11月 192007
 
この記事の所要時間: 251

購入してから結構やってます無双5。

おかげでMHFのログイン率に影響が出てますw

そういやソースのニュース記事は記録し忘れたんですが、無双5と同時発売となった新型PS3のおかげで週のハード売上でPS3がWiiを抜いたそうですね。

個人的には値段も安くソフトもそれなりに揃ってるXbox360の方がオススメなんですけどねぇ。

PS3が失脚してソフトメーカーがXboxに流れてこないかなぁw

で、無双5ですが現在出てるキャラは魏11人、蜀11人、呉12人、他2人の計36人。

無双モードは9人クリアで、あと曹操と劉備クリアすれば呂布が出ます。

この間遊びに来てくれた・さんと衝動さんのおかげですよ(●´ー`●)

今のとこあんまり使い込んでるキャラはいないんだけど、1キャラだけレベル50になってるのがいます。

誰かというと呉の孫尚香。

武器は弓で最初使ってたときは近接に弱い、囲まれるとどうしようもできない、攻撃力が低いとどうしようも無かったです…(´д`;)

なんだけどレベル20を超えて、連舞∞覚えて一閃(一定確率で雑魚を一撃死、武将に大ダメージ)と炎属性付き武器を装備させたら強い強いw

連舞∞になると連攻撃で矢が5Wayになるんでかなり凶悪です。

周囲にさえ気をつければ(と言ってもたまに横後ろに矢撃てばok)テキトーに撃ってるだけで雑魚も武将も倒れていきます。

またスキルで無双ゲージが貯まりやすくなるのがあるんですが、それを付けると5Wayも相まって物凄い勢いで無双ゲージが貯まっていきます。

あとは特殊技の斉射もかなり凶悪です。

スキルで氷矢を付けると面白いように周囲の敵が凍っていきます。

またこれも上記の無双ゲージのスキル付けてると、アホみたいな勢いで無双ゲージが貯まっていくんで強敵相手にするときにオススメです。

ただ一つ?の難点は弓が水平軌道なため段差のある場所や坂などではその威力を存分に発揮できないところ。

それさえ気をつければさすがに修羅は敵の体力多いんでキツイですが、達人までなら難易度MAXのところでも結構アッサリクリアできます。

というわけで新しく出現した武将に最初にそれなりの武器を取得させるために、よく孫尚香使って達人の難易度MAXのとこ行ってます。

よく行くのは敵の進軍ルートがわかりやすく戦功目標も達成しやすい『合ピの戦い・呉軍シナリオ』。

漢中攻防戦なんかも悪くないんですが、気をつけてないとよく本陣攻められる(武器取得目的の武将をよく本陣に置いとく)ので合ピの方がオススメです。

一応修羅じゃなくても攻撃力90台でスキル4つ付きの武器とか出るし、馬も『~神々しい』がよく出てます。

一応進め方としては始まったら戦功目標の一つ『曹ヒを5分以内に倒す』を達成しに合ピ西城へ。

途中で孫策と戦ってる楽進は倒しといた方がいいでしょう。

正直ここが一番キツイです、というのも最初なんで連舞∞まで上げる必要があるため。

ここさえ乗り切れば後はマップ中心部の砦を起点に本陣が攻められないようにすればいいだけです。

途中で東城側にチョウリョウ、西城側に惇兄が出てきますがどちらも中央砦を狙ってくるので本陣まで行く前に倒せば問題無いでしょう。

↑でだいたい10分くらいだったかな?

ホントはもっと早くクリア&戦功目標1個くらい達成ができる難易度Maxの戦場があればいいんですけどねぇ。

他に良い戦場見つけたらまた書きたいと思います。

  2 Responses to “2007年11月19日の戯言”

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    超遅レスでいまさらだけどデータロードし直すと覚える特性変わるらしいよ。
    Lv3で武器取得、勧誘、防矢の3つから1つ。
    Lv4で連舞維持、無双増加の2つから1つ。
    Lv5は森羅神々しい馬でしかも各ステータスが490以上の馬が覚えるらしい。
    でそういう馬はLv5時に毛色によって赤兎魂なんかを覚えるらしい。

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    素晴らしい攻略情報豚クスです。
    しっかしウチの馬が問題児ばかりです。
    育てると何故か勧誘ばっか覚えます。
    頼むから武器取れるの覚えてくれよ。。。
    せめて攻撃維持だけでも。。。

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*