1月 062011
 
この記事の所要時間: 441

前回の更新でも書いたけど、最近は双剣以外の武器を使うのがなかなか楽しい。
つい先日は狩猟笛をPTプレイで実戦投入して、サポートしながら戦う事の難しさ・楽しさを再実感した。
ちなみに今持っている狩猟笛は以下4つ、何気に双剣の次くらいに揃ってる気がするw
あと欲しいのは耐震吹けるセロヴィウノジョーヌかなぁ。

・ドズルヴォンヴァ
 (スタミナ減少無効【大】・攻撃力&防御力強化【小】・防御力強化【大】・風圧を完全無効)
・ブラッドスクリーム
 (全状態異常無効・状態異常攻撃強化・精霊王の加護・耐雪&耐泥)
・凶琴【秋嵐】
 (聴覚保護【小】&風圧を無効・属性やられ無効・属性攻撃力強化・高周波発生・全属性耐性強化)
・アヴニルオルゲール
 (のけぞり無効・全旋律効果延長・攻撃力強化【大】)


で、今回の更新のメインなのだが、前述の狩猟笛ドズルヴォンヴァを作成するのに爆鎚竜の紅玉が必要だった。
そのためウラガンキンを大量捕獲する必要があったため、最適と思われる装備を作ってみた。


■対水弱点用 捕獲名人 拡散弓装備
(出典:頑シミュ、お守り依存度:

1000001398
1000001399
1000001400


まずこの装備の説明の前にMHPシリーズの攻撃時の属性の扱いについて説明したい。
とはいえ、MHP3のダメージ算出はまだ正確には解明されていないため、前作であるP2Gベースだが。
属性ダメージは攻撃一撃に対して、武器の属性値・攻撃箇所の肉質などを考慮して算出される。
つまり同じ属性値で同じ肉質に攻撃した場合、一撃で与えられる属性ダメージ自体は大剣でも片手剣でも変わらない。
これが所謂大剣・ハンマーなど手数の少ない武器よりも、双剣・片手剣など手数の多い武器の方が属性値が重視される理由だ。
ともあれその辺はある程度バランス取りするためか、手数の少ない武器は手数の多い武器より属性値が高めに設定されていることが多いが。


上記を踏まえて弓の話しだ。
弓には溜め動作があり、溜め動作無しの溜め1などは攻撃力に対してマイナス補正がある。
ところが属性値に関しては溜めに対するマイナス補正は働いていない。
つまり属性値の高い弓で属性ダメージのみを狙うなら溜め1を連打するという戦法がとれるのだ。


特に今回紹介する『竹取ノ弓【伽具夜】 』は属性値がかなり高く、且つ溜め1が一気に矢を5本?発射する拡散4だ。
その属性ダメージは絶大で実際この装備でウラガンキン・ウラガンキン亜種同時クエを捕獲狙いでやると、ソロで15分針で終わるくらいの威力を発揮する。
残念ながら尻尾を切るのはほぼ絶望的だが、アゴや背中に関してはかなり早い段階で壊れる。


溜め1拡散を連射するメリットについては、まず溜め動作が不要なので集中スキルがいらない。
同じく溜め動作が不要のためランナーが不要でスタミナ管理も不要。
距離についても属性ダメージはクリティカル距離の影響を受けないはずなので、とりあえず矢が当たれば距離は関係無い。
というように、弓初心者にも扱いやすくなっている。


集中やランナーなど、普通なら弓に必須と思われるスキルが不要なため、今回のように捕獲報酬が増えやすい捕獲名人などを付けることも簡単だ。
欲を言えば属性ダメージを上げるために、属性攻撃スキルがあるとなお良いが、素材が大変な割りに(アルバトリオン素材)上昇率が低いので無理して付ける必要はないだろう。



■ティガ大剣用 破壊王装備
(出典:頑シミュ、お守り依存度:

1000001395
1000001396
1000001397


P2Gユーザにはお馴染みの、攻撃力は高いがマイナス会心が痛いティガ大剣やディア大剣用の装備だ。
会心マイナスに関しては抜刀術【技】があるため、抜刀攻撃をメインに運用する場合には問題無い。
特にこの装備に関しては切断属性で部位破壊することを目指して、攻撃力UP【大】と破壊王を付けてみた。


というコンセプトのはずだったんだけど、P3になってから抜刀術の仕様が変わっちゃったんだよねぇ…。
wikiで見て分かってたはずなんだけど、実際自分が使う段になって先日・さんに言われて改めて気づいた。
P2Gの『抜刀術』は抜刀時の攻撃が必ず会心になるというもの。
対してP3でそれに相当する『抜刀術【技】』は抜刀時の攻撃に「会心率を+100%する」というもの。
ちなみに見切り-2が付いちゃってるこの『吼大剣【荒咬】』の通常会心率は-40%…。
つまりこの状態で抜刀攻撃すると、60%の確率で会心攻撃、40%の確率で通常攻撃となる…。
まぁそれでも会心マイナスにならないだけいいんだけどさ…。



