4月 202008
 
この記事の所要時間: 225

最近会社のPCが新しくなってOSもWinXPからVistaに変わりましたよ。

どうも隣の部屋の住人のPCとか見てたらVistaが好きになれなくて、今年入ってから買った新PCもOSはわざわざXPを選択してました。

(まぁ原因の一つに各種ネトゲーのVista対応の遅さもあるんだけど)

で、会社のPCのOSがVistaになると聞いて正直ガッカリしてたんだけど、いざ使ってみると意外と悪くない。

自分が会社で主に使ってる以下のツールも問題無く使えるし。

・Firefox Portable

・Thunderbird Portable

・Charu3

・NanaTree

・k2Editor

・CLaunch

PCスペックもHomePremium(ドメインとか使わないのでBusinessは必要無かった)動かすには十分なんで特にストレスも感じないし。

まぁセキュリティ関係とかユーザ管理とか色々小うるさく感じることもあるけどまだ許容の範囲かなぁ。

とここまで書いたのは実は前置きで、ここからが今回の本題。

Vistaではデスクトップ上にWindowsサイドバーとガジェットってのが表示されます。

マイクロソフトの説明を引用すると

『ガジェットは一目でわかるように情報を提供し、頻繁に使用するツールに簡単にアクセスできるようにする使いやすい小さなプログラムです。』

とのこと。

まぁそんな感じでちょっとしたツールなんかを常駐させておくことができるんだけど、MS公式が提供するもの以外でもユーザが作ったものも追加するとことができます。

で、その中でも今回紹介したいのがコレ!

VistaFace

そもそもMacでCPU負荷とかメモリ使用率なんかを、既存のメーターとかではなく表情で表したMacFaceってソフトがあるんだけど、それのVista版です。

リンクページを見てもらうとわかるかと思うけど、実はデフォルト以外の顔パターンも画像を用意すれば使えるようになってます。

なんだけどコレが探してもなかなか~Face対応の画像が出てこない。

そんななかで見つけたのがなんとちゅるやさんVistaFace

(設定方法はリンク先の右上のuploderタブのup002.lzhを解凍、VistaFaceの設定で解凍したフォルダごと指定する)

ちゅるやFace


普段はにょろーんとしてるけど、いざCPU負荷が高まるとテンションが上がってくるというw

別に動きが無くても常に前面表示で画面の邪魔にならないとこに置いとくだけで和やかな気分になりますよ(●´ー`●)

ちなみに.NET Framework2.0入ってればVista以外のWindowsでも動かせるのでVista以外の方はこちらをど~ぞ。

(こちらの設定方法は解凍したフォルダをexeが入ってるフォルダに突っ込んで設定画面から選択)

なお今のところこのソフトについて会社の同僚からのツッコミはありませんw

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*