12月 012011
 
この記事の所要時間: 431

久しぶりのマリカ

なんかマリオ3Dのときもこんな出だしだったようなwとりあえずWii以来久しぶりのマリカ。
なんだけど操作方法は基本的に変わっていないので戸惑うことなくプレイできた。
とりあえずまだ50ccの新しいコース全勝した程度なんだけど、簡単に感想など書いてみる。


新鮮さは無いが堅実な作り、安定した面白さ

もうサブタイトルで書いちゃった通りなんだけど、それほど新鮮さは無かった。
今作ならではのウリといえば恐らく、カートカスタマイズやグライダーの追加?なのだろうがカスタマイズに関してはまだパーツが揃っていないのである程度進めないと楽しめないと思う。グライダーはコースを走っていると幾つか使えそうなところがありそうなのだが、まだ全然走り込んでいないのであまり有効に使えていない。
そんな感じなので大抵のプレイヤーは初見プレイでも新鮮さを感じることはそれほど無いと思う。
3D立体視にしても上手く使っていて、オンのままプレイしても問題無いのだが3Dになって迫力が増したかというと微妙。もしかしたら150CCなんかはスピード感が一層増しているのかもしれないけど。


あまり良い事を書かなかったが、決して面白くないわけではない。いやむしろ既存システムを踏襲しつつ期待を裏切らない出来なので十分に楽しめる。
新しいコースについては特に面白かったのがワリオシップとレインボーロード。旧作からも恐らく16コースくらい引っ張ってきているのでシリーズのファンには嬉しいところだ。
新しいアイテムとしては7という表示の物が増えていた、取るとこうらやゲッソーなど色々なアイテムを一気に7つ入手できるもの。ちなみにこれを取った状態で雷などを食らうとその場にアイテムが落ちるのでえらいことになるw
オンラインに関しては、全世界の誰とでも対戦、フレンドとの対戦、すれ違ったユーザと対戦、コミュニティを作成・参加してコミュニティ内での対戦、と考え得る限りで十分な機能を有している。少しオンもやってみたが、初回にレース準備中にネットワークエラーでタイトルまで戻された以外は安定してプレイできた。


HORI製ハンドルアタッチメントについて

ソフトと同時発売のHORI製ハンドルアタッチメントをAmazonにて注文していたのだが、珍しくkonozamaを食らわずに当日に届いたのでこれについても触れてみる。
装着した見た目はこんな感じ。
E9ED9772-4CBC-42D4-B7C1-BFBA0D39220B
4B9E5D7B-1ED7-4906-97F9-B0E27D415C2C
ハンドルには3DSに付けるストラップが付属していて、ハンドルを付ける際に念のためハンドルにある穴にストラップを通して分解しないようにと書いてあった。実際使用してみると3DSを上下からしっかりと挟み込んでいるので、経年劣化かよほどの衝撃でも無い限り外れないと思う。
このアタッチメントの利点としては以下が挙げられるだろう。

  • 持つ部分が曲面になるため、より手にフィットする。
  • LRボタンの押下範囲が広くなる。
3DS自体があまり手になじむ形状ではないので装着時の使用感は期待していた以上に良かった。
LRボタンに関しても本体自体のボタンがそれほど大きく無いため、単純に押下範囲が広くなるのは嬉しい。キーストロークも本体と同程度の少し浅めな感じなので違和感無く利用できると思う。
HORIの回し者でも何でも無いが、本作をやりこむのであれば買って損は無いと思う。


まとめ

まだまだ全然プレイしていないのでとりあえずこんなところ。
そういえば面白かったのがパーツの追加がレース中に入手したコイン枚数によって増えていくところ、ただ漫然と勝ちを目指す以外に目的ができるというのはマンネリ防止にもなり良いと思った。
目新しさは薄いがやはり携帯機で気軽にネットワーク対戦がプレイできるのが本作の一番の魅力だと思う。あとはダウンロードプレイ対応なのでソフト1つあればあとは人数分の3DSを用意するだけで対戦できるのも魅力的だ。対人に特化しているのはレースゲームとしては嬉しいところだ。
3DSユーザなら間違いなく買いなタイトルだろう。

ちなみに3DSフレコードは【4854-6387-1500】 、お気軽に登録どうぞ。Twitterかこちらの記事にコメントを書いてもらえれば登録返します。コメント書く場所が分かりにくくて申し訳ないけど記事冒頭の右上部分です。

  One Response to “マリオカート7プレイ中&ハンドルアタッチメント簡易レビュー”

  1. Blog更新!:マリオカート7プレイ中&ハンドルアタッチメント簡易レビュー – http://t.co/PACp46uC

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*