3月 192008
 
この記事の所要時間: 225

4連休明けで考えてみたら特に何もしてなかった黒生です。

■小説

といってもラノベですが。

Fate/Zero2巻読み終わった。

1巻同様面白いんだけど、巻末に行くにしたがって悪ノリというか大胆な展開が増えていくような気が。

自分は比較的違和感無かったけど、人によっては受け付けないだろうなぁ。

最近、日日日の『狂乱家族日記』読んでます。

日日日の作品は『アンダカ~』から読み始めて『魔女の生徒会長』と『蟲と眼球シリーズ』もちょっと手を出してるんだけど、何故か初期に出てた『狂乱家族日記』は未読でした。

が、先日古本屋にて1・4巻を見つけたんで試しに買ってみました。

個人的な日日日の作品の印象は「登場キャラ全てや伏線の使い方がうまいため、巻を重ねるごとに面白さが増す作品が多い」なんだけど、『狂乱家族日記』も同じような印象。

とか言いつつまだ1巻読んでないんで2巻以降も暇見つけて読みたいと思います。

そういや『狂乱~』は今年アニメ化なのかぁ、個人的には『アンダカ~』の方が好きなんだけどなぁ。

■ゲーム

Wii版 ウイイレ

先日、衝動さんと・さんの謀略により購入しました。

いや前からちょっと気になってはいたんで別にいいんだけどw

Wii以外のウイイレはちょっとしかやったこと無かったけど、Wiiコン操作になることによりプレイしやすくなった気がしました。

特にパス時にオープンスペースなんかを簡単に指定できるようになったため、初心者でも直感的にプレイできるようになったのが好印象。

難易度的にはどうなんだろう?

同じリーグの同じ位の実力のチーム相手で片方が1-1で引き分けだったのに対し、もう片方は8-0で大勝したんだけど何が違うのかよくわからんかった…。

とりあえず面白いです。

THE IDOLM@STER L4U!

まだ買うつもりは無かったんだけど、中古にて限定版が3980円だったんで気づいたときにはレジの前にいました。

開けてみたら未開封新品だったんで得したなぁと思ったけど、なんでこんなに安いのか気になるところです。

Amazonでも新品限定版が40%OFFだったし。

プレイしてみて、まぁ確かに長期間遊ぶゲームじゃないなぁというのが正直な印象。

今回は育成要素は全然無く、好きなアイドルを選んでライブ中はプレイヤーは応援か撮影を行うというシステム。

応援は難易度別に3種類あり、一般的な音ゲーのようなもの。

で、応援で高得点を出すと衣装やアクセサリ、使用した曲のアレンジバージョンが使えるようになる。

アレンジバージョンは各1曲ずつで、300ゲイツポイント使用でもう1曲新しいのが使えるようになる。

ライブ部分が簡単に楽しめるようになったのはいいけど、もっと長期間できる工夫が欲しかったなぁ。

さすがに応援のタイムアタックだけではそう持たないし。

とりあえず今のとこはとかちやらうっうー見てニヤニヤしてますw

  One Response to “2008年3月19日の戯言”

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    http://www.idolmaster.jp/marketplace/index.html
    さぁ、ゲイツpで買い漁るのですw(マテ

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*