12月 102011
 
この記事の所要時間: 835

MH3G購入!

というわけでモンスターハンター3Gと拡張スライドパッドを購入した。
レビューとか無意味なので今回は最初から攻略に入りたいと思う。
そういえば買ってみて少し意外だったのが拡張スライドパッドは単4電池が必要ということ。
このようにネジ留めされている電池カバーがあった。
EBF1C967-5E35-4EE4-9DCC-19F3838D9624


キャラメイク

名前入力は恐らく3DS共通部分なのでタッチ操作しかできないのだが、拡張スライドパッドを装着しているとタッチペンが取り出せない罠…。
他のメニュー項目に関しては拡張スライドパッドで下画面を操作することができた。
ちなみにいつも通りの女性キャラでこんな感じにしてみた。
1E0E2F36-5DDD-4105-B0D1-E1ED1564A16E


操作について

オプションでZR・ZLを十字キーの左右 or 上下に割当できる。左右に割り当てれば視点移動がスムーズに行えるようになるのでオススメ!
視点変更は十字キー、仮想十字キー、拡張スライドパッド、ZR・ZLの4種類で行うことができるが、地上で戦う分にはZR・ZLが一番使いやすい気がする。水中に関しては上下移動も結構あるので拡張スライドパッドかな。なので実際拡張スライドパッドが無いとまともに視点変更できないと思ってもらっていい。
ちなみに今回の目玉であるカスタマイズ下画面だが、自分はこんな感じにしてみた。
5B2E867B-4930-4F84-978A-3AC6E7809B91


すれ違い通信

港の「郵便屋さん」ですれちがい通信をオンに設定できる。ギルドカードを交換して、交換したキャラにクエストを依頼したりできるらしい。


序盤の進め方

いざ狩りへ

キャラメイクが終わるとモガの村から始まる。
マイルームには全武器種が揃っているので好きな武器を装備すると良いだろう。
気をつける必要があるのは剣士系武器とガンナー武器でそれぞれ装備できる防具が分かれること。
防具自体は剣士系とガンナー系と共通系の3種類に別れ、共通系以外は他の防具種は装備できないようになっている。
なので防具を作る素材を効率的に使うためにも、とりあえず剣士かガンナーどちらを主体でプレイするか決めると良いだろう。


オススメは大剣、高い攻撃力を誇り基本を覚えれば初心者でも扱いやすい。また双剣やランスやハンマーなどの様にスタミナを消費する動作や、太刀のように鬼刃ゲージなどが無い分余計な気を回さずに済む。
一応片手剣も初心者向けではあるのだが手数で勝負するタイプで長期戦になりやすいことや、メリットであるはずの抜刀時のアイテム使用に慣れ過ぎると他の武器種を使ったときに困るので敢えてオススメしない。
ちなみに自分はMHP2Gから本業は双剣なのだが、今回は斧に転職してみた。


キャンプの補修

高速収集・採取+1の付いたレザー一式で採取しながら進める。
ひとまず孤島エリアのキャンプを補修するのが目的。
雑魚を倒したり換金アイテムを入手したら村長の息子のところで「狩りの報告」から資源に変換する。
ガイド通りジャギィがポイントが高いのでオススメ、1匹辺り5pt。
30pt貯まったら「村人の納品依頼」から納品すればキャンプが補修される。
あと折を見てちゃんとマイハウスのベッドでセーブしておくこと、ついでにアイテムBOXに不要なアイテムを預けておくこと。
大型モンスターを狩るので無ければ剣士であれば【砥石】、【ピッケル】、【虫あみ】くらいで良いと思う。そのうちアイテムが出てきたら【調合書】とか。


アイテム採取について

ちなみにモンハンでは無駄なアイテムというのがほとんど存在しないので、なるべくこまめに採取しておくと後々役立つ。
特に重要なアイテムは【ハチミツ】、上位の回復アイテムを作る上で必要になるため後半になるほど幾つあっても足りない状態になる。
また【薬草】と【アオキノコ】も調合で【回復薬】が作れるため拾っておいた方が良い、それくらい買えばいいじゃないかと思うかもしれないが【回復薬】、【薬草】、【アオキノコ】を所持制限である10個ずつ持込クエスト中に調合すれば実質【回復薬】を20個持ち込むのと同じことだ。強敵を相手にする際はこのような手段で十分な回復アイテムを用意しておきたい。


鉄鉱石掘り

キャンプを補修すると鍛冶屋のジジイに呼ばれて【鉄鉱石】掘ってこいと言われる。
道具屋でピッケルを買って、4番の洞窟の岩の割れ目などで紫色の採掘ポイントでピッケルを使えば掘れる。
また村長に話しかけた後に、孤島エリア出てすぐの左手篝火を調べると【たいまつ】が手に入る。
【鉄鉱石】を1個手に入れたら鍛冶屋のジジイに話しかけて、『村人の納品依頼』から渡せばお手伝い完了だ。
鉱石は良い武具を作る上で必須なので常にピッケルを持ち歩き採取を心がけるとスムーズに上質な武具を作成できるだろう。
これが終わると農場の手伝いと漁場の手伝いイベントが発生する。
また村の下の方にいる少年に話しかけると【虫あみグレート】が貰える、長持ちする虫あみだが後で作れるので別に使っても構わない。


