1月 122011
 
この記事の所要時間: 413

今回のタイトルについてだが、ウカム倒そうと対策装備作ろうと思ったらイビルジョー素材が必要で、イビルジョー乱獲しようとしたらペッコ亜種素材が必要だったでござるの巻ということ。
というわけでとりあえずペッコ亜種から書こうと思う。


ペッコ亜種はペッコ原種と同じくモンスターを呼ぶ以外は、ハンターをピヨらせる閃光を放つくらいしか違いが無い。
問題は呼ぶモンスターと頻度。
高確率でイビルジョーなどの凶悪なモンスターを呼び、原種に比べて非常に頻度が多い。
ちなみに自分の場合は水没林で4匹ほど狩ったところ、3回ジョーを呼ばれた…。
正直グズグズやってるとこやし玉が足りなくなるレベルだ、そもそもスキル付けない限りこやし玉の効きが出るまでに時間がかかる事があるし。


パーティなら問題無いがソロで行くには、まずペッコ亜種のクチバシを出来るだけ早く破壊する事が重要だ。
クチバシを破壊するとペッコ亜種の演奏時間が倍に増えるのが狙いだ。
ペッコは演奏中に音爆弾を投げることで演奏を中断させて無防備にさせることができるが、クチバシを破壊しないと演奏終了までの時間が短すぎて納刀→音爆弾が間に合わないためだ。
クチバシを破壊したらあとは音爆弾で演奏をキャンセルしながら適当に殴ればおk。
というわけでペッコ亜種用の装備を作ってみた。


■ペッコ亜種用破壊王装備
(出典:適当、お守り依存度:

1000001407
1000001408
1000001409

以前紹介した大剣抜刀破壊王装備の流用な上に、スロット余らせて、聴覚保護の準神おま使ってるグダグダっぷりなんでスキル構成だけ参考にどうぞ。
要は攻撃大と破壊王付けたハンマーでペッコ亜種の頭をぶっ壊そうって装備。
シミュ回せばもっと良い組み合わせが出てくるだろうけど、所詮ペッコ亜種相手なのでやっつけで。


ペッコ亜種の翼の出なさ具合にゲンナリしながら作ったガンランス、『サンダーバード』を担いでお次はイビルジョーへ。
実はジョーは正面からガンランスでガード突きしてると、ちょうど弱点である顔に攻撃が当たり頭部の部位破壊込みで結構簡単に倒せる。
頭部の物理以外の属性の入り具合はそれほどよくは無いが、とはいえ今回作ったサンダーバードは攻撃力は普通にも関わらず雷属性45という驚異的な属性値を誇る武器なのでそれなりの働きをしてくれるはずだ。
というわけで適当にランス装備をでっち上げた。


■ランス汎用装備(斬れ味+1、ガード性能+2)
(出典:頑シミュ、お守り依存度:

1000001410
1000001411
1000001412

匠を付ける上で有用なダマスクをふんだんに使い、ガード性能スキルが高いガンキンUを使っている。
お守りは匠+5を付けているが、スロ無しのものであればわりと出やすいはず。
他にランス装備ではガード性能+2・ガード強化・心眼・スタミナ急速回復の構成もあるんだけど、今回は攻撃力重視で。
もしかしたらガード強化無しで空腹時の攻撃をガードすると防御力マイナス入るかも。


立ち回りとしては最初書いた通り、ガード突き、慣れてきたら切り上げなんかも含めるといいかも。
ほとんどの攻撃はガードして問題無いが、岩飛ばしだけは近距離でガードするとかなり削られるのでなるべく避けるかちょっと距離取ってガードするといいかも。
ガンス入門にちょうど良い相手かもしれないw


ジョーの大牙の出なさ具合にまたもやゲンナリしながら作ったのは、近接バンギス一式装備。
斬れ味レベル+1と一緒になまくらが発動しやすく使いにくい印象だが、氷耐性【大】が発動しやすく、早食い+2も発動するためウカム相手にはもってこいの装備だ。

■近接ウカム用装備
(出典:頑シミュ、お守り依存度:

1000001427
1000001428
1000001429

お守りはなまくら消すためだけに使っているので依存度は低い、ただ装飾品でなまくらを消そうとすると大変なのでその辺は注意。
本来ならもっと良いお守りがあれば耐泥・耐雪も付くんだがとりあえずこんなもんで。
ちなみにウカムの攻撃で厄介なのは雪だるま状態にされるのと、氷やられ状態にされる攻撃だ。
とはいえ雪だるま状態は消散玉があれば問題無いしそれほど食らう機会も少ない、むしろ氷やられを食らう機会の方が多いためスキルを付けるなら氷耐性【大】を優先した方がいいだろう。
氷耐性自体も上昇するので一石二鳥だ。


双剣での立ち回りはP2Gと同じく右後ろ足に張り付くのが良い。
ただ今作から追加になった捻りアゴ突き上げが、ちょうど右後ろ足付近を狙ってくるので注意が必要。
それっぽいモーションが来たら尻尾の方まで逃げるといいかも。
全体としては前回脅威だった潜り突進のホーミング性能が下がったためやりやすくなったと思う。


