5月 292010
 
この記事の所要時間: 41

photo

タイトル通り乗ってきました、ビッグウェーブにw

実は調子に乗りすぎて多少不都合もあったんですが、その件については割愛します。

当初買うつもりは無かったんですが、前日辺りにTwitter内で徐々に高まるiPad熱にやられて買っちまいましたw


最近Twitter始めたお方からも「買うしかない!」って言われちゃったしw

というわけで最初から買う気なら事前予約するんですが、衝動買いとなったために当日分入荷が確認できたお店に行ってきました。

Twitter情報だとそのお店では予約開始日には数十人並んだらしいですが、当日は全然人がいませんでしたw

なので当日入荷分をあっさり入手w

置き時計的に使うことも多いと思うのでアクセサリーも買いました。

実は純正のケースとドックは、それぞれが同時着用できないらしいので今回は純正ケースを買いました。

純正ケースは本体を保護しながら、フタの部分を利用して立てかけたりできるので非常に便利です。

購入してiTunesとの同期が終わって早速壁紙を設定しました。

iPadはiPhoneと違いホーム画面に壁紙が設定できるんですよね~。

壁紙画像はもちろんiPhone界のプリンスBUTCHさんですw

photo

ちなみにiPadですが、iPodTouchがデカくなっただけだろう?という意見を良く聞きますが『その通りです』

でもね、実際その大きさで使い勝手が大幅に変わるの。

考えても見て下さいよ、例えばWindowsPCをiPhoneみたいな小さな画面で動かしたらできることなんかたかが知れてるでしょ。

それが逆になったらマルチウィンドウとか色々な使い方ができるじゃないですか。

まぁiPhoneOS3の時点ではサードパーティ製ソフトウェアにマルチタスクが解放されてないので、マルチウィンドウを実現するには単一アプリ内でやらなきゃいけないんですけどね。

まぁとりあえずデカくなって、使い方が広がったというわけです。

よくメディアに取り上げられてる電子書籍なんかもその一つですね。

もちろんiPhoneでも電子書籍アプリはありますが、やっぱり画面がデカイ方が単純に使いやすいです。

photo

あとは写真なんかが適正な解像度で閲覧できるってのも魅力的ですね。

iPhoneだと全体が見れるように表示するとどうしてもかなり縮小気味になってしまうので…。

photo

あとiPhone使いにとって嬉しい点と言えば、AppStoreが非常に見やすくなることですかね。

一画面で一通りの情報が閲覧できるようになってます。

photo

それにアップデート時は、iPhoneではタップしないと見れなかった更新情報が一覧で出てきます。

これはホントに神対応ですね~。

photo

iPod機能も画面がデカくなった分、歌詞の表示スペースが増えたのが嬉しいですね。

photo

あとSafariではアプリの切り替え無しにYoutubeが見れるようになってました。

iPhoneでは画面サイズの制限なんかもあって、Youtubeアプリが立ち上がってしまうのでSafariが落ちちゃう仕様だったんですよね。

photo

で、いくつかiPad用アプリも買ったわけですがまず真っ先に買ったのがこのミラーズエッジ。

元々PS3と箱○で出ていたものがiPadで移植されました。

そこ!+1000円くらい出せば据置機の方買えるんじゃ…とか突っ込まないw

photo

元々iPhoneで出ていたものがiPadに対応というケースもいくつかあります。

その代表格はやはりこのEvernoteですね。

無料で利用できるメモストレージなんですが、iPad版はiPhone版から更に使いやすくなってました。

photo

あと大きな画面で嫁が表示できるようになったのも嬉しいですねw

LOVE PLUS iR



photo

当初は「iPhoneあるからiPadいらね」と思ってたんですが、iPhoneユーザにもオススメのハードですね。

なぜならiPhoneで散々苦しめられた画面の小ささ故の操作し辛さなどがかなり解消されるため。

たぶん初めてiPhoneを触ったときのような感動がまた味わえると思います。

もちろん一般ユーザにもそれなりにオススメですね。

ただ普通のPCと同じだと思って購入するとFlashが非対応のため基本的にflvが閲覧できなかったりと不都合があるので、よくメリットとデメリットを見極める必要がありますが。

とは言え、iPhoneOSは一般のPCのOSと違ってカスタマイズ性に劣る代わりに滅多なことでは壊れないので、PC初心者なんかには安心して使えるという他のハードになかなか無いメリットもあります。

アプリもAppStoreから簡単に探せますしね。

というわけで初心者からiPhoneユーザまでオススメなiPadの紹介でした。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*