12月 212008
 
この記事の所要時間: 128

こちらを見て付箋ソフトを導入することにしました。

いやたぶん社会人になりたての頃から使ってたと思うんだけど、↑みたいなある程度決まった書き方みたいなのが無いと続かなくて…。

とりあえず使用する付箋ソフトを決めるために色々探してみました。

条件としては仕事で使うのでなるべくデータ自体はローカルに置きたいことを念頭において探してみました。

とはいえ昨今の流れとしては色々なサービスがWebベースで提供されてて、付箋とかTodo系も例外ではなく結構見つかりました。

今回の目的としては対象外なんだけど、今後何かの役に立つかもしれないので列挙しときます。

■Webサービス

ping me

 付箋みたいな見た目がいい。

TodoPub.com

 シンプル。

Joe’s Goals

 用途はある程度限定されるけどこれ以上ないシンプルさ。

Zirr.us

 ToDoをタグクラウドで表現、以前は日本語通らなかったらしいけど現在は?

doitdoitdone

 見た目が良い。

Femo

 タグ付けできる国産ToDo、はてな記法も使える。

check*pad

 愛用してます、シンプルでいいです。国産だし。

■ローカルツール

To-Do Desklist

 見た目がいい。

アリエル・マルチスケジューラ

 P2Pで共用ToDo。

GTDStyleWiki

 使えると便利なのかも。

結局コレに落ち着きました。

以前使ってたんだけどちょっと工夫すればいいやと思ってこちらに。

工夫1.処理時間別に付箋の色変える

工夫2.付箋自体を大きめに作る(邪魔なので消すために早く処理したくなる)

工夫3.処理時間別に配置を変更する

まだ始めたばかりなんでこんな感じでしばらく様子を見てみたいと思います。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*