そんなこんなでウカムソロ討伐完了、捻りアゴ突き上げに最後まで慣れなくて珍しく回復薬を使い切った…。

1000001401


次回はアルバトリオン関連の記事でも書こうと思う。

1月 112011
 
この記事の所要時間: 358

ネット上でMHP3の装備を探していてよく思うのだが、お守り依存のスキル構成が結構多い。
「あ、このスキル構成いいな」とか思ってよくよく見てみると神おまが必要だったしてガッカリすることが多い。
そんな関係もあって前回記事から装備を紹介するときは「お守り依存度」というのを併記するようにしている。


で今年に入ってから・さんからお守りテーブル探索ツールの存在を聞いて、神おま掘りに活用していた。
ということで今回はお守りについてと、お守りテーブル探索ツールについて。


まずお守り掘りの基本については、以下の2chお守りwikiを参考にしてほしい。
お守りを掘る最適なルートや、持っていた方が良いスキルなどがまとまっている。
お守りを掘った際に鑑定される仕組みにも触れられているはず。

MHP3お守り総合スレまとめWiki


で上記を踏まえて、ゲームを起動した際に12個あるお守り乱数テーブルの中から1個が決定される。
このテーブルの中で取られる範囲でしかお守りが手に入らないため、高性能なお守りが欲しい場合はまず該当のテーブルを探す事から始める必要がある。
そこで役立つのがお守りテーブル探索ツール。
上記Wikiでもいくつか紹介されているが、個人的に自分が愛用しているのがここ。

MHP3 お守りナビ


リンク先でも使い方がちゃんと書かれているが、一応説明したいと思う。
先ほども書いたが、まずは欲しいお守りのテーブルを探す作業から始める。
以下の①に欲しいスキルと数値、②でスロットを指定して③を押下して検索する。

MHP3_oma01


ちなみにスキル1とスキル2はそれぞれ独立した数値で、スキル1の方がメインとなっている。
スキル1にスキル2が付随する事があるという感じだ。
なので欲しいスキルが1個だけの場合は必ずスキル1に条件を入れよう。


そうすると以下の様な結果が出る。
試しに匠+4スロ3の神おまを検索してみた。(匠の最大値は5だがスロ3は存在しない)
そうするとテーブル8と1で出る可能性があることがわかる。
入手のし易さを見ると、下の氷耐性-5付きが出やすいのがわかる。
ためしにこの行をクリックしてみよう。

MHP3_oma02


クリックして下にスクロールするとこのような表が出てくると思う。
これが実際のこのお守りの出現確率分布だ。
古びたお守りを1個だけ掘れて鑑定した場合にこのお守りが出る確率は0.019%というのが分かる。
また最初に説明したテーブルは古びたお守りと光るお守りを鑑定した場合のどちらにも適用される。
その関係でお守りによっては光るお守りを鑑定してしまうと、お目当てのお守りが出にくくなったりもしくは出なくなったりする。
この確率分布の場合は古びたお守り1個だけなら、一緒に光るお守りを鑑定しても特に問題は無い。(青枠)
ただ光るお守りを一緒に16個以上鑑定すると、このお守りは出なくなってしまう。(黒枠)
また古びたお守りを3個以上鑑定する場合は、一緒に光るお守りを2個以上鑑定するとこのお守りが出る確率が低くなる。(赤枠)

MHP3_oma03


上記の様なお守りならまだマシだが、先ほどの検索例で出したもう一つの匠+4スロ3のお守りなどはもっと厳しい。
見て貰うと分かるが、光るお守りを一緒に鑑定した場合はこのお守りは出現しない。

MHP3_oma04


このように該当テーブルと確率分布を調べたら、次は該当のテーブルへ移動する。
MHP3自体を起動し直すことでテーブルが移動する。
厳密には起動時の本体の時間に関わっているらしいので、詳しいことが知りたければWikiを参照。
実際に自分がどのテーブルにいるかを測定するには、一度適当なお守りを掘ってきて検索することでテーブルが分かる。
このときなるべくレアなもの(スキル2が付いている、スロットがある等)を選ぶと絞り込みやすい。


首尾良くお目当てのテーブルに到着したら後は掘るだけ…とはいかない。
先ほどの確率分布を考慮してオトモを連れて行くか外すかをしなければならない。
1番目の例ならまだ確率が下がるくらいなので問題無い。
が2番目の例は1個も光るお守りを鑑定してはならない。
オトモが拾ってくるお守りは報酬画面で入手しないようにしても必ず鑑定はされてしまうので、2番目の例のような場合はオトモを連れて行くことはできない。
採取封印していれば連れて行ってもいいが、そうなると邪魔な雑魚掃除くらいしか用途が無い…。


まぁこんな感じで準備を整えたらあとはひたすら掘るだけだ。
皆さんに神おまの幸あれ。