10月 022007
 
この記事の所要時間: 052

トリプルプレイ助悪郎 (講談社ノベルス ニJ- 19) トリプルプレイ助悪郎 (講談社ノベルス ニJ- 19)
西尾 維新 (2007/08)
講談社
この商品の詳細を見る

遅ればせながら西尾維新の「トリプルプレイ助悪郎」読み終わりました。

今回のは短めな上、文章のクセもそれほど無く読みやすかったです。

西尾維新入門にはちょうどいいかも。

内容についてちょっと触れますが多少ネタバレ含みます。

密室殺人については消去法でいけばすぐにわかるんですが、叙述トリックには引っかかりましたねぇ。

死因までもすぐに想像はできたんですけど、やっぱり通風孔の穴の大きさでちょっと引っかかってました。

というかああいう内容だと通風孔内部の構造が気になってくるんですが、ダストシュートみたいな構造ってことでいいのかな?

じゃないと死因とか成立しない気がするんだけど。

あと最後の「海藤」と「怪盗」、最初意味がわかんなくてネットで調べましたが…

ちょw誤変換多すぎだろwww

まぁとりあえずは久しぶりに西尾維新の推理物?読めたんで概ね満足です。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*