5月 312009
 
この記事の所要時間: 249

久しぶりのラーメン屋記事。

この間お気に入りのラーメン屋である泉貴に行ってきたんだけど食べたのは紹介したことあるしょうゆだったんで記事にはしませんでした。

ちなみに大盛り食べたんだけど店のおやっさん曰く「器はデカイけど中身はそんなに多くない」だそうです。

黒生の胃袋的にはかなり満腹になりましたがw

ラーメン屋 26店舗目は竹尾IC降りた赤道辺りに4月に移転してきた武吉兆です。


より大きな地図で 黒生的外食図 を表示

場所は確か以前紹介した伊蔵の跡地。

元々はとやのショッピングセンターにあったんだけどショッピングセンター全体が潰れたためこちらに移転してきたそうです。

確か南ジャスコとかの辺りにもあった気がする。

来店したのは平日の11:30頃。

客の入りはそこそこ、サラリーマン風の客が3組くらいいたかな。

この日はかなり暑かったためかお客の注文のつけ麺率が高かった気がしました。

もしかしたらつけ麺が名物なのかもしれないけど。

一応下調べしていって食べ応えがありそうな特製ラーメン(900円)と餃子(300円)を頼んでみました。

あとインパクトのあるメニューとしてはメガラーメンってのがあるんですが、メニュー見たらしばらくお休みってなってました。

ラーメン来るまでいつもの水チェック。

うん、水道水ではない普通の水。

氷も2つほど入ってます、最初の1杯は店員が出してくれてお代わりは自分でいれる方式です。

注文してから6分ほど待ってキター。

武吉兆  特製ラーメン

チャーシュー多ッw

でもその割に器が浅めで量自体はそこそこみたいです。

まずはスープを味わいます、しょうゆです、これでもかってくらい、ちょっとしょっぱいかも。

続いて麺を食します、ちぢれの無いストレート麺、気持ち太めでしょうか。

やっぱり量はちょっと少なめです、普通に食べてるとたぶんチャーシューの方が余ります。

具は見ての通りチャーシュー、ほうれんそう、のり、味玉とシンプルです。

まず味玉、中身はほどよく半熟ですが味はそんなに付いてません。

まぁスープ自体がしょっぱめだからちょうどいいのか。

のりは普通ののり。

続いてメインのチャーシュー、左3枚は普通のほどよく柔らかいチャーシューです。

右側2枚はちょっと小さめで炙りチャーシューになってます。

炙りの香りが独特なのでダメな人もいそうですね。

最後にほうれんそう、なんかやけに美味かったです。

茹で具合がちょうど良いのかちゃんと歯ごたえが残ってて良かったです。

ラーメンが来てから1分後くらいに餃子も来ました。

武吉兆 餃子

うん、普通の餃子。

皮はしっかりしてるし餡の熱さもほどほどで食べやすかったです。

逆にいえば特徴が無いとも言えるけどw

全体的に見て最近のよくあるラーメンといった感じですね。

まぁ名前の元にもなってる有名店 武蔵・吉相・一兆が全部そういった系統のラーメン屋なので当たり前っちゃ当たり前ですが。

そもそも自分自身上記3店舗がそんなに好みというわけでもない(一兆は比較的好きですが)ので、今回も個人的にそれほど期待はしなかったんですがまぁ予想通りでした。

でも吉相辺りと比べるとだいぶ食べやすいですね。

次行くことがあるかはわからないけどメガラーメンはネタ的に一度見てみたいですね。

あ、あと店員のおねーちゃんが3人くらいいたけど若かったのが良かったですw

こういうのは意外と大事なポイントだよねw

  One Response to “武吉兆(ラーメン屋 26店舗目)”

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    自分も先日舟さんと行って来ました。
    確かにフツーって感じだったね。
    職場近くて、通るといつも割と込んでたから
    結構期待してたけど、期待のしすぎだったかな。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*