5月 262014
 
この記事の所要時間: 510

どうも、ご無沙汰してます。最近シアトリズムFFCCで忙しくてスポーツクラブ行くのサボってたらちょっと肥えたっぽい@kuronamaです。

無線LAN対応体重計

去年の年末辺りに以下の体重計を購入した。
当時国内メーカーではまだ実現していなかった(今はどうなのか知らない)、無線LAN対応で端末自身がAPと直接やりとりして体重等のデータをWebサービスにアップロードするという体重計だ。


今は上記の商品はAmazonが正式に取り扱っているが、当時はマケプレでしか取り扱っていなかった。
当時国内で市販されていたもので類似品というと、Android端末の近距離通信を利用してAndroid端末経由でWebサービスにアップロードするというものしか無かった。この手のものは比較的安価だったので購入して使っていたのだが、普段使いのスマホがiPhoneということもあっていちいちアップロードのためにAndroid端末を取り出すのが面倒過ぎて結局使わなくなってしまった。

Withingsの場合は体重計自身がAPとやりとりするので、ユーザーはただ体重計に乗るだけで済むので運用が非常にスマートだ。
体重の確認についても体重計に乗るだけで自動的に電源が入り測定、測定後はすぐに公式のWebサービスにデータがアップロードされてブラウザや専用のスマホアプリから体重などが確認できる。
iPhoneアプリの場合は新しいデータがサーバーにアップロードされるとアプリに通知が届くため、体重の確認を日課とする助けになる。

Health Mate by Withings – 歩数トラッカーとフィットネスコーチ (Version 2.1.0) App
カテゴリ:ヘルスケア/フィットネス
価格:無料
デベロッパ名:WiThings, S.A.S.
リリース日:2012/07/27
対応デバイス:
現Ver.の平均評価: (3 / 5件の評価)
通算の平均評価: (3 / 78件の評価)
Game Center:非対応
 

カメラロール-3853カメラロール-3854カメラロール-3855


というわけでここ数ヶ月ほどこの体重計を愛用していた。

iPhoneがしゃべった!

冒頭にも書いた通り、最近ちょっとスポーツクラブに行くのを怠っていたためか微妙に体重が増えていたようで、ある日体重を量ったらあまり超えたくない数値を超えてしまっていた。基本的に測定しているときは体重をいちいち見ずに後でアプリから閲覧しているのだが、体重測定から15分ほど経過した頃にiPhoneに1件の通知が…。

カメラロール-3856

iPhoneがしゃべった!

いやいやそういうわけではなく、色々なWebサービスを使う人なら通知のアイコンを見ただけでピンと来たと思うが、これは様々なWebサービスからのアクションを元に更に他のWebサービスや端末にアクションを起こさせるIFTTTというWebサービスのiPhoneアプリからの通知なのだ。

IFTTT (Version 2.0.0) App
カテゴリ:仕事効率化
価格:無料
デベロッパ名:IFTTT
リリース日:2013/07/11
対応デバイス:
現Ver.の平均評価: (3.5 / 7件の評価)
通算の平均評価: (4.5 / 154件の評価)
Game Center:非対応
 

数ヶ月前にIFTTTがWithingsの体重計に対応したので、物は試しと言うことであまり超えたくない体重の数値を閾値としてそれを超えたら通知するという設定をしていたのだった。
受け取りたくない通知を受け取って本来は落ち込むところなのだが、体重測定という元来わりとアナログ依りなアクションを元にデジタルの象徴とも言えるスマホに通知が来るという一連の流れを目の当たりにしてつい関心してしまったw


まとめとおまけ

まぁそんなわけでわりと面白いガジェットなので興味のある方は手を出してみては如何だろうか。

ちなみに体重計というとなるべく素の状態で測定したいということで脱衣所に置くことが多いと思う。ところがうちの場合は脱衣所とAPが遠かったため当初上手くデータがサーバーに遅れなかった。
そこでこのような中継器をかませたところ上手く通信してくれるようになった。


こちらの製品は準拠規格がIEEE802.11n、 IEEE802.11g、 IEEE802.11bの3つのため、最新のacなんかには対応していないが比較的安価で、且つコンパクトなのでオススメ。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*