10月 022009
 
この記事の所要時間: 218


より大きな地図で 黒生的外食図 を表示

ちょっと間が空きましたがラーメン屋巡りの旅2軒目です。

今回お邪魔したのは衝動さんリクエストの『バス長ラーメン』、杭州飯店と同じ燕市内にあります。

場所はちょっと離れてて車で20分ほどだったかな、この間20分が貴重なインターバルです。

iPhoneの全力案内!が最初測位できてなかった関係で何故か2回目の杭州飯店来店などしたけど無事到着、杭州飯店は麺が食いであったんで正直腹減ってませんw果たしてラーメン1杯食えるんかいな?と思いながら入店。

店内の広さはそこそこ、カウンター席が数席と小上がりが3席ほどで奥の小上がり席に通されました。

早速注文したのですが、衝動さんがお目当てだった『かまたま』はなんと夜限定とのこと。スープの無いラーメンという珍しいヤツだったので自分も興味あったんだけど無いものは仕方ありません。

スープは醤油・味噌・塩と一通り揃っていたので、メニューからイチオシと見受けられた味噌ラーメン(780円)を注文しました。

注文後はいつもの通り水チェック、ここのお水はセミセルフ式でコップはテーブル備え付けで水は店員が持ってくるけど入れるのはお客さんでやってねという形。

飲んでみるとは今までの飲食店ではあまり味わったことの無い味、一緒にいた衝動さん・ぺ氏曰く硬水なんじゃないかとのこと。なるほどそれなら納得いきます、普段から硬度300程度の水を飲んでるんで味の違いには気づくものの硬度が低いといまいちわからないんですよね。

そんな感じで飲食店にしては珍しい硬水飲んでたらラーメンキター!

photo

具は味噌ラーメンとしてはオーソドックスな野菜いっぱいな感じです。

ちなみに上に載ってるネギは注文時にタマネギか長ネギかを聞かれます、タマネギが選択肢にくる辺り燕三条系ラーメンですね。

麺は弱い縮れで太さは普通。

スープは普通の味噌ラーメン、比較的アッサリでしょうか。

他のラーメンを食べた衝動さんやペ氏は結構お気に入りのようでしたが、黒生的味の好みとしては味噌は濃いめの味が好きなので東横まではいかないものの東光やまる七の味の方が好みなんですよね。

でも『かまたま』は気になるので機会があればまた是非来店したいですね。

そんなこんなでラーメン屋巡りの旅最後の『紳麺』に続きます。



バス長ラーメン – ラーメン、拉麺、支那そば(東光寺) [食べログ]

TEL:090-4006-7109

住所:新潟県三条市大字新堀1400-1

営業時間:[月・水~土] 11:00~14:00 17:00~22:00

[日] 11:00~14:00 17:00~21:00 スープがなくなり次第閉店

ランチ営業、日曜営業

定休日:火曜日

席数:40席

駐車場:有

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*