6月 282011
 
この記事の所要時間: 159

以前はsilletteのメガネを愛用していて、ここ数年はそれプラスzoffのメガネを愛用していたんだけど、1年ほど前からそろそろメガネを新調しようと考えていた。
ただ普通のメガネは買うつもりが無く、前々から欲しかったless than humanというブランドのメガネを県内で唯一取扱いしている店舗があることをつい最近知ったため早速行ってきた。


このLess than humanというブランドはなかなか変わった形状のメガネを作っていて、実店舗では上記リンクの公式サイトで見るよりも色々なデザインのメガネを見ることができた。
幾つか気になった物があって迷ったんだけど、その中でもパッと見は普通なんだけど実はかなり特殊な形状のメガネである『CL2(塩素)』というメガネを購入した。
お値段はフレームだけで3万円なのでレンズ込みでそれなりに良い金額になった。
今日作ってもらったメガネ、less than humanのCL2(塩素)


正面から見ると黒フレームの普通のメガネだが、側面を見てもらうとちょっと変わってるのが分かると思う。
なんとこのメガネ、蝶番が無く厚さ1mm程度の薄い金属板であるシートメタル一枚を曲げて作られている。
そのため実は完全には折りたためないw一応ここまでは曲げる事ができる。
普通のメガネみたいだろ。コレ、折り畳めないんだぜ…。


当然普通のメガネケースには入らないので、このような専用ケースになっている。
何?このメガネケースw


レンズ近くの側面に細い針金のようなパーツがあるが、ここでツルの部分を曲げたり伸ばしたりすることができる。
装着するときは耳の後ろ部分で横から挟みこむような形になるのだが、特殊な形状のため普通のメガネと違い殆ど調整できる部分が無く合わない人もいるらしい。幸い自分は普通に装着できた、装着感は普通のメガネとあまり変わらない。
金属板ということで耳に当たる部分が痛そうに見えるが、よく見てもらうと耳に当たる部分に皮素材が当ててあるためしばらくかけていても特に痛みなどは感じ無かった。


ちなみにホントにどうでも良い情報なんだけど、引退後に朝青龍がよくメディアの前でかけていた白いメガネはこれの色違いらしいw
まぁ色によってレンズの形状が少し異なるので、完全に同じというわけではないんだけど。
パッと見のデザインは落ち着いていて、わりとどんなシーンでも使えそうなのでこれから愛用してきたいと思う。

  One Response to “Less than humanのメガネ『CL2(塩素)』を購入”

  1. Blog更新!:Less than humanのメガネ『CL2(塩素)』を購入 – http://bit.ly/iHILQW

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*