを終えた体勢で10秒~20秒休憩。
  5. Reverse Crunch × 20…曲げた状態の膝を、尻を上げながらそのまま胸の辺りまで持ってくる感じ。そんなにキツくはないかな。
  6. Leg on Couch Crunches × 20…ソファーに脚を乗せて、手のひらを膝の上でスライドさせる。結構キツい、なんか首からアゴにかけても鍛えられそう。
  7. Hip Thrusts × 20…仰向けの状態で肩を支えにして尻を上げる運動、下半身が重い人は首などへの負担もありそうなので無理しない方がいいです。
  8. Rest 10 – 20 seconds…ソファーに脚を乗せた状態で10秒~20秒休憩。
  9. Cross Crunch × 20(10 each side)…ソファーに脚を乗せた状態で左右への捻り腹筋を10回ずつ行う、脚が上に上がっている状態なので非常にキツい。
  10. Reach and Touch ×20(10 each side)…Cross Crunchの状態から両手を重ねて左右へ10回ずつ伸びを行う、しっかり肩を入れるのがポイントなんだろうがキツい。
  11. Cross Leg Reverse Crunch × 20(10 each side)…ソファーに脚を乗せた状態で四の字固めの状態?で、腹筋運動を左右10回ずつ行う、それほどキツくはない。

腹筋を鍛えることについてスポーツクラブのインストラクターにも少し聞いたんですが、やはり継続して行うことが大事だそうです。

他の筋肉と違い腹筋はそれほどインターバルを挟まなくても良いらしいので、毎日続けることが大事らしいです。

なので如何に上記の運動を毎日の習慣とするかが重要です。

自分の場合はとりあえず起床時に1回やってます、一日に2~3回やるのが良いらしいのであと1回やるとしたら会社から帰宅したときですかね。

基本的に食後は酒飲んだりする関係もあって続けてできないと思うので、そんな感じでやってます。

あともう一つ、例のスレでオススメされていたものが『フィットネスローラー』です。

XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナーTR H-7218 XYSTUS(ジスタス) スリムトレーナーTR H-7218
()
TOEI LIGHT(トーエイライト)

商品詳細を見る

こんなヤツ、安価に入手できる割りには腹筋を鍛えるにあたって非常に効果があります。

使い方は簡単、コイツを両手に持ったまま地面に付けて上下動するだけ。

初めてやる人は膝を付けた方がいい、というか膝を付けないと無理でしょうね。かくいう自分もたぶん膝付けないでやるのは無理…。

しっかり鍛えてある人だとこんな感じに直立状態からやれるそうです…。


上記に加えて腹筋割りたいなら、タンパク質を意識的に取ったりする必要も出てくるらしいですが、とりあえず引き締まった腹筋が手に入れられるよう頑張ってみたいと思います。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*