3月 122012
 
この記事の所要時間: 343

発売日に買ったんだけど記事にするの忘れてたw

発売日に購入してちまちま遊んでたんだけど記事にするのを忘れていたUnit13について書いてみる。
以前にも触れていたが、本作はSOCOMシリーズやMAG等のFPSを送り出しているZipperがVitaで発売したTPS視点のゲームだ。
自分が今まで遊んだ中で一番近いゲームでいうとMGSシリーズ、まぁあそこまでステルスに特化したゲームではないのでもうちょっと気軽に遊べるようになっている。
本作ではSSが撮れたので以降で画像を交えながら書いていこうと思う。


シングルミッション

ゲームを始めるとPSNへのログインが行われて、ログインが完了すると以下の画面が表示される。
2012-03-10-152527

ちなみにネットに接続できない環境の場合はPSNログイン処理が中断され、上記画面の「オンラインCO-OP」と「デイリーチャレンジ」が選択できなくなる。


まずシングルミッションについて、シングルミッションを選択すると以下の画面が表示される。
2012-03-10-154808

全36種類のミッションがあるようで、左上の01からクリアしていくとその周囲1マス分が新たに解放されていく仕組み。


更にどれかのミッションを選択すると以下の画面が表示される。
2012-03-09-052207

ミッションには幾つかの目標が設定されており、これらの全てを達成し脱出してミッション完了となる。
ミッションはそれぞれ長さが異なり、短い物だと慣れればクリアまでに1分かからないものもある。
ちなみに画面左側のタグにダイナミックというものがある。
2012-03-09-052218

これはミッションをある程度の高ランクでクリアすると解放され、舞台はそのままに目標などがランダムに生成されたミッションを遊ぶことができるモードだ。


ミッションの実行を選ぶと次は隊員と装備の選択画面になる。
2012-03-09-052234

ミッションの目的により推奨される隊員はいるものの他の隊員を選択することもできる。
隊員にはそれぞれレベルやスキルがあり能力も異なっている、縛りプレイなどするつもりが無ければ推奨される隊員を使った方がいいだろう。
レベルの上がり方は結構サクサク上がる方で、多分効率プレイをやればわりとすぐにレベル10まで上げられると思う。
装備品については隊員のレベルが上がることで順次解放されていく模様。


隊員を選択して出撃するとこのようなロード画面を挟む。
2012-03-10-152638


この画面で再度目標の確認が行える。


これが実際の出撃中画面。
2012-03-12-161958

右スティックが視点移動でRで射撃なので自然な操作でプレイできてなかなか快適。
左下にあるサブウェポンは画面をタップすることで使用できる。
その他に目標物の取得等も画面タップから行うようになっており、タッチ操作がそれなりに盛り込まれている。
ただ前述通り射撃などの主要操作は全てボタンなので操作し難いということは無いと思う。


チャレンジミッション

オンラインCO-OPについてはまだプレイしていないので、飛ばしてチャレンジミッションについて。
チャレンジミッションを選択するとこんな感じの画面が出る。
2012-03-10-160819

実際はシングルミッションと同じ様に進み、クリア時のスコアが1日に1度だけオンラインに反映される。
何かご褒美とかがあるのかは不明。


重要ターゲット

ある程度ミッションを進めると重要ターゲットというのが出てくる模様。
恐らく重要ターゲットを全て仕留めるのが本作の目的。
登場した重要ターゲットはnearで共有できたりするらしい?


まとめ

操作感やミッション単位での進行というのもあり、気軽にプレイできるMGSっぽい感じ。
侵入ミッション以外では別に無理にステルスする必要は無いし、倒した敵は再配置されない模様。
ただしプレイヤーの体力はそれほど高くない印象なので、撃ちあうときはちゃんと物陰に隠れながら撃ちあわないとアッサリ死ぬ。
とはいえミッションによってはチェックポイントもあるし、ダメージは時間経過で結構すぐ回復するようなので玄人向けというわけでもない。
レベルはわりとすぐに上限に達するようだし、コレクター要素があるわけでも無いので、スコアアタックやオンラインCO-OP・デイリーミッション目当てでプレイするのが正しい楽しみ方かな。
Vitaで気軽に遊ぶには良いゲームだと思う。

  One Response to “Vita Unit13プレイ中”

  1. Blog更新!:Vita Unit13プレイ中 – http://t.co/VhKmvmX5

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*