5月 072009
 
この記事の所要時間: 440

自分がプレイしてて思ったことや2chWikiに書いてあったことなんかをまとめてみます。

ちなみに5つ目のダンジョン『深淵の門』の辺りで書いてるんで、とりあえずクリア後に後編を書きたいと思います。

■全体を通して

・施設強化で重視するのは酒場と研究所。

酒場は強化すれば体力回復強化、雇用人数増加、不満度上昇軽減などメリットが多い。

研究所も精錬費用低下、精錬確率上昇、火薬威力上昇など費用面、戦闘面でメリットが多い。

特に酒場の不満度上昇軽減は、不満度MAXの再雇用費用が中盤以降で一人につき8000とか必要になるので効果が大きい。

あと鍛冶屋も強化することで修理費用が低下するためなかなか良い。

基本的に後半に行くほど金に困る印象なので費用対効果のある施設強化を心がけたいところ。

・金に困ったら。

素材を精錬しないで売る?

財宝探索して武具を売り払う。

こまめに施設強化する(施設強化1LVにつき日収入が500増える、施設の耐久値マイナスで減少あり。)

■チュートリアル~第13坑道

・チュートリアルを受けながら酒場が使えるようになったら、絶対に1部隊分雇用すること。

チュートリアルで第13坑道に部隊を送り込むものがあるけど、デフォでは1部隊送り込むと防衛が1部隊のみとなり施設が防衛しきれないので。

・雇用するキャラはとりあえずシーフ、ヒーラー、職人が各合計3人になるようにする、理由としては今後探索でそれぞれ必要になるため。

職人は施設修復でも活躍するので酒場が拡張できたらもう少し多めに雇っていいかも。

・ボスのラストバイターはかなり硬いので2部隊以上送り込むと楽、部隊が壊滅しそうになったら逃亡・待機してその間にもう1部隊で攻撃するといい。

■第21坑道

・武具はボロ~のままだと全然役に立たないので序盤は性能は重視しなくてもいいので数を揃えること。

・敵の侵攻が始まるとわかるけど13坑道の敵とは桁違いの強さなので、ある程度部隊の数を揃えておくと楽。

逆に言えばある程度の戦力を街の防衛に割きつつ、精鋭1、2部隊をゲート破壊に向けないとジリ貧になると思う。

・酒場のレベルを上げておくと後々楽。

■吸魔穴

・ダンジョン内を歩いてるとMPがだんだん減るらしいのでウィザード系キャラは不利。

・たぶん仲間に入っているだろうオブリがマクサ並に強いので活用すると楽。

あと黒生の大好きなトリニティたんも入ってると思うけど、施設とか武器が整うまではしばらく使えない子だと思う。

それらが整えば全キャラ中トップクラスの攻撃力を有するようになる。

・ユニークキャラ離脱イベント(銀の秘薬、オニキス)はそれぞれを見ないようにイベントを進めれば離脱が発生しない。

・この辺で衝撃の事実が判明すると思うけど頑張ろう。

■炎の迷宮

・ダンジョン内を歩いてるとHPがだんだん減る嫌らしいダンジョン。

ただし防具(アクセサリは除く)を全て布製品にするか防具を外すとHPが減らないので、侵攻させるPTには必ず布装備をさせること。

・ダンジョン内がかなり広いため高火力なキャラを用意すること、特にボス戦は4体出てくるうえ回復までしてくるので。

候補としてはマクサ、オブリ、クノイチ、大砲使い。

まぁ大砲使いは武器とか研究所レベルとか、実用するためには色々準備が必要だけど。

ちなみに火薬系武器の作成に必要な硝石の材料である『白い粉末』は第21坑道とかの採掘で稀に採れる。

・たぶんこの辺で転職できるようになってると思うけど、シーフはむやみにクノイチに転職させないこと。

クノイチになると罠解除できないので、とはいえクノイチの後列からの攻撃はかなり強力なので罠解除要員が用意できるなら転職させるのもアリ。

・この辺から罠がかなり痛いので罠解除スキル持ちを入れること、この時点でのオススメはシーフ。

