3月 042014
 
この記事の所要時間: 448

どうも、DQM2で色々書きたいネタが貯まってるんだけどプレイの方に忙しくて一向にアウトプットできていない@kuronamaです。

所有一覧表

先週辺りから本格的にwifiすれ違いを始めて、ご当地スキルや、SSモンスターご褒美カギなんかを色々入手できるようになった。そこで欲しくなったのがそれらの所有を判別する一覧表。
特にご当地スキルに関しては恐らく某掲示板で一覧が画像で上げられたものが、まとめサイトなどで転載のみされている状況でテキストデータとしてまとめているところがほとんど無いようだった。某掲示板の質問スレでも聞いてみたが「言い出しっぺの法則」とありがたいお言葉を賜っただけだったので、手で書き出して所有状況を管理できるリストを自作してみた。

ご当地スキルリスト

共有用、ご当地スキル所有一覧リスト
https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0AmEoRF2DgQHXdDkyMUF5ck0tLUY0N19HVXdsSUxkVlE&usp=sharing


googleスプレッドシートで閲覧権限にて共有しているので、各個人のアカウントにコピーするなり、googleアカウントが無ければExcel等の形式でローカルに保存するなりして好きに使って貰えればと思う。
一番左の欄にチェックを付けることができて、チェックを付けていくと右上の残り数が減っていくようになっている。
ソート順はスキルの昇順なので探しやすいと思う。
あ、あとこの場を借りて一次データを公開してくれた方にはお礼を言いたい。

SSモンスターリスト

共有用、SSモンスター所有リスト
https://docs.google.com/spreadsheet/ccc?key=0AmEoRF2DgQHXdGNCeXFhV2lBV05idDUxN2EyS1NaV2c&usp=sharing


こちらも基本的な構成は上記のご当地スキル所有リストと同じだ。
ちなみにSSモンスターだけ作った理由だが、めぐりあいのカギの入手のために所有状況を把握したかったため。

Sまでは特別意識しなくとも30種類入手が達成できたのだが、SSは入手方法が特殊なものばかりなのできちんと管理しないとなかなか集まらない。というわけでこちらのリストでは名前・種族の他に入手方法も簡単に入力してみた。
自作カギとタマゴについてはわりと何でも出そうだが、とりあえず自分や他の情報源で確認できたものだけ○を付けている。
備考欄に関してはあくまで個人的な感想なので参考程度で。

ソート順については種族ごと、モンスター名の昇順になっている。というのも初回に使うときはライブラリから所有状況を把握して転記していくと思うが、まずライブラリの全てのモンスターでランクにて並び替えると同ランク内ではよくわからないソート順になる。そこで各種族ごとにランクで並び替えて確認することになると思うのだが、そういった使い方に最適化して作っている。一応種族ごとに赤枠で囲んでいるため少しは分かり易い?
あと入手方法について細かいところを幾つか。

配合についてはそのまま、位階とか特殊とかについてはほぼ特殊配合なので特別区別していない。

スカウトについてだが、これには幾つか種類がある。まずはオアシス・かいぞく・こおりの3世界にいる超巨大モンスター、あとは各世界にランダムで現れる他国のマスター、さいごのかぎでエスタークを倒した後に出てくるモンスター、他にもなんかあったような気がするけど大きく分けてこんなところ。ちなみにはぐれメタルキングは宿り木の世界のタコマスからスカウトできた。

イベントに関してはゲーム内イベントということ。例えばさいごのかぎのエスタークや闘技場のイベントバトルで入手できるメタルゴッデス、てんくうの世界の某所でイベント?があるスラ・ブラスター辺り。

すれ違いはヨドバシなどのカンダタシリーズなど。

配信は自宅wifiのプレゼント受取で入手できるスラリン船など。

カギとタマゴはそのままだが前述通り確認が取れているもののみ○を付けている。

まとめ

というわけで自作リストでチェックを付けていってみたところ、ご当地スキルは全47個中34個所持していて残り13個、SSモンスターは現在19種類所持していてカギ入手まで残り11種類だった。
もうちょっとなので引き続き頑張ろうと思う。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*