農場の手伝い

村長の息子に話しかけると農場に行けと言われる。
農場へは村の右下から行くことができる、農場に行くと農場アイルーが1匹戻ってきている。
農場長に話しかけるとアイテムの栽培ができるようになる。
序盤はとりあえず【薬草】や【アオキノコ】でも育てておくといいかも。
ただし肥料や資源ポイントが必要になるので余裕が無ければ無理に利用する必要は無い。
またプーギーがいて話しかけると名前を50種類の中から選択して付けられる。


漁場の手伝い

村長に話しかけると【漁獲モリ】を3個くれて、息子に話せと言われる。
息子に話しかけると水中での操作方法を教えてくれる。
モガの森へ行くとマップ全域が表示されるようになる。
入り口で息子に海中を遊泳する【マンボウ】を一匹狩ってくるよう言われる。
マップ上の11番で狩猟できる、水中では上下の視点移動も必要になるので拡張スライドパッドを使うと操作しやすいだろう。
マンボウをモリで突いて少し待つと剥ぎ取りできるようになる。
あとついでにマップの12番にも寄るといいだろう、左手の採掘ポイントで装飾品の作成に必要な【水光原珠】や、様々な武具の作成に必要な【マカライト鉱石】が得られる可能性がある。
村に戻るとキャンプの補修が完了している、村長に話しかけると【1500z】貰える。


また武具屋で新しい防具を売りだしたり、雑貨屋で【調合書】を売りだしたり、ギルドクエストが開始されていたりする。
ちなみに【調合書】はあると便利なのだが、如何せん序盤では高い。そこでオススメなのが武具屋で売っていたり、ちょっとした素材で安価に作成できるチェーン装備。これには『調合成功率』のスキルが付いているため一式揃えて装備すれば調合成功率が+20%される。村内や採取クエストで利用するにはこちらの方がコスパが高くオススメ。調合書は金に余裕が出来てから揃えるくらいでいいだろう。
ただ流石に他の付与スキルや防御力自体が戦闘向きでは無いので、例えば強敵相手に回復アイテムを調合分持っていく際には戦闘向け装備に【調合書】を持っていった方が良いだろう。


ここからはギルドクエストを中心に進めていくことになる。
ギルドクエストの中には幾つかキークエストというものがあり、用意されたキークエストを全てクリアすると次のレベルのクエストへ進むための緊急クエストが発生する。一般クエストよりも難易度は高いが緊急クエストをクリアすれば次のレベルのクエストを受けることができるようになる。


オススメスキル構成

MH3・MHP3いずれとも互換性が無いのでMH3G専用スキルシミュを待っている状態。


レザー一式(防御力:6、スキル:精霊の気まぐれ、高速収集、採取+1)

0B758764-D6E0-4D87-982F-6FA87D74A0E4
初期装備、ピッケルなどが壊れにくい気まぐれ、採取が早くなる高速収集、1つの採取ポイントで採取できる回数が増える採取スキルと正に採取のための構成。
防御力は低いため大型モンスターとの戦いには向かないが序盤はこれでも十分。
ただスキルスロットが2個しかないため、気まぐれ・採取ともにこれ以上の強化は難しい。



チェーン一式(防御力:21、スキル:調合成功率+20%、腹減り半減、体力+20)

529EE633-8E7C-4565-96C9-67AA9DEB64FA
レザーに比べれば防御力があり、入手も容易。
スキルも使いやすいため討伐系クエでも使えなくはない。


アロイ剣士一式(防御力:31、スキル:砥石使用高速化、風圧【小】無効、見切り+1)

CFAD54E8-8BA6-4EBE-900D-DC09B380EA83
素材はシーブライト鉱石×4個がネックだが、水没林さえ出してしまえば後は採取クエで集められる。
エリア1・3・6辺りの赤紫色の鉱石から取れる。
見た目も悪く無く、防御力もそこそこ、スキルも攻撃寄りと使いやすい。


まとめ

クエスト攻略についてはある程度進んでるので、用意ができ次第更新したいと思う。
ちなみに今回は予定が詰まってるので最初から攻略解禁。
気合を入れて頑張ろうと思う。

  2 Responses to “MH3G 初心者ガイド・序盤のオススメ装備”

  1. メモ:MH3G 初心者ガイド・序盤のオススメ装備 » (略)黒生鉄心の奇妙な日常 http://t.co/gFBq7hLq

  2. Blog更新!:MH3G 初心者ガイド・序盤のオススメ装備 – http://t.co/MdMK9hkM

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*