4月 302011
 
この記事の所要時間: 458

なかなか手を付けれていない最後の約束の物語(以下:最物語)だが、やっと最初の中ボスを倒すところまで進んだ。
パーティ構成はウォルフ(Lv.13)、ラシュディ(Lv.13)、サーシャ(Lv13)、カイン(Lv.11)。
ポイントはMP回復アイテムを惜しまないことと、サーシャ・カインの強化スキルだ。恐らくボスは蒼属性なので紅属性が効くはず、なのでサーシャの調律:美徳の不幸とカインの騎士の誓いで攻撃力を強化、その上でカインの揺らめく紅刃を使うと一撃で200ダメージ近く与えることができる。
あとは適度にMPとHPを回復していけば良い、敵対心コントロールは単一攻撃を行うときだけで十分だろう。


とりあえず気になっていた遠藤綾ボイスのマラルメも入ったので、この時点での各パーティキャラの特徴とオススメスキル、パーティ構成を考えてみたいと思う。


■ウォルフ(タンク・前列・重装)
高…HP・SP・VIT・MND
低…STR・AGI・DEX
序盤有用スキル…ディフェンスライン(ソードタウント3+ソードマスタリ5)

耐久力に優れスキルも敵対心を上げる物が多い典型的なタンク。素早さが低くSTRもそこそこなため攻撃よりも敵対心コントロールを優先した方が良い。
ディフェンスラインはターンの最初に発動し、後列も狙える横一列の敵対心を上げるスキルのため非常に有用。まずはこれをMAXまで上げれば強敵との戦いも安定すると思う。


■ラシュディ(アタッカー・後列・軽装)
高…MP・STR・AGI・DEX・INT
低…HP・SP・VIT
序盤有用スキル…氷刃Ⅰ(スナイプマスタリ1)

物理・魔導攻撃力共に高く、全体攻撃魔導をすぐに覚えられる。全体攻撃は敵対心を一気に集めてしまう、耐久が低いのでウォルフなどで敵対心をコントロールしてしっかり守ってあげよう。
有用スキルは迷ったが、序盤から複数の敵を相手にすることが多いので氷刃Ⅰを上げておくと便利だと思う。序盤は味方全体の能力を上げるスキルが無いので、敵の能力を下げる壊身・凶事も便利かもしれない。


■サーシャ(ヒーラー・前列・軽装)
高…DEX
低…HP・STR
序盤有用スキル…シングルリカバリ(ヒールマスタリ1)

初期メンバーで回復スキルが使える貴重なメンバー。
ラシュディさんよりSPは高いが耐久面ではほぼ同等、且つAGIの関係で序盤は攻撃して敵対心を上げた直後に攻撃を受けることが多い。攻撃力は高く無いので、場合によっては下手に攻撃させずガードさせた方が良いだろう。
有用スキルは何と言っても回復スキル、クイックリカバリは横一列なので若干使いにくさはあるがターンの最初に発動するので役に立つ。
本作の毒はMAXHPの割合ダメージらしいので、緊縛:残酷な女たちも覚えておくと攻撃面でも少しは役に立てる。パーティによっては前列に調律;美徳の不幸を使って攻撃力を上げるというのも良いだろう。
ちなみに上から68・49・67。


■ジャイロ(エンチャンター・後列・軽装)
高…HP・MP・AGI・DEX・INT
低…STR
序盤有用スキル…マイトキャスター・シールドキャスター・スマートキャスター(キャストマスタリ1)

途中から参加1。
AGIが非常に高いのでだいたい一番に攻撃できる、ただSTRが極端に低いので敵対心コントロールがしっかりできるなら両手に武器を持たせると良いだろう。
高い素早さとHPを活かして敵対心をあまり気にせずに緊急アイテム回復役が出来る点は優秀。
スキル面ではせっかくINTが高いので魔導攻撃を覚えさせたいが最低でもバレットマスタリが5以上必要になってくる。なのでとりあえずシールドキャスターなどを覚えて、敵対心が集中するウォルフを補佐すると良いかも。


■カイン(アタッカー・前列・重装)
高…HP・STR・VIT・MND
低…MP・AGI・DEX・INT
序盤有用スキル…騎士の誓い(プレートマスタリ1)

途中から参加2
敵対心コントロールの代わりに攻撃に特化したウォルフという感じ。
ただAGIとDEXが相当低いので若干使いにくさはある。
スキルは自らの攻撃力・防御力を上げる騎士の誓いをまず覚え、それから攻撃スキルを覚えると良い。
それぞれの属性が弱点の敵には大ダメージが期待できる。


■マラルメ(アタッカー兼エンチャンター・前列・軽装)
高…STR・DEX
低…VIT・INT・MND
序盤有用スキル…嘆きの右(デュアルマスタリ3)

途中から参加3。
見た目素早そうだがそれほどAGIは高くない。攻撃力とDEXが高く二刀流ができるのでアタッカーとしてはそれなりに優秀。ただ耐久面は不安なのでしっかりと敵対心をコントロールする必要がある。
スキルで目を引くのは大量のHPを使用して発動させる、剣千要塞。攻撃上昇と防御上昇があるが、例えばサーシャに調律:美徳の不幸を覚えさせているのであれば、光塵乱舞は捨てて夢幻光牢を覚えさせるとバランスが取れると思う。
有用そうな紅魔導属性攻撃を覚えるが、なにせINTが低いので物理攻撃スキルを優先した方が良いと思う。攻撃スキルは全て紅属性なので、紅属性低下が狙える嘆きの右を優先して覚えると良いと思う。
上から90!・69・91。


以上を踏まえたオススメのパーティ構成だが、ウォルフは外せないので残りの3人となるがまずはヒーラーのサーシャは入れておきたい。
あとの二人は好みだが、思い切って前列キャラであるカインとマラルメを入れて全員前列というのも面白いかもしれない。列攻撃には弱いが逆に言えば列回復・列強化がそのまま全体効果になるので上手くスキルを覚えればメリットの方が多い。
特にサーシャの調律:美徳の不幸とクイックリカバリが役に立つだろう。

  One Response to “最後の約束の物語 序盤パーティ考察”

  1. Blog更新!:最後の約束の物語 序盤パーティ考察 – http://bit.ly/jFSL3L

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*