9月 042018
 
この記事の所要時間: 324

どうも、水着ガチャ以降はガチャ運が最悪な@kuronamaです…。


謎の島と絆の試練 超強敵クエスト

2018年9月3日(月) 17:00から超強敵クエストが開放されたので、攻略について考えていきたいと思う。/p>

敵の特徴

まず敵の特徴から見て行きたい。
image

  • 風(HP50万)、火(HP7.6万)、水(7.6万)
  • チャージは全部4
  • 攻撃するのは風だけ、単体でそれほど火力は高くない
  • 風は攻撃時にHPが50万回復&自身のチャージダウンする、火・水が倒されると自爆する(特に味方にダメージはない)
  • 火は通常時は風へのDEFバフやSPDバフ、チャージが貯まると全体にこんらん付与、魔法耐性が低い
  • 水は通常時は火へのDEFバフ、チャージが貯まると風へのATKバフ、物理耐性が低い
  • 元々相手のSPDが高めだが、バフにより更に早くなる


編成

敵の特徴を踏まえて編成を考えていく

  1. 配布の水ナイトはるか or 星5火ナイトはるか
    敵の火力は大したことないが、水を倒すときに出す土戦士を守るためと報酬の特攻のためにはるかを置いておくと良い
  2. 水魔法使い
    かなたがいれば報酬的に一番良いが、いなければ手持ちの一番強い水魔法使い
    敵の火属性を素早く倒さないと混乱を喰らって攻略に時間がかかるため火力が出せるキャラ
  3. 土以外なんでも
    メインのもう一人はわりとどんなキャラでもいいが、土属性だと初回の風攻撃でスタンさせらたりするのでスタメンで土キャラはやめておいた方がいい
    候補としては光戦士のトオルなどだろうか
    前述の水魔法使い&かなたで素早く敵の火属性を倒すのもアリだが、火属性のとっておき前に倒せればいいので報酬特攻を重視したキャラ選択でOK
  4. 控えキャラ
    土戦士のクレアが筆頭、敵の火属性を倒した後に水魔法使いと交代して敵の水属性を倒す役目
    とっておきを駆使すればクレア一人でなんとかなるレベルなので他の面子は報酬特攻を重視したキャラ選択でOK
  5. ゲスト
    報酬特攻を重視したキャラ、星5火ナイトはるかだと配布はるかが弱ったときにすぐ交代できるので便利
  6. きららスキル:まほうつかい
    敵の火属性を素早く倒すためMAT強化を使う

自分の場合は特攻キャラがクレアしか出なかったのでこんな感じでやっている。
image


戦法

  1. ナイトが通常攻撃を引きつける
  2. 星5水魔法使いのバフ&きららスキルで特大攻撃を使うと敵の火属性がスタン
  3. 水魔法使いの追い打ちで火属性を倒す
  4. 火属性を倒したら水魔法使いとクレア交代
  5. クレアのバフ・とっておきなどで水属性を倒す
  6. 風属性が自爆して終了

こんな感じで問題無く金冠が取れた。
image


報酬

だいたいこんな感じ。
image

何回かやってみたがだいたいボールが7-10枠、木の実?が6枠くらい。
自分の場合だと報酬特攻が少なく+4くらいないので1回辺りのボール入手は42-56個くらい。
エトワリウムの回収には4500個必要
チケットは平均でだいたい5戦に1枚くらいとして、収集クエのボールは2−5枠くらい
諸々を換算するとエトワリウム回収だけで、収集クエを150戦こなす必要があり、これをランク80のプレイヤーが金時計だけでこなす場合は38個ほど必要になる。
ただ自然回復のスタミナを注ぎ込むと132戦ほどできて、チケットが平均で26枚ほど出るのでこれだけでボールが3890個出る(はず)
なのでエトワリウム回収だけなら更に20戦ほどすれば回収は可能なはずだ。
まぁ更に星結晶で1050個、召喚チケットなどで更に必要になるので一通り回収するならさらに金時計を割る必要がある。


まとめ

さすがにオートは無理だが、思ったより楽で良かった。
また面白い点として邪魔な火属性を倒して僧侶を用意すれば、風属性を延々殴れるのでスキルレベル上げやとっておきレベル上げに良いらしい。 ただ全体攻撃をしてしまうと水を倒して終了してしまうので、対象となるのは単体攻撃持ちか回復持ちの僧侶に限定されてしまうが。
ゲストでもいいので水魔法使いさえ用意できれば金冠の敷居はさほど高くはないと思うので、それほどやりこんでいないユーザーも積極的に挑戦してみて欲しい。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*