4月 152006
 
この記事の所要時間: 24

グラナド・エスパダ面白いよ(●´ー`●)

どれくらい面白いかというとこの文章書いてる時刻を見ればだいたいわかるかとw

とりあえず最初はキャラ一人しか作れないので女ファイターを作成。

いつもなら魔法使い系作るとこだけど、先にウィザード作って後でウォーロック作るとなると微妙かもしれないのでとりあえず無難に戦士で。

適当に1,2時間ほどイベントこなしてると二人パーティが組めるようになる。

一応事前に調べた内容によると回復スキルが使えるスカウトは入れといた方がいいらしいのでスカウトを作ることにする。

普通なら迷わず女性キャラ作るとこだが、このゲームはキャラのグラフィックがかなり良くてしかもどっちかというと男>女な感じのクオリティ。

実際スカウトも女の方はなんか野性的な感じ原住民ぽかったんだけど、男の方がなんとなくFateのアーチャーを思わせる背格好。

思わずウホッと作ってしまった、今も後悔していない。

んでこのスカウト様なんだが自動で回復してくれるのはありがたいんだけど、攻撃スキルを一切持ってないのでホントに回復しかしてくれない…

まぁそれでも1人から2人に増えて多少は楽になった。

最初に作った戦士もレベル12まで上げて二刀流のスタイルを習得。

たぶん剣+盾より安定性が無く、大剣よりは威力不足という中途半端なスタイルだと思うけど見た目がいいので良しとする。

そんな感じで序盤の山場っぽいダンジョンに潜る。

一応クエストを三つほど受けていて二つがダンジョン内でアイテム拾ってくるヤツで、もう一つがダンジョンのボスを倒すこと。

とりあえずボス倒すのは無理っぽいので他二つをこなすことにする。

レベル上げしつつ他二つのクエストをこなすと、ここでやっと三人パーティが組めるようになる。

同時にウォーロックも作れるようになる。

で、見た目重視でウォーロック女を作ろうとするが攻略ページ見てちょっと考える。

どうやらウォーロックは典型的な魔法使い系で、相当打たれ弱い様子。

よってパーティ組むなら遠距離系のマスケッティア、ウィザード辺りと一緒に組んで遠距離から敵を殲滅させる組み合わせがいいみたい。

と一応考えてみたが、どうせキャラはまだ作れるから(この時点で4人くらい?)気に入らんかったら新しく他のキャラ作ればいいやということでウォーロック女を作成する。

ちなみに↓が我がホル家の面々




とりあえずそろそろお外が眩しくなってきたので今日はこれで床に就こうと思います…(´д`;)

  5 Responses to “続グラナド・エスパダ”

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    了解です~
    こっちはホルデイン家で、今メインキャラがLv36くらいで船の墓場で骸骨探ししてますよ(●´ー`●)

  2. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    訂正
    家門はエカリープだす

  3. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    ガーネット鯖かー
    一応サファイアとエメラルドで作りますたw
    キャンペーン目的のキャラはもう出来上がってるので、
    ガーネット鯖で作ってみますたw
    名前はライナス エカリープだす

  4. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    おぉ、Hさんもやってましたか~
    自分ガーネット鯖ですけど、どこ鯖ですか?
    スカウトは微妙ですよね~、トラップスタイルだとオートで回復使ってくれないし(´д`;)
    でも地雷は使ってみたいんで今頑張って育て中ですよ

  5. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    グラナド・エスパダ暇潰し程度だすが、やっております。
    一度キャラ作ってMMCを3までやったのだが、
    キャラがきにくわーんということで、
    鯖を変えて、もう一度最初からキャラ育成中
    2人目にスカウト作ったけど、
    確かにスカウトは場所によっては、使い道が無いなーw
    今はある情報を引き出すためと、レベル上げの為に、
    ちまちま敵を殲滅しておりまするw

 Leave a Reply

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>


*