10月 222013
 
この記事の所要時間: 58

どうも、相変わらず仕事・艦これ・MH4・寝るの生活を繰り返している@kuronamaです。

黒き竜たちの挟撃

最近上位でも使える匠装備を考えていたのだが、柔軟性を持たせるために匠珠が欲しいと思っていた。匠珠はスロ2使用で+1なのであまり割りは良くないのだが、それでも(匠+3装備)×3+匠珠みたいな組み合わせができるようになるためスキル発動の幅が広がるのが魅力だ。

その匠珠なのだが作成方法は2種類ある。一つはゴーヤ素材の恐暴竜の鉤爪を使う方法、もう一つは上位ダレン素材の荒々しい龍角と交換で手に入る炎戈竜の堅殻を使う方法だ。ただ前者のゴーヤはまだ上位武具が揃っていない状態でソロはちょっとキツイので後者を狙うことにした。

ダレン素材は余っていたので、問題は交換で得られる炎戈竜素材。
炎戈竜素材とラギア素材を交換できるようにするにはHR6の『高難度:黒き竜たちの挟撃』をクリアしなければならない…。

このクエは闘技場にてティガ亜種とジンオウガ亜種を同時に相手にしなければならないというかなりキツいクエだ。
実は以前ラギア素材が欲しいという・さんと一度だけこのクエをやったことがあるのだが、2人でも2匹同時に相手にするのは無理で速攻諦めた…。
ただ改めて調べてみたところソロでもクリアできるようなので以下のページを参考にさせて頂き攻略してみた。

直天堂のカステラ MH4 高難度:黒き竜たちの挟撃とラギア装備



装備

まず最重要の装備。
本当なら一撃が重いハンマーや、ヒットアンドアウェイが簡単な大剣などが向いているんだろうけど、大剣はほとんど持ってないしハンマーはあまり慣れてないので結局一番慣れている双剣で行くことにした。

スキル構成はまずなるべく短時間でクエを終わらせるために捕獲の見極めは必須、双剣は手数の多い武器なので斬れ味レベル+1と砥石も欲しい、というわけで以下のような組み合わせになった。

カメラロール-2663

本当は武器は水か雷が有効なんだけどあまり良い武器が無かったので素の攻撃力重視で爆砕の双刃にしてみた。
防具に関しては適当、匠以外は珠で+2できるので匠が付いててスロが空いてる装備を適当に組み合わせれば良いだろう。
ただこの組み合わせだと龍耐性が低いのでもうちょっとギザミとか上手く使うといいかもしれない。

アイテム

装備と同じくらい重要なアイテムは以下の通り。

カメラロール-2664
カメラロール-2665
カメラロール-2666

まず今回の最重要アイテムであるけむり玉を確実に調合するために調合書を4まで持ち込む。ちょっと勿体なく感じるかもしれないが、けむり玉は落とし穴と同じく調合確率75%なことを考えるとそうでもないと思う。
肉の代わりに強走薬Gを持ち込む、25分くらいで効果が切れるが一匹仕留めればあとは楽なので充分間に合うだろう。
捕獲の見極めのために忘れちゃいけないペイントボール、大タル爆弾の起爆にも使える。
あとはけむり玉の調合素材である素材玉+ツタの葉と、モドリ玉の調合素材であるドキドキキノコ。モドリ玉は緊急待避のために持ち込むが所持限度が1個なので素材だけ持ち込み現地で調合する。
閃光玉は捕獲用の罠を安全に仕掛けるために使用、ジンオウガの溜めを邪魔するのにも使えるらしい。

攻略

装備とアイテムが揃ったら攻略だ。
ちなみにメシは攻撃力UPにしてみた。

まずクエ開始後支給アイテムを回収したら、応急薬Gとモドリ玉を調合する。調合が終わったら強走薬Gを飲んで、アイテム欄をけむり玉に合わせて(アイテムショートカット使った方がいいかも)いざ戦場へ。

一応前述の参考ページでは右側入り口はジンオウガ、左側入り口はティガの近くと書いてあるが、たまに両方とも右側入り口から出た辺りにいるときがある。その場合はすぐにけむり玉を使い、先に倒したい方にだけ一撃なりペイントボールを食らわせてから遠くへ逃げると良いだろう。基本的にけむり玉の効果中はこちらから攻撃を仕掛けたりしない限りモンスターには気付かれないので、この方法で2匹を引き離せるはずだ。

最初から離れている場合はまずけむり玉を使った後に落とし穴を仕掛ける。モンスターに気付かせたら穴にハメて大タルGをお見舞いする、起爆は前述通りペイントボールで。あとはなるべく壁際でけむり玉を切らさないようにしながら(50秒ほどで煙幕が薄くなり60秒くらいで効果が切れるらしい)闘い捕獲するだけだ。

最初にどちらを相手にするかだが、自分は参考ページの通りティガを先に相手にしてみた。まぁどちらも結構派手に動き回るタイプなので闘い易い方を選べばいいと思う。ちなみにティガの場合はキレるとなかなか攻撃し辛くなるので、キレたら一度モドリ玉で戻って大人しくなるまで待つのも良いかもしれない。被弾の危険を減らし、けむり玉を有効活用するためにもキレてるときは無理に戦わない方が良いと思う。

とりあえずこんな感じで戦っていたら15分針前後でティガを捕獲することに成功。
あとはジンオウガを料理するだけ、まずシビレ罠にハメて尻尾を集中攻撃。なるべく尻尾を狙って上手いこと切断できたらだいぶ楽になるだろう。
亜種の場合は空中からの尻尾アタックや背中アタックを多用してきて、いずれも驚異的な攻撃力だが攻撃後は比較的スキが出来やすい。特に尻尾アタックは自分のいる場所から少し右にズレる程度で躱せるため、慣れると格好の攻撃チャンスになる。
そんなこんなで残り時間20分でジンオウガも捕獲完了で無事クリアできた。

カメラロール-2662

まとめ

あっさりクリアしたように書いたが、実際はハンマーで2回ほど行って諦めて、双剣で2回目のチャレンジでやっとクリアできた…。
ティガ亜種は以前からあまり変わりないから戦いやすいし、オウガ亜種は先日・さんにつきあって防具一式作成できるくらい倒したので闘い慣れてたのが良かったのかもしれない。他のモンスターだったら多分もっと時間がかかったと思う。
けむり玉戦法でクリアできないという人は両方と何回か戦ってみて戦い方を覚えると良いだろう。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*