1月 032005
 

あけましておめでとうございまつ(●´ー`●)
12月30日からのblogをまとめて書こうと思っていたけど、先ほど不慮の事故で12月31日の途中までの分が消失したので続きから書きまつ(書き直す気ゼロ)
12月31日
旅館に到着
20050103222231s.jpg

わりと良い旅館です、料理もウマイし足湯等の施設も充実してるし
20050103222744s.jpg
20050103222755s.jpg

部屋からの景色も中々だったし
20050103223256s.jpg

風呂もちゃんと露天風呂があって、久しぶりにゆっくりできました。
1月1日
家に戻ってきて夕方から士沙さん・衝動さん・・さんとガソダム4人用等をやり、そこにペチを加えたメンバーで飲み屋へ
士沙さんの携帯を調査していた・さんが大ダメージを負い、横から覗いていた黒生も思わず「リアルじゃない…」と言いたくなるほどの衝撃を受ける(衝撃を受けた原因は実は・さんと異なる)
1月2日
昨日・さんがサムライキリシタンを黒生邸に忘れていてたぶんそれを取りに来るといった目的で電話をかけてきていたようだが、正直風邪ひいてしんどかったしこのゲームなら特に忘れていっても問題ないだろうと思いそのままひたすら寝る
1月3日
まだ風邪でしんどかったが多少は楽になったので先日古本屋で買った涼宮ハルヒの憂鬱を読んでいたら・さんから再度連絡が
「あいよ~」と返答しFateアレンジアルバム AVALONを焼いていると・さん登場
こちらは焼き焼きしつつハルヒを読んでいたら、・さんがどこいつをやり始めた。
・さんの反応を見るになかなか好評のようだ、途中「このトロ死んだ方がいい」と言われたが最高のほめ言葉だと思う。
なにやら怪しげな言葉をいくつか教えられたようだが、どうせネタしか教えないだろうから好き勝手やらせておく。
・さんが帰り際に予想通りサムライウエスタンを忘れそうになったのでしっかり持たせてやる。
やっぱどうでもいいんじゃないか?
そんな感じで・さんに教えてもらった。兄貴の館の更新分を読んだりして今に至る。
・さんが↑でネタにされてるゲームを士沙さんにプレゼントしたらどうかと言っていたが、さすがにそれはネタとしてもどうかと思う。
もしものとき言い訳できないし、さすがに可哀想だ。
むしろコチラで作成されているゲームをプレゼントした方がマシだと思う。
涼宮ハルヒについて
本屋でよく見かけるうえに、某古本屋で珍しくそこそこ新しい?小説が置いてあったので買ってみる。
内容は最初はフツーの学園モノかと思いきや、後半からトンデモな展開に。
多少文章にクセがあるような気がするが、西尾維新作品ほど強烈ではないのでわりと万人読めると思う。
だがスニーカー文庫大賞受賞という肩書きの割には、面白さとしてはそこそこ。
黒生の小説絶対評価基準である戯言シリーズを100とすると、70くらいの面白さ。
発想は悪くないんだけど、なんかちょっと詰め込みすぎた感がする。
まぁ朝比奈さんにはかなり萌えましたが(スーさん関連の朝比奈とは違う)
考えてみたら小説でここまで萌えたのも久しぶりかも
暇があったら萌え目的で読んでみるのも悪くないんじゃないでしょうか。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*