6月 222010
 
この記事の所要時間: 310

ついに行ってきましたよ、4本目の親知らずの抜歯!

今回は前々回と同じく真横に生えたヤツの抜歯でした。

3本目の抜歯までは予後特に痛くもならなかったんですが、今回は親知らず自体が奥の方にあったらしく抜歯痕も深かったそうで抜歯後鈍痛に悩まされました。

痛み止めを飲もうかと思ったんですが、貰った痛み止めは3つで1つ飲んだら5時間空けなきゃいけないということで入眠に使おうと思い飲みませんでした。

食後に飲む消炎兼鎮痛剤を飲んだらだいぶ痛みが和らいだので、結局痛み止めのお世話にはなりませんでしたがね。

まぁ抜歯痕の周囲が今までに無く腫れて抜歯後二日経ってもまだ腫れてた上にちょっと熱持ってましたが。

とりあえず今はまだ歯茎を糸で縫われてるので、会話や食事が不自由ですが抜歯痕の熱も収まりそれなりに元気です。

さて前回は抜歯の様子を分かる範囲でお伝えしましたが、今回はせっかくなので別の視点から抜歯のお話をしようかと思います。

抜歯後の過ごし方ですが、まず麻酔が効いているうちにさっさと家に帰って安静にしましょう。

抜歯痕の具合や個人差にも依りますが、場合によっては耐え難い鈍痛に常時悩まされることもあります…。

そうなったときのために予め痛み止めの使用メモと、冷却シートを用意しておくといいでしょう。

痛み止めは一度飲むとある程度時間をおかなければいけないため、使用したら時間をメモしておくと次に飲める時間がすぐにわかります。

冷却シートは非常に重要です、基本的にこれらは額用なので頬を覆うには一枚では足りません。

なので横に二枚、アゴの下とアゴの横に沿って貼りましょう。

これがかなり強力で、自分の場合は貼る前後で痛みが体感で5分の1くらいになりました。

あとは医師からも注意されるはずですが、当日の入浴・飲酒は控えた方がいいでしょう。

他にも興奮するようなことをすると簡単に血が噴き出すので注意。

また最重要なのが抜歯痕を清潔に保つことです、とは言っても直接抜歯痕をゴシゴシやるわけにもいかないので抜歯痕側では物をあまり噛まず縫合糸に食べ物が絡まないようにすることが大事です。

歯磨きの際はあまり口を開けられないためになかなか大変なので、ヘッドの小さな旅行用などの歯ブラシがあると非常に楽です。

既に上記で触れていますが、抜歯後一番困ることといえば食事です。

抜歯痕の具合や個人差などあるのでなんとも言えませんが、歯茎を縫われてるような場合は抜歯当日はウイダーインゼリーなんかがオススメです。

あとやはり麺類ですね、なかなか口も開けづらいはずなので麺が太いうどんなんかよりもパスタや蕎麦、ラーメンなどが良いかと思います。

それらに飽きたらよく牛乳に浸したケロッグコーンフロストなども良いと思います。

なかなか食べられるものが制限されるためバランス良く栄養を摂取するのが難しいですが、抜糸する1週間くらいの辛抱です。

どうしても気になるならウイダーインゼリーのマルチビタミンとか摂るといいかも。

さて前回とは違った切り口で抜歯について触れてみましたが、そろそろ今回の本題に移りたいと思います。

まぁこの画像を見てくれないか。

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

えぇ、抜歯した歯を持って来ちゃいましたw

まぁあまり見ても面白いものでも無いので、以下追記にて公開します。

というわけで抜歯した歯の公開です。

一応水洗いしたんですが、血だらけのまま数日放置してたんでキレイになりませんでしたw

IMG_0621.JPG

4つに分かれてますが、これで1本の歯です。

横になってる親知らずは奥歯に接してるため普通に抜くスペースが無いので、まず頭を分割するんですな。

それにしても写真だけ撮ったらさっさと捨てようと思ってたのに、あんな可愛いケースに容れられたらなんか捨てられなくなっちゃったじゃないかw

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*