■ティガ大剣用 破壊王装備 減気もあるよ!
(出典:頑シミュ、お守り依存度:

1000001392
1000001394
1000001393

さきほどの装備を少し改良して見切り-2を消し、減気攻撃ができるようになる『抜刀術【力】』を付けてみた。
ただ個人的にこの抜刀での減気攻撃というのがあまり効果を実感できなかったので、抜刀での部位破壊に特化した先ほどの装備の方がいいかなぁというのが正直な感想。



大剣については属性値の説明でも触れたとおり、あまり属性値にこだわる必要は無いので無属性で攻撃力の高い物しか作らない予定。
ハンマーも同じくで、とりあえずカオスラッシュがあるのでわりと満足。
で、今作りたいのが武器も含めてランス装備。
斬れ味系とガード性能と回避、取捨選択がなかなか難しい…。

1月 022011
 
この記事の所要時間: 34

最近は双剣以外の武器を作って使うのが楽しくてすっかり放置していた村最終クエ『終焉を喰らう者』をようやくクリアした。


■装備
先に大剣でクリアしていたペ氏曰く、「時間が足りなくて苦労した」とのことだったので「捕獲の見極め」を付けていくことにした。
あとは出てくるモンスター全て雷が弱点なので、その辺を考慮した装備が以下。

1000001388

装飾品の構成は匠珠【1】×1、研磨珠【1】×1、観察珠【1】×5
ちなみにお守り無しでできる、雷攻撃スキル+5以上のお守りがあれば雷攻撃+2にできる。


■持ち物
持ち物は以下の通り、罠・回復は調合分持ち込むとして重要なのはモドリ玉を調合分持ち込む事。

1000001381
1000001382
1000001383

ただこの構成は実はあまり実用的ではない。
第一に乙った時のための秘薬が無い。
第二にジョーの拘束攻撃回避のこやし玉が無い。
乙らない且つジョーの拘束攻撃を食らわない前提になっている。

もっと実用性を求めるなら力の護符や生肉を外し、秘薬やこやし玉を入れるといいだろう。
またナルガ&ティガ対策の閃光玉だが、最初こそ効果時間が長いものの回数を重ねるとすぐに効果が切れるので調合分はいらないかも。
調合分の罠についても成功率の関係でネットよりも雷光虫の方がいいだろう。


■戦法
最初の相手はイビルジョー、双剣とは相性が良くないため罠などをフル活用していく。
出現時から肉質の柔らかい怒り状態なので、まず眠り生肉を食わせてタル爆Gを当てる。起爆はもちろんペイントボールでw
あとはできれば怒り状態のときに麻痺生肉を食わせたり、適当に毒生肉を食わせたりする。

疲労状態になったら落とし穴・シビレ罠を使う。
拘束時間が長いため必ず疲労状態の時に使うこと、あと2回目からは拘束時間が非常に短くなるため1回ずつにすること。
自分の場合は上記の様な感じでやったところ、20分ほどで捕獲できた。

1000001384


次はいよいよ本番、ナルガ&ティガの登場。
の前に、闘技場周囲の数カ所の採取ポイントで支給用大タル爆弾などを採取しておくこと。
ちなみにこの時点でジョーで罠を3つ使っているため、残りの罠は1つ。

まずは2体が同じ方向を向こうとする瞬間を狙って2体同時に閃光玉を当てる、最悪ティガに当たればそれでもいい。
ティガは無視して、とにかくナルガを集中攻撃する。
ティガの気をそらすために肉類をばら撒くのも忘れずに。
今回の装備程度の防御力があれば、ナルガの攻撃は怒り時の尻尾ビターン以外は大して痛くないのでゴリ押しする。
危なくなったらモドリ玉を使うこと。
それほど体力は高くないはずなので、じっくり攻めれば15~20分くらいで討伐できると思う。


ナルガが討伐できたらあとはティガをじっくり料理するだけ。
とはいえティガも双剣とはあまり相性の良くない相手。
通常時はそれほどでもないが、怒り時は本当に手が付けられない…。
怒り時は無理しない方がいいだろう。
ティガもそれほど体力は無いので、残り12~13分ほどあれば十分捕獲できると思う。


そんなこんなでチャレンジ2回目にして無事攻略できた。
(1回目は初っ端からジョーの拘束攻撃食らったのでリタイア、ちなみに体力120くらいあれば拘束攻撃から生還できるみたい)

1000001386


やはりポイントは捕獲の見極めだろう。
クソ丈夫なジョーや怒り時が厄介なティガをさっさと始末できるので非常に楽だった。
そういえばオトモ連れて行くの忘れてたので本来ならもっと楽かもしれないw