冒険家はポーターからの転職だと罠解除確率が低いので、深淵の門以降の純粋培養冒険家を使うこと。

■深淵の門

・雑魚のラストバイターが脅威、恐らくだが攻撃を食らったキャラの武具の品質が著しく落ちるっぽい。

試しに2部隊を深淵の門に侵攻させた場合と派遣させない場合で修理料を比較したら7000ほど違った。

なので入り口周辺のゲート壊したら、無理に侵攻させず前ダンジョンなどを探索して戦力強化すると良い。

・炎の迷宮の財宝でボム系アイテムが出る、また採掘で白い粉末などが結構な確率で出る。

なのでこの辺からガンナー、大砲使いが本格運用できてくる、使用したいなら研究所のレベルをMAXまで上げることをオススメ。

あとwikiのデータとか見てオススメPT構成を考えてみた、実際使ったことない職もあるから実際どうかわからんけど。

■序盤侵攻PT…罠解除のシーフと回復役のヒーラー、支給薬をいくつか持たせればおk。

前列…アタッカー×2(R)

後列…シーフ・ヒーラー

■序盤探索PT…上記のアタッカーを職人にしただけ、後列はたぶん鉄板だよね。

前列…アタッカー・職人(R)

後列…シーフ・ヒーラー

■中盤以降バランスPT…ガードナイト・ブースター・シェフで回復、攻撃はガードナイトと大砲使いで。

前列…ガードナイト・ブースター(R)

後列…大砲使い・シェフ

■中盤以降高火力PT…MP消費の激しい火薬職をシェフでサポしつつヘビーナイトの隊長効果で威力底上げ。

前列…ヘビーナイト(R)・ガンナー

後列…大砲使い・シェフ

ちなみに防衛オススメPTは微妙なので考えなかった、戦闘領域の施設にもダメが行くことを考えると単純な火力特化型で良さそう。

ある程度防衛PTがいるなら待機時間でHP・MPの回復も賄えそうだし。

5月 072009
 
この記事の所要時間: 436

まぁ結局ロクなこともしてなかったわけですが、一応書いてみます。

■5/2(土)

以前からの予定通り仲間と飲む。

場所は豊栄駅前のちょこざいや菜々、オシャレな内装でなかなか良かったです。

メンバーは黒生、・さん、衝動さん、ぺ氏、I氏、士沙さん、管さんの7人。

いつもの如く士沙さんと・さん飲みすぎでしたw

飲んだ後・さん、衝動さん、I氏が黒生邸に来たんだけどなんか自分すぐ寝ちゃって気付いたときにはちょうどみんなが帰り始めるころでしたw

■5/3(日)

この日以降特に予定無し。

とりあえず前日の二日酔いか頭痛がしたので夕方頃まで寝てました。

夕方ぺ氏と衝動さんからモンハンのお誘いメールを受信、しばらくして・さんも交えていつも通り狩りを楽しみました。

ちょうどG級ミラ全種出してて、ぺ氏が強化中のドラゴンキラー系の素材が取れるってんでこの日はミラ祭りでした。

ミラはソロの方が動きを制御できるんで楽だけど、やっぱりパーティでやった方が楽しいですね。

めでたくぺ氏が封龍剣【真滅一門】完成させてました、ちなみに個人的にはミラ原種の剛角が全然来なくて剛弓強化できませんでした…。

まぁ、その後ソロで行ったら一回で4本出たのでいいんですが…。

そうそういつもの腹ごしらえで、いつも口直しのために利用しているフレッシュネスバーガーに行ってきました。

やっぱフレッシュネスのクラシックバーガーは美味いですね。

え?ベジタブル?そんなメニューあったっけ?

いや思わずそういわせたくなるほどの不味さでした、ベジタブル。

詳細は書きませんが、口直しのためのお店で更に口直ししたくなるとは思いませんでしたよ。

■5/4(月)

ホントは5日と連続でどっか行こうかと思ったけど、資金に不安があり且つ銀行側の都合で引き出しもできなかった状況だったので大人しく家でゲームしてました。

やってたのは前日からプレイしていたDSのマネジメントRPG『ダン←ダム』

概要はダムを守るゲーム、とよくわからん感じですがこれがかなり面白い!

開発が天誅・侍道シリーズのACQUIREということで発表当初から期待してたんだけど、ここまで面白いとは思いませんでしたよ。



さすがにDSなんでプレイ動画が全然無かったけど、システムとしてはWiiウェアとして出てたFFCCが結構近いかも。

部隊を編成してダンジョンに派遣して敵を倒したりアイテムを入手するといった感じ。

FFCCと違うことはダンジョンと街が繋がってて、ダンジョンで発生した敵がそのまま街に攻めてくること。

街にはいくつかの施設があって防衛しきれないと施設が破壊されて買い物とかができなくなる。

ちなみに職業の中には施設の復旧が得意な大工とかもあるので、色々な職業のキャラを育てるのが攻略への近道。

上記のPVとか説明で興味もった人は是非プレイしてみてください。

ストーリー性もそれなりにあるのでかなりの良作だと思います。

ちなみに黒生は現在5つ目のダンジョン、ストーリー的にも一変してちょうど面白くなってきた辺りですよ。

■5/5(火)

仕事の都合でGW最終日。

月曜日のアタマでも書いたけど予算不足で遠出は諦めたけど、さすがにずっと家にいるのはどうかと思ったので近場へ出かけてきました。

行ってきたのは小さな滝のある剣龍峡というところ。


より大きな地図で 写真スポット を表示

地図の位置はだいぶアバウトだけど、この辺の道を走ってると右手に「剣龍峡登山口」って看板が出てます。

一応登山口なんだけど、看板すぐ近くに小さな滝があります。

せっかくなので付近の写真をいくつか撮ってきました。

IMG_0049.JPG

IMG_0048.JPG

IMG_0044.JPG

IMG_0042.JPG

IMG_0079.JPG

IMG_0077.JPG

IMG_0076.JPG

IMG_0073.JPG

IMG_0070.JPG

IMG_0068.JPG

IMG_0066.JPG

IMG_0064.JPG

IMG_0062.JPG

IMG_0058.JPG

IMG_0053.JPG

趣のある橋や小さな神社、男根石とかあってなかなか良かったですよw

あとは帰りに福島潟にも寄ってみました。

IMG_0082.JPG

なんか福島潟を一望できる施設に登って写真撮ってきたんだけど、その途中で一組のカップルに出会いました。

展望台に出るカップル(女)「わぁ、すご~い」、カップル(男)「ホントだ、すごい景色だね~」







ゴメン、その意見には賛同できそうもない…。

恐らくお互いを気遣っての言葉なのか、それとも愛し合う二人の前ではどんな景色だって絶景なのか知らないけど入館料400円も払って見る景色じゃね~よ!

取り乱しました、景色に対する評価なんて人それぞれですよね…。

あとこの日は誕生日を普通にスルーした家族がなんかメシを奢ってくれるらしいんでご馳走になってきました。

場所は新潟駅南にある『新潟風物詩 ももふく』


より大きな地図で 黒生的外食図 を表示

落ち着いた雰囲気の店先。

IMG_0085.JPG

コース料理なんかが主だけど、一応単品料理で飲むことも十分できます。

料理は全体的に和風、酒も日本酒や焼酎が主だけどワインやカクテルなども一通り揃えてます。

あとソフトドリンクも結構豊富でした。

席は全て障子で区切られた個室でちょっと座高の高めな座椅子に腰掛けてのお食事となります。

とりあえず料理をうpしてみます。

IMG_0095.JPG

IMG_0094.JPG

IMG_0093.JPG

IMG_0091.JPG

IMG_0090.JPG

IMG_0088.JPG

IMG_0087.JPG

どの料理も程よい味付けで美味かったです。

酒は村祐の茜ラベルが美味かったですね、無ろ過本生と菊水のワンカップと同じような味わいで且つ飲みやすかったです。

四合瓶で3400円とまぁ安くはないですがオススメ。

平均予算が7000円程度と普通の居酒屋に比べると高めだけど、たまにはこういうお店でゆっくり飲むのもいいんじゃないでしょうか。

結果的には遠出はできなかったけどなかなか楽しいGWでした。