1月 212012
 
この記事の所要時間: 28

ハンティングアクション

雑誌なんかで見てちょっと興味のあったVITAのラグナロクオデッセイの体験版が配布されていたので遊んでみた。スクリーンショットが撮れないタイトルなので文字のみで簡易レポート。
モンハンが元祖のハンティングアクションなんだけど、あそこまでリアルな作りではないので多分ゴッドイーター辺りに近いかも。わりと気軽に遊べる感じ。
体験版では3つのクエストが遊べる。雑魚のみが登場する物、オークキングの討伐、スコルの討伐の3つ。3つクリアするとムービーが流れてセーブ後にOPに戻る。
また最初にいるクエストカウンターから街に出て左に行くと酒場がある、ここはモンハンでいうところの集会場。マルチプレイ用だがソロでもプレイすることが出来てクエストカウンターの物より難易度が高くなっている。


システム

装備品は武器・胴防具・頭防具・カード・アイテム3つとなっている。
武器は同じ武器でも攻撃力が違ったりHPアップなどの特殊効果が付いていたりする。
頭防具は所持していないので分からないが胴防具は職業固有の物らしく、キャラクリエイト時に選択したカラーとカード装着枚数のみ表示されていた。胴防具には防御力という概念は無いのかも?
カードは胴防具(職業)ごとに装着できる枚数が決められていて、ソードウォーリアーは6枚、アサシンは8枚、クレリックは8枚。体験版では最初から攻撃力アップや鉄壁など幾つか持っているので色々試せる。
アイテムは主に回復ができるポーションを3種類まで装備することができる。


戦闘時の基本操作方法は弱攻撃・強攻撃・ステップ・ジャンプの4つ、他にロックオンなんかがあるがいまいち使いにくいので十字キーや右スティックで視点変更した方がやりやすい。
他にゲージが貯まるとダーインスレイヴモードが発動でき、この間は徐々にHPが減っていくが代わりにステップが高速になったり攻撃力が上がったりする。
あとソードウォリアーは強攻撃、アサシンは移動攻撃、クレリックは回復が使えたりする。


まとめ

武器やカードのおかげでカスタマイズ要素はわりと期待できそう。
ただやっぱりモンハンと比べるとイマイチ、モンハンはゴリ押しは基本無理なのでモンスターの行動を観察しながら攻めるという辺りが面白いのだが今作はゴリ押しできそうな感じなので飽きが早いかも。
まぁゲームとしてもそれなりに遊べそうだし、発売後のアップデートでオンラインも対応予定なので購入してみたいと思う。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*