12月 162012
 
この記事の所要時間: 326

スタンプ帳で知ったお店

先日のスタンプ帳で知ったお店である「麺kitchen ふくすけ」へ行って来た。

新潟ラーメン まるトク 三段スタンプ帳 新潟・下越版を買ってみた » 黒生鉄心の奇妙な日常 | 黒生鉄心の奇妙な日常



場所は東区の空港西、空港前通りを新発田側から来た場合は、ほも弁の先の信号を右折してちょっと進んだ辺り。


より大きな地図で 黒生的外食図・麺 を表示

来店したのは平日の13時頃だったが、スタンプ効果なのか狭い店内は客でいっぱいだった。
おしゃれな内装とは裏腹に客層はおっちゃんが多い感じだった。


極み 油そば

メニューを見ると「商品を撮影するときは許可を得て下さい」と書いてあった、たまにこういう店舗を見かけるがこちらは店員さんに聞いたところ快く許可を頂けた。
というわけでメニューは以下の通り、色々あって迷う。

95280A36-10CD-48E3-8F6A-6F66248530DA

18F9D84F-6BE8-47E0-B8A7-70E091CA2591

大まかなカテゴリとして「あっさり細麺」、「ガッツリ&こってり系中太麺」、「数量限定麺」の3つに分かれているらしい。
スタンプ帳では魚介油そばが大きく紹介されていたのでそれにしようとメニューを見ると、すぐ下に「極み 油そば」というのがあった。
魚介油そばが魚介ベースなのに対して、極み 油そばはさば節ベースということらしい。魚介系は結構好きなのだがさば節ベースというのはあまり食べたことが無かったので「極み 油そば」の方を注文した。
ちなみにスタンプ帳を使う際は事前に店員に注文と一緒にスタンプ帳を見せる必要がある、サービス内容によってはメニューが制限されるのでそのための配慮だろう。

油そばは特注太麺を使っているということで茹で時間6分弱・調理時間10分少々かかるとメニューに書いてあったが、店員からも時間がかかりますが良いですかと聞かれた。空腹は最高のスパイスというしここは喜んで待つことにした。

いつも通りの水チェックで普通の水だなぁと思いながらTwitterで暇つぶししてたらキター!

9EB8A2AC-8E8D-448F-95AE-D524E4122AF1

立派なチャーシューが2枚に野菜がこんもりと盛られた食いでのありそうな油そばだ。
写真には写っていないが生卵も付いてきて、店員の説明では途中で生卵を入れることで味を変えて楽しむことができるそうだ。


店員のアドバイス通り念入りにかき混ぜてから早速頂く!
太麺にスープが絡みなかなか美味い。
味付け自体は濃いめで多少しょっぱいのだが、ただしょっぱいだけでなくさば節?の甘みも感じる。
さば節ベースということで、通常の魚介ベースよりもアッサリなのかそれほど魚介風味は強くないように感じた。
もやしなどの野菜はシャキシャキして歯応えが良い。
チャーシューはそれなりの厚さのある炙りチャーシュー、脂身部分もそこそこあったので少し好き嫌いが分かれるかもしれない。


52A1F714-00AE-4522-BCBE-FAB345CDA6EA

半分ほど食べたところで卵を投入!
卵一つでどれほど味が変わるのかと半信半疑で一口。

先ほどとは味が一変した!

最初に書いた通り少ししょっぱめな味だったものが、卵の黄身のおかげでまろやかな塩気になっている。
元々の甘みも相まってこれまであまり食べたことの無いような味のラーメンに変貌していた。
個人的には卵を混ぜた方が好みだが、卵を混ぜる前後をそれぞれ味わうことで一杯で二度美味しいラーメンとなっていた。


まとめ

初めて行く店舗ということで少し不安もあったが、ラーメン自体それなりに特徴があり店員も親切でなかなか良い店舗だった。
普通のラーメンもあるのだが、今回の卵の味わいを考えるとつけ麺がオススメ。
あと2回来店で一杯無料になるので近々また行きたいと思う。


店舗情報

麺キッチンふくすけ 麺kitchenふくすけ – 東新潟/つけ麺 [食べログ]

住所:新潟県新潟市東区空港西1-15-10
営業時間:11:00~15:00、17:30~21:00(スープがなくなり次第)
定休日:月曜(祝日の場合、翌日)
席数:20席
駐車場:4台

  One Response to “卵でつけ麺が変貌する「麺kitchen ふくすけ」(ラーメン屋 55店舗目)”

  1. Blog更新!:卵でつけ麺が変貌する「麺kitchen ふくすけ」(ラーメン屋55店舗目) – http://t.co/ypxEYRT7

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*