9月 162013
 
この記事の所要時間: 514

どうも、絶賛モンハンプレイ中のkuronama です。

MH4

前作に当たるMH3Gなんかは結局あまり遊ばなかったんだけど、新シリーズが出たら手を出したくなるのはゲーマーの性ということでMH4を購入して発売日から遊んでいる。
3DS自体は持っていたんだけど、LLのみに対応したハンティングパッドというのがサードパーティから発売されていたので、これを機にLLデビューしようと思い同梱版を購入した。

カメラロール-2372


同梱版アイルーホワイトに関してはデザインが可愛いので満足。
ハンティングパッドについてはL1の位置にアナログパッドが付いていて、それで視点変更ができるというもの。操作にちょっと慣れが必要だけど十字キーを使ったり、純正拡張スライドパッドを使うよりはながら操作ができるので良いと思う。ただパッドの表面に滑り止めが無かったり、パッド自体が回転してしまうのでLやターゲッティングで視点変更は充分という人には不要かも。


進行具合

ではここからは今回のシステムを進行具合も交えつつ紹介したいと思う。
まずこちら、すっかり鳥竜種の顔になったドスジャギィさん。

カメラロール-2374

今回の追加システムの一つ「乗り」、そのまんまだがモンスターに乗ることができる。
カメラロール-2377

今作はちょっとした段差などでもジャンプ攻撃が出せるようになっているのだが、ジャンプ攻撃を大型モンスターに当てることでたまにモンスターに乗ることができる。モンスターが暴れているときはRで耐え、それ以外はXを連打することでゲージが溜まっていき満タンになるとモンスターが転倒状態になる。モンスターによっては部位破壊もできるようだ。

こちらは序盤のオススメ装備のジャギィ一式とハンマー。
カメラロール-2385

カメラロール-2386

ジャギィ一式は砥石高速化が使えるため片手剣や双剣などの手数の多い武器と特に相性が良い、あと簡単に作成できるのも魅力。
ハンマーは序盤に多く出てくる鳥竜種などを相手にするのにオススメ。威力が高く、頭部の部位破壊が狙いやすく、スタン状態にもできる。またMHシリーズの戦闘で重要なスタミナの管理も勉強できるので初心者にオススメだ。

こちらは新モンスターのアルセルタス、見ての通りのカブトムシ。頭部のツノが部位破壊できる。
泥団子を吐いてきたり、突進してきたり、爪で薙いできたりするがそれほど強くは無い。地形的に乗り易い場所が多いのもあり苦戦はしないと思う。

カメラロール-2388

弱るとマップ7の岸壁で休む模様、休んでいる岸壁からBで落ちてジャンプ攻撃を当ててやると良いだろう。

カメラロール-2389

こちらは新しいシステムの探索。
探索ではギルドクエストというものをクリアすることになる。このギルドクエストはクエストをクリアすることで更新され、毎回異なった物が表示される。出てくるモンスターや報酬も毎回異なる。またクリア済みのギルドクエストは登録することで集会所で再度受けることができたり、すれ違い通信で他プレイヤーに配布することができる。一通り遊んだ後はこのギルドクエストでレアなものを探すという感じになるのではないだろうか。

カメラロール-2391

こちらはクック先生のギルドクエスト。
カメラロール-2399

先生久しぶり!
カメラロール-2401

レアなギルドクエストではこのような発掘装備というものが手に入ったりする。
カメラロール-2402

こちらは新規モンスターのケチャワチャ。天上からぶら下がったりしてなかなか面倒なモンスター、とはいえ強力な攻撃などは無かったと思うのでそれほど苦戦しないはず。

カメラロール-2407

こちらも新規モンスターのテツカブラ。いわゆるカエル。

カメラロール-2412

泥のようなものを吐いたり、突進したり、横に体当たりしてきたりする。一番気を付ける必要があるのが、地面から岩をえぐり出す攻撃?岩をそのまま放置するパターンと岩を咥えてかみ砕くパターンがあるが、岩が破壊される際にかなりの威力の当たり判定があるので注意。ちなみに岩をかみ砕いた後はしばらく無防備になるので攻撃のチャンス。

まとめ

とりあえずこんなところ。
現在は楽なのでハンマーをメインで使っているが、ちょうど昔メインで使っていた双剣のツインチェーンソーが出来たのでこれからは双剣もボチボチ使っていきたいと思う。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*