9月 222011
 
この記事の所要時間: 44

上記リンクのレビューで★1が多いのは、ライトゲーマーとネガキャンが混じってるのであまり気にしない方が良い。

タイトル、まだ昼じゃねーかというツッコミは無しの方向でw


久しぶりの絶望

というわけで今月自分が購入する中では最大の期待作(日程等の都合でテイルズは買わなかった)、ダークソウルを購入してちょっとプレイしてみた。
前作のデモンズソウルは発売から少しして、高難易度という評判を聞いてプレイしたものの途中で他のゲームやったりで結局放置しちゃったのでシリーズのプレイは久しぶりだった。

まず最初、キャラメイクなのだがやっぱり結構時間がかかった。
難易度が高いことは承知の上なので、最初の職業選択にはかなり慎重になった。
確か初期装備が貧弱な持たざる者が、レベルのわりに初期パラメータが優れているらしいのだが、初回プレイはもっと普通の職業を選ぼうと思っていた。
このシリーズは死に覚えが基本だと思うが、やはりなるべくなら死にたくない。
ということで体力や耐久力がそれなりに優れていて、筋力抜群の山賊を選んでみた。

ちなみに性別は、普段なら大抵女性を選ぶのだが、本作の膨大なカスタマイズ項目を上手いこと使ってまともな女性の顔を作る自信も気力も無かったので普通に男性キャラにした。


プレイし始めた最初のダンジョンはチュートリアルのようなもので、あちこちに操作説明のメッセージがあり、敵もさほど強くは無かった。
最初にいきなりボスと遭遇するが、初回ではまともに倒す手段を持たないので逃げるようメッセージがあったのが流石と思わせた。
最初から全部の敵を倒すようなゲームでは無かったと思うし、この辺はゲーム難易度に合わせたチュートリアルだなぁと。


ボスを倒すと、別の舞台に連れて行かれていよいよ本番が始まる。
序盤から行けるところは恐らく上の方に行くか、エレベーターで下に行くかだが、まず上の方に行ってみた。
結構雑魚が出てくるが職業のおかげか、ダメージもそこそこで順調に進んでいった。
が、一つ目の灯火の辺りでまず一度死亡…。
遠投されてくる火炎壷をやり過ごすため、橋を駆け抜け不用意に暗がりに飛び込んだところ、5~6体ほどの敵に袋叩きに遭い敢え無く死亡…。
何回か死んでから暗がりに入る直前且つ壷が届かない位置で、一度敵が出てくるのを待つことで各個撃破してようやく先へ進めるようになった。


その後、地下へ続く階段を慎重に進んでいくと説明書にもあった黒騎士が待ち構えていた。
一応準備はしていって近づいてみたところ一撃貰い、体力が一気に3分の2程度減ったのでこりゃ厳しいということでお宝だけ頂いて逃走。
灯火まで逃げれば大丈夫かと思いきや、しっかりと追ってきやがってまた死亡w
とりあえず取る物取ったので黒騎士は放置で、今度は上に進んでいくとなんかやたらデカイデーモンに遭遇。
どう見てもボスです本当に(ry
とりあえず軽く攻撃してみる、一応少ないながらもダメージは入るので倒せるらしい。
とりあえず軽く攻撃を受けてみる、一撃で半分くらい減るので自分の腕では倒せないらしい…。
まぁ初見は仕方ないわなぁと思い死に戻って、再び挑んでみる。
攻撃パターンさえ分かれば倒せそうだけど、それが分からないと回復のタイミングも図れないので厳しいなぁと…。
ひとまずこの辺まで進んだ。


フリーズについて

噂になっているフリーズについてだが、2~3時間プレイした中では一度も発生しなかった。
ただ最初プレイして1時間ほど経過したところで、いきなりPS3のファンが今まで聴いたことも無い勢いで高回転で回りだした。
PS3を再起動したら元に戻ったが、これはちょっと気になる事象だった。
幸いそれからは再現しなかったので一時的なものだったのかも。


まとめ

まだ序盤なんでなんとも言えないけど、まぁ辛口のゲームが好きな人にはオススメなんじゃないですかね。
ただ雑誌等の評判がかなり高かったので、ライトゲーマーが参入して心を折られて即売りとかありそうなので中古値下がりは案外早かったりして。

  3 Responses to “ダークソウル プレイ1夜目”

  1. なんかオンラインだと固まることがあるみたいで、今オンライン停止して対応中みたい。
    記事書いたあとまた数時間ほどオフでプレイしたけど、やっぱりオフだと全然問題無かった。

  2. 興味はあるがほかにもゲームが出過ぎてな…
    なんでこんなに固まってるんだか

  3. Blog更新!:ダークソウル プレイ1夜目 – http://t.co/HB3grK